カローラハイブリッドの受注台数は約1ヶ月で2万2千台、JC08モード燃費33.0km/L

カローラハイブリッドの受注が好調、アクシオ約7000台、フィールダー約15000台

先月の2013年8月6日はカローラシリーズが待望のハイブリッド化を果たした。その受注数が大変好調で、発売後約1ヶ月の間に約2万2000台の注文があったことをトヨタは発表した。

(写真はカローラアクシオハイブリッド)
カローラアクシオ ハイブリッド

その内訳はセダンのカローラアクシオハイブリッドが約7000台、ワゴンのカローラフィールダーハイブリッドが約1万5000台となった。アクシオは法人需要がメインかと思いきや受注の75%は60歳以上ということで、シニア層からのコンパクトセダン支持者が多いことが窺える。

(写真はカローラフィールダーハイブリッド)
カローラ フィールダー ハイブリッド

また、トヨタの設定した月間目標台数は2500台であったが、これは広報向けの数字だろうか。この少なく見積もられた目標台数は大幅に上回るというのが大方の予想であった。それにしても初期受注が2万台を超えたというのは、かなりの好調ぶりである。
ただし、今後は納期の遅れといった問題も予想される。2014年4月からは消費税が8%へアップすることが見込まれており、納期が大幅に遅れるようなことになれば影響を受けるユーザーが出てきそうだ。

カローラハイブリッドはアクアの1.5Lハイブリッドを搭載

カローラハイブリッドに搭載されるハイブリッドシステムは、コンパクトハイブリッドで人気のアクアと同じ1.5L THSⅡである。ハイブリッド専用車のプリウスは1.8L THSⅡであるから、これよりも小排気量のカローラハイブリッドはより燃費性能が優れる。JC08モード燃費は、プリウスが32.6km/Lであるのに対し、カローラハイブリッドは33.0km/Lを達成している。

一方でカローラハイブリッドの生産は、宮城県にあるトヨタ自動車東日本にて8月23日からスタートした。被災地東北の経済復興にも貢献している。

関連するレポート

[ 2013/09/16 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.