カローラハイブリッド、アクシオ&フィールダーの車両価格、8月6日発売予定

アクシオは192万5000円から、フィールダーは208万5000円から

JC08モード燃費33.0km/Lを達成する新型カローラハイブリッドの発売が2013年8月6日に予定されている。既に予約受付がスタートしていることを前回のレポートでも報告していたが、さらに車両価格が判明したのでお伝えしたい。
(写真は現行カローラアクシオ)
カローラアクシオ
カローラハイブリッドの車両価格、セダンのカローラアクシオハイブリッドはエントリーグレードのXが192万5000円、上級グレードのGが207万5000円。ワゴンのカローラフィールダーは、エントリーグレードのXが208万5000円、上級グレードのGが216万5000円となった。
さらに現行フィールダーには装備を充実させたエアロツアラーの設定があるが、こちらもハイブリッドモデルが用意され226万円、234万円の各グレードが用意される。

カローラハイブリッドの車両価格は、余計な装備で高すぎる

THSⅡハイブリッドシステムの原価アップが約30万円とされるなか、カローラハイブリッドは従来ガソリンエンジンモデルとの比較で45万円前後の価格アップとなった。この差額については、カローラハイブリッドの全グレードがシートヒーター付きになるなど、装備の充実によって埋め合わせがなされる。しかしカローラクラスのコンパクトカーでシートヒーターの全装備は不自然だ。アクアとプリウスの中間価格帯となるように強引に持っていかれた感が強いが、そもそもはアクアの車両価格が非常に割高なのが原因と考える。それでもアクアは月販2万台ペースで売れ続けているから凄い。
(写真はアクア)
アクア
カローラハイブリッドについては月販3000台が見込まれている。ただし、現行のガソリンエンジンモデルのカローラでさえ月販6000台ベースで売れており、この見込みを大幅に上回る台数が売れることになるだろう。

関連するレポート

[ 2013/07/30 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.