car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期カローラ(アクシオ&フィールダー)へのハイブリッド搭載が中止

新型カローラ・アクシオ&フィールダーにハイブリッドの設定は無し

カローラ・アクシオ/フィールダーが2012年5月に通算11代目カローラとしてフルモデルチェンジを迎える。
次期カローラからはハイブリッドエンジン採用グレードが導入されるということで注目されていたが、これが廃止になったという情報が入ってきた。

写真は最終モデルとなった現行カローラアクシオ特別仕様車X”HID Extra Limited”
カローラアクシオ

新型カローラのエンジンラインアップはこうなる

新型カローラについて当初の情報では、通常のNAエンジンの1.3L、1.5L、1.8Lに加えて、新型アクアに搭載されている1.5Lのハイブリッドエンジンが採用されると考えられていた。
しかし、ハイブリッドエンジン採用に関してのこの計画は現在は白紙になっているようだ。
現在、新型アクアはトヨタ初のコンパクトハイブリッドカーとして人気が高く予約殺到中。
こういった事情から、新型カローラにハイブリッドエンジンを供給することができないという可能も考えられる。
ただし、2013年頃のカローラの年次改良の時期であれば、アクアの受注が落ち着いているはずだ。
この時にカローラハイブリッドが導入されることを期待したい。

また、現行カローラは1.5Lと1.8Lエンジンのラインアップだが、新型カローラからは1.3Lが追加されることになる。
1.3Lモデルは燃費性能がかなり良くなることが予想される。
売れ筋は1.5Lモデルになるだろう。

新型カローラのボディサイズは現行モデルとほぼ変わらず、もちろん5ナンバーサイズは維持される見込み。

トヨタのハイブリッドカーは、ハイブリッド専用車かミドルクラス以上の車種にしか設定が無いが、この状態はカローラハイブリッドの登場が無くなったことにより、しばらく続きそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント