カローラハイブリッドの受注台数は約1ヶ月で2万2千台、JC08モード燃費33.0km/L

カローラハイブリッドの受注が好調、アクシオ約7000台、フィールダー約15000台

先月の2013年8月6日はカローラシリーズが待望のハイブリッド化を果たした。その受注数が大変好調で、発売後約1ヶ月の間に約2万2000台の注文があったことをトヨタは発表した。

(写真はカローラアクシオハイブリッド)
カローラアクシオ ハイブリッド

その内訳はセダンのカローラアクシオハイブリッドが約7000台、ワゴンのカローラフィールダーハイブリッドが約1万5000台となった。アクシオは法人需要がメインかと思いきや受注の75%は60歳以上ということで、シニア層からのコンパクトセダン支持者が多いことが窺える。

(写真はカローラフィールダーハイブリッド)
カローラ フィールダー ハイブリッド

また、トヨタの設定した月間目標台数は2500台であったが、これは広報向けの数字だろうか。この少なく見積もられた目標台数は大幅に上回るというのが大方の予想であった。それにしても初期受注が2万台を超えたというのは、かなりの好調ぶりである。
ただし、今後は納期の遅れといった問題も予想される。2014年4月からは消費税が8%へアップすることが見込まれており、納期が大幅に遅れるようなことになれば影響を受けるユーザーが出てきそうだ。

カローラハイブリッドはアクアの1.5Lハイブリッドを搭載

カローラハイブリッドに搭載されるハイブリッドシステムは、コンパクトハイブリッドで人気のアクアと同じ1.5L THSⅡである。ハイブリッド専用車のプリウスは1.8L THSⅡであるから、これよりも小排気量のカローラハイブリッドはより燃費性能が優れる。JC08モード燃費は、プリウスが32.6km/Lであるのに対し、カローラハイブリッドは33.0km/Lを達成している。

一方でカローラハイブリッドの生産は、宮城県にあるトヨタ自動車東日本にて8月23日からスタートした。被災地東北の経済復興にも貢献している。

関連するレポート

[ 2013/09/16 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スバル XV フルモデルチェンジ、2017年3月9日予約スタート

ノート・e-POWER 試乗、アクセルオンからの加速までのタイムラグが短い

BMW Z5が2017年フランクフルトモーターショーで発表か、スープラ姉妹車

マツダ・CX-6が2017年内に発売される見込み、3列シートのクロスオーバーSUV

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.