カローラ セダン/ツーリング 9月正式発表、先行予約受付中

トヨタ
このページの情報は古いです
カローラの最新ニュースはこちらです
 NEW  【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装

新型カローラ、アクシオ後継セダンとフィールダー後継ツーリングが今秋日本発売

新型カローラセダン/ツーリングの発表が2019年9月17日に予定されている。

昨年2018年からスタートしたカローラシリーズのフルモデルチェンジ。5ドアハッチバックのカローラスポーツが先行して国内発売されている。

そして、従来型カローラアクシオを引き継ぐセダンと、フィールダーを後継するツーリングが秋にフルモデルチェンジ発表される予定。
既に先行予約が受付中となっている。

カローラ ツーリング

新型カローラのセダンとワゴンは、海外では既に欧州向けを中心に販売が開始されている。この動画のモデルは欧州仕様のセダン、ツーリングである。

欧州仕様は全幅1780mmのワイドボディ設計。これに対し、日本仕様はナローボディの専用デザインで、フェンダーの膨らみが抑えられ全幅1745mmに仕上げられる。

全長についても欧州仕様の4630mmから短縮される見込み。

それでも欧州仕様と同じTNGA-Cプラットフォーム採用のため、従来型カローラとの比較ではボディサイズは拡大となる。これまでのカローラシリーズは、Bセグメント車向けプラットフォームが流用されてきた。今回の新型からは車格アップとなる。

従来コンセプトの国内向けカローラは事実上廃止、という考え方もできる。オーリスあるいは、欧州で販売されてきたオーリスツーリングスポーツの後継モデルが、カローラの車名で販売されるというのが実質的なところではないだろうか。

新型カローラは、全車3ナンバーボディとなる。そのため5ナンバーボディの従来型カローラフィールダーは、一部グレードに限り、暫くの間、販売が継続される可能性がある。

そして新型カローラセダンの導入により、これまでカローラアクシオの一つ上の車格に置かれたセダン、プレミオとアリオンはいずれ廃止となる予定。

カローラツーリング インテリア

新型カローラ、1.8L NAとハイブリッドが販売の主力

国内向け新型カローラツーリングのパワートレインラインナップは、1.2Lターボ、1.8L NAガソリンエンジン、1.8Lハイブリッドが想定される。

カローラセダン リアコンビネーションランプ

1.2Lターボは、駆動方式FF、トランスミッションは6速MTのみでCVTは無し、WxBのワングレード設定となりそう。車両価格は約241万円が想定される。

このほか、
1.8L NAガソリンエンジン搭載車の想定価格は約197万円から。
1.8Lハイブリッドの想定価格は約243万円からとなる。

正式な車両価格は秋の発表日に確定となる。

欧州仕様に設定されるダイナミックフォースエンジン採用の2.0Lハイブリッドは、国内向けには用意されない見込み。

装備面では、先進の予防安全パッケージ Toyota Safety Senseが全車標準装備となる。インテリジェントクリアランスソナーのほか、誤発進による事故を防ぐパーキングサポートブレーキが採用される。

欧州発表された、クロスオーバーSUVのカローラトレックは発売時期が未定。今後、国内導入が期待される。新型カローラツーリングをベースにアウトドアテイストのアクセサリーパーツのほか、ルーフレールを装備。最低地上高は20mmアップとなる。

このページの情報は古いです
カローラの最新ニュースはこちらです
 NEW  【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装
タイトルとURLをコピーしました