car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

カローラ セダン/ツーリング 9月正式発表、先行予約受付中

新型カローラ、アクシオ後継セダンとフィールダー後継ツーリングが今秋日本発売

新型カローラセダン/ツーリングの発表が2019年9月17日に予定されている。

昨年2018年からスタートしたカローラシリーズのフルモデルチェンジ。5ドアハッチバックのカローラスポーツが先行して国内発売されている。

そして、従来型カローラアクシオを引き継ぐセダンと、フィールダーを後継するツーリングが秋にフルモデルチェンジ発表される予定。
既に先行予約が受付中となっている。

カローラ ツーリング

新型カローラのセダンとワゴンは、海外では既に欧州向けを中心に販売が開始されている。この動画のモデルは欧州仕様のセダン、ツーリングである。

欧州仕様は全幅1780mmのワイドボディ設計。これに対し、日本仕様はナローボディの専用デザインで、フェンダーの膨らみが抑えられ全幅1745mmに仕上げられる。

全長についても欧州仕様の4630mmから短縮される見込み。

それでも欧州仕様と同じTNGA-Cプラットフォーム採用のため、従来型カローラとの比較ではボディサイズは拡大となる。これまでのカローラシリーズは、Bセグメント車向けプラットフォームが流用されてきた。今回の新型からは車格アップとなる。

従来コンセプトの国内向けカローラは事実上廃止、という考え方もできる。オーリスあるいは、欧州で販売されてきたオーリスツーリングスポーツの後継モデルが、カローラの車名で販売されるというのが実質的なところではないだろうか。

新型カローラは、全車3ナンバーボディとなる。そのため5ナンバーボディの従来型カローラフィールダーは、一部グレードに限り、暫くの間、販売が継続される可能性がある。

そして新型カローラセダンの導入により、これまでカローラアクシオの一つ上の車格に置かれたセダン、プレミオとアリオンはいずれ廃止となる予定。

カローラツーリング インテリア

新型カローラ、1.8L NAとハイブリッドが販売の主力

国内向け新型カローラツーリングのパワートレインラインナップは、1.2Lターボ、1.8L NAガソリンエンジン、1.8Lハイブリッドが想定される。

カローラセダン リアコンビネーションランプ

1.2Lターボは、駆動方式FF、トランスミッションは6速MTのみでCVTは無し、WxBのワングレード設定となりそう。車両価格は約241万円が想定される。

このほか、
1.8L NAガソリンエンジン搭載車の想定価格は約197万円から。
1.8Lハイブリッドの想定価格は約243万円からとなる。

正式な車両価格は秋の発表日に確定となる。

欧州仕様に設定されるダイナミックフォースエンジン採用の2.0Lハイブリッドは、国内向けには用意されない見込み。

装備面では、先進の予防安全パッケージ Toyota Safety Senseが全車標準装備となる。インテリジェントクリアランスソナーのほか、誤発進による事故を防ぐパーキングサポートブレーキが採用される。

欧州発表された、クロスオーバーSUVのカローラトレックは発売時期が未定。今後、国内導入が期待される。新型カローラツーリングをベースにアウトドアテイストのアクセサリーパーツのほか、ルーフレールを装備。最低地上高は20mmアップとなる。

#1 匿名さん2019/08/01(Thu)21:37:59ID:kyMTkxZDzY
3ナンバーだけど1800mmに迫る幅は大き過ぎると考えると丁度いい落とし所?
#2 匿名さん2019/08/02(Fri)01:17:33ID:U1NzIyN2mN
欧州市場で全幅1,800㎜は当たり前だが、「日本で売るカローラ」としては広過ぎる。よって、ナローボディ化は英断では。
トヨタにしては良くまとまっている海外向けデザインのバランスが、ナロー化によってどう変わるのかが見もの。
#3 匿名さん2019/08/02(Fri)09:29:36ID:I1NjA4MTzM
もともとのデザインが、タイヤ回りのフェンダーのみ膨らませてるようなデザインだから、日本投入時はその後部分を削るんじゃないかな?
#4 匿名さん2019/08/02(Fri)09:47:32ID:JkN2M3YWDN
1695mmがええなぁ
狭い道多いしな
#5 カロスポ2019/08/02(Fri)10:07:12ID:UzYTlmNjjY
同じ顔で出てくるとは😫
#6 匿名さん2019/08/02(Fri)10:29:50ID:EzMGJmZTjO
カローラがこれだけ商品力や性能を高めても、まだゴルフに及ばないとの評価ばかり。
ドイツ車と日本車の差はいつになったら埋まるのか。
#7 匿名さん2019/08/02(Fri)12:35:56ID:IyNDM1MzzZ
自動車評論家の評価を鵜呑みにせず、自分で確かめて気に入ればそれで良し。この判断基準は揺るがない。
#8 匿名さん2019/08/02(Fri)12:55:50ID:FhMjFkY2GM
#7さんに一票
メーカーにこだわりがなければ、色んなメーカーの同クラス、同価格帯の車を試乗して自分に合う車がベストだと思う。
だけど、ディーラーの対応も重要だけどね。
#9 匿名さん2019/08/02(Fri)14:23:33ID:kzNGNlYTTN
国内仕様では1500ccは廃止されるのだろうか
車種を統廃合して減らすのはいいけど、今までのカローラユーザーや法人の乗り換え需要はどうするんだろう
現行型をしばらく併売するようだけど、それもいつまでもずっと併売できるわけでもないだろうし
#10 匿名さん2019/08/02(Fri)18:41:46ID:MwNThmMzTN
#7さんど正論。

#6の低レベルな煽りを瞬殺…
#11 匿名さん2019/08/02(Fri)19:45:19ID:U1NzIyN2mN
と、言っても、欧州車にまだまだ及ばない麺があるのは事実。乗り比べれば一目瞭然。
ただ、日本車が少しずつ欧州のブランドに追いついていく姿に、応援したくなる。
#12 匿名さん2019/08/02(Fri)22:54:29ID:U4NTI5ZGGM
1500cc は搭載されないようですね。
ガソリンは 1200cc ターボ と 1800cc
ハイブリッドは 1800cc + モーター
となるようです。
#13 匿名さん2019/08/03(Sat)15:17:56ID:YwYTQwNT2M
欧州仕様を カローラツーリングワゴン European edition とかでそのまま売ってくれ
#14 匿名さん2019/08/04(Sun)08:14:15ID:JjMmEzMTjN
全幅1,800㎜で、レクサスUXと共通の2.0Lハイブリッドを搭載した、欧州市場のカローラがホンモノのカローラ。

幅狭で、古いパワートレインしかせってされないのが日本専用のガラパゴスカローラ。

カローラスポーツだけは、ホンモノ。
#15 匿名さん2019/08/04(Sun)09:55:20ID:NiMDFlMjjM
毎度ガラパゴスって言いたいだけの流れ
#16 匿名さん2019/08/06(Tue)21:28:49ID:RkNGViNGTM
パワートレインが残念過ぎる
#17 匿名さん2019/08/06(Tue)22:51:52ID:E2MmViYzDM
ハイブリッドが既にガラパゴス技術。
欧州各国は、トヨタを真似ずにすぐにプラグインHVやEV普及を進めてる。この点、トヨタは完全に周回遅れどかころか50年は遅れたか。

欧州も日本車の良いところは真似ていた。SUVなどは有名な話。要は自社にメリットがあれば真似るのさ。

トヨタ式ハイブリッドでは、高速走行が多い欧州では、踏んでも加速しない、たいして燃費も良くない、単に重たいだけ、の眠たいクルマに映るのだ。そんなモノを真似てもね。
#18 匿名さん2019/08/07(Wed)18:01:22ID:VkNDhiYzjM
全幅を縮小するという事はトレッドも縮小するだろうから、乗り味にも少なからず影響出るだろうな。
#19 匿名さん2019/08/08(Thu)09:04:25ID:U1ZDM0ZT2N
セダンの1800ccが190万からのようだが、現行アリオンが1500ccで189万円からだから、かなり頑張った価格か
装備を厳選して1500ccで160万円台のグレードを用意すればカローラ離れを防げるんじゃないかな
#20 匿名さん2019/08/19(Mon)02:46:10ID:FlYmUyNG2Z
所詮カローラ
#21 匿名さん2019/08/19(Mon)12:31:45ID:Q3N2E3YzjZ
シビックやインプレッサセダンの売れ行きが今ひとつなだけに、どこまでやれるか。
従来型の5ナンバーはカローラEXと名称変更して継続販売する模様。
#22 匿名さん2019/08/19(Mon)17:34:02ID:VjMjMzNDGY
プリウス&プリウスPHV
インプレッサスポーツ&インプレッサG4
シビックセダン&シビックハッチバック
カローラスポーツ
インサイト
マツダ3ファストバック&マツダ3セダン
(以上、日本での発売順)
SUVやミニバン・軽が全盛の日本市場では目立たないが、いずれも欧州車に迫る力作揃い。
新型カローラセダン&カローラツーリングにも期待。
#23 匿名さん2019/08/22(Thu)11:46:17ID:RkZDc3YzzM
新型カローラ・ツーリングは国産車に競合はいない。ベンチマークであるゴルフ・ヴァリアントをはじめ、メガーヌエステート、プジョー308SWといった車種と比較されるべき車。
欧州カローラは、最近のトヨタ車らしく良くまとまったフォルムが美しい。ナロー化してしまう日本仕様はどのようなデザインとなるか興味津々。
燃費重視でまったく魅力のないパワートレイン以外は十分な商品力があると思う。
#24 匿名さん2019/08/22(Thu)11:52:06ID:RkZDc3YzzM
せめて、ツーリングにだけでも欧州仕様に設定のある2.0Lハイブリッドを搭載すべぎだと思う。レクサスUXに搭載済みの新型だ。
カローラに相応しくない価格帯になってしまうことを懸念したか。
#25 匿名さん2019/08/22(Thu)17:21:41ID:NjYzBlZm2O
1745mmなら許容範囲。ただ5ナンバーを継続販売するのがトヨタらしい。

名前(任意)
コメント