car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

今売れてる車、2019年上半期国内販売台数トップ50 人気車種

人気車種はコンパクトでスライドドアを装備したモデル

このページでは、2019年1月から6月の車名別国内販売台数(軽自動車を除く)についてコメントしていきます。

1位はトヨタ・プリウス。エクステリアデザインで不評とされた2015年発売4代目モデルが、2018年末にマイナーモデルチェンジを受けてフェイスリフト。新デザインでの販売実績は概ね良好と見られる。

プリウス

全体的には、トールワゴンタイプの2ボックスカーが上位を占め、日常での使い勝手や積載能力を重視したクルマ選びの傾向が強く表れた。
中でもコンパクトな車体のものが人気で、ダイハツ生産のトヨタ・ルーミー、トヨタ・タンク、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティの4姉妹モデルや、ホンダ・フリード、トヨタ・シエンタ、スズキ・ソリオといった車種が目立つ。

ミニバンは、従来からの傾向と大きく変わらない。
トヨタのヴォクシー、ノア、エクスワイアの3姉妹モデル、日産・セレナに人気があり、ホンダ・ステップワゴンもこれらに続く。ラージミニバンはトヨタのアルファード、ヴェルファイアが二強で固定化されてきた。

姉妹モデルについては、合計での販売台数が多く、マルチチャネル販売の強さを感じる。トヨタは販売チャネルを統合していく方針であるが、車種そのものを減らすことはリスクがありそう。

Bセグメントコンパクトが以前ほど人気が無い、ユーザーは軽自動車に移ったか?

Bセグメントコンパクトでは、日産・ノートがe-POWER、ダウンサイジングターボ、1.2L NAとパワートレインラインアップを揃えており2位となった。

ホンダ・フィットは、かつてより人気が落ちている印象。やはりN-BOXなど軽自動車に顧客が移っているのかもしれない。

CセグメントSUVでは、ホンダ・ヴェゼルとトヨタ・C-HRが競ってきたが、僅差でヴェゼルが勝利。トヨタでは、新型RAV4、ハリアーといった一回り大きいSUVモデルも好調で、C-HRよりもこちらにユーザーが引き寄せられた可能性がある。

プレミアムブランドのレクサスでは、エントリーSUVのUX250hだけでなく、新型セダンのES300hがランクインしているのが印象的である。

2019年下半期は、マツダ・アクセラを後継するMAZDA3の販売台数が本格的に加算されていくことになり、順位を上げてきそう。
さらに、同じCセグメントではトヨタ・カローラもこれからセダンとワゴンのフルモデルチェンジが実施される予定となっている。

1位 TOYOTA PRIUS (70,277台)
2位 NISSAN NOTE (68,543台)
3位 TOYOTA AQUA (60,349台)
4位 NISSAN SERENA (53,662台)
5位 TOYOTA SIENTA (50,926台)
6位 TOYOTA COROLLA (47,836台)
7位 TOYOTA VOXY (47,834台)
8位 HONDA FREED (45,548台)
9位 TOYOTA ROOMY (45,544台)
10位 TOYOTA VITZ (45,279台)
11位 HONDA FIT (45,089台)
12位 TOYOTA TANK (37,232台)
13位 TOYOTA ALPHARD (35,265台)
14位 HONDA VEZEL (33,445台)
15位 TOYOTA C-HR (32,221台)
16位 HONDA STEP WGN (29,295台)
17位 TOYOTA NOAH (29,155台)
18位 SUZUKI SOLIO (24,771台)
19位 SUBARU IMPREZA (24,448台)
20位 TOYOTA PASSO (23,209台)
21位 NISSAN X-TRAIL (22,603台)
22位 TOYOTA ESQUIRE (22,284台)
23位 TOYOTA CROWN (21,853台)
24位 TOYOTA HARRIER (20,772台)
25位 TOYOTA VELLFIRE (20,762台)
26位 MAZDA DEMIO (20,507台)
27位 MAZDA CX-5 (20,201台)
28位 SUZUKI SWIFT (19,006台)
29位 TOYOTA RAV4 (17,775台)
30位 SUBARU FORESTER (17,639台)
31位 TOYOTA LAND CRUISER (15,960台)
32位 DAIHATSU THOR (15,707台)
33位 MAZDA CX-8 (14,790台)
34位 HONDA SHUTTLE (13,892台)
35位 SUZUKI X BEE (13,852台)
36位 MITSUBISHI DELICA D:5 (11,924台)
37位 TOYOTA CAMRY (11,723台)
38位 NISSAN LEAF (10,541台)
39位 HONDA CR-V (9,590台)
40位 HONDA ODYSSEY (7,887台)
41位 LEXUS UX250h (7,236台)
42位 LEXUS ES300h (6,820台)
43位 HONDA CIVIC (6,743台)
44位 MAZDA CX-3 (6,699台)
45位 SUZUKI JIMNY SIERRA (6,473台)
46位 SUBARU LEVORG (6,285台)
47位 NISSAN MARCH (5,884台)
48位 HONDA INSIGHT (5,867台)
49位 MAZDA AXELA (5,673台)
50位 DAIHATSU BOON (5,262台)

#1 匿名さん2019/07/27(Sat)15:54:21ID:UwMDAwNzzN
スライドドア率w
#2 匿名さん2019/07/27(Sat)20:47:51ID:c0YWIzN2WZ
ネタがないんやね
#3 匿名さん2019/07/28(Sun)03:52:12ID:JkYjNkODjO
最近更新少ない。
ヴェルファイアは売れなくなって車種統合に弾みが付いた感じ。
下品化の止まらない大衆車に歯止めか。

ノアボクエスクァイアは10万台で圧倒的1位だけど、
車種統合された時に社会がどう反応するか気になってる。
#4 匿名さん2019/07/28(Sun)11:04:48ID:M4NzM1ODTO
7年選手のノート、8年選手のアクア、9年選手のヴィッツがいまだ上位とは。
#5 匿名さん2019/07/28(Sun)18:49:43ID:FlNWI0N2DY
新型(MC)スカイライン、新型N-WGNの情報とかネタはあると思うが。あえて避けてるのか?
#6 匿名さん2019/07/28(Sun)22:04:15ID:lhMTQ1NjTO
欧州車ネタがまったく掲載されなくなった。
#7 匿名さん2019/07/30(Tue)01:25:42ID:AxYjAxNjTM
欧州マンセーが荒らすからだよw
#8 匿名さん2019/07/30(Tue)09:37:28ID:dlNWExYTjM

こういう輩をさっさと排除しとなかいから、サイト全体が過疎っちゃうのよね。。
#9 匿名さん2019/07/30(Tue)11:17:03ID:ZiM2VhYTjZ
↑↑↑
マンセー登場w
#10 匿名さん2019/07/30(Tue)16:34:03ID:I1MGYwYmzZ
スバルが振るわないね
ま、当然の結果だけど…
#11 匿名さん2019/07/30(Tue)18:59:50ID:IyNjBlZTjN
MAZDAも
#12 匿名さん2019/07/30(Tue)21:08:52ID:ExZDM2NDWY
ルーミー、タンク、トールの3車種合計で98483台(ジャスティも合わせると10万台前後)
ノア、ヴォクシー、エスクァイアの3車種合計で99273台
#13 匿名さん2019/07/30(Tue)22:28:47ID:ZkMjk0NzzM
ガラパコスカー大活躍!
欧州で売らない方が、日本で売れる
#14 匿名さん2019/07/31(Wed)01:45:49ID:I0NzMxNmjN
国民みんなが怒ってる中、「マン○ー」とか使うなんて不謹慎
#15 匿名さん2019/07/31(Wed)02:41:47ID:RhY2I5MDGM
マンゴー
一刻も早く地上を走るクルマが全部、全自動全電気自動車になって欲しい
#16 匿名さん2019/07/31(Wed)12:38:52ID:EyNDg3NjjO
軽自動車のランキングもお願いします
#17 匿名さん2019/08/01(Thu)07:32:12ID:NjMGQwZjjO
>>12 4兄弟がそんなに売れてるとは。
メーカー違うから1位になれないが、HVも無いのにすごい。
#18 匿名さん2019/08/01(Thu)15:29:04ID:IxNmVmZjTN
欧州意識したメーカーは全く売れずw
#19 匿名さん2019/08/02(Fri)01:49:33ID:ViZDY2ZjTZ
逆だよ。
ミニバンやらハイブリッドなどに興味がない層がこんなにもいるんだよ。
上記ランキングの上位は、クルマに興味のない層が購入する、趣味性の高くないクルマばかりだろ?
#20 匿名さん2019/08/02(Fri)06:18:21ID:JlNGM2YzTY
意識高い系だけでは売れないマツダ
ミニバンやめて素晴らしいとか言うアホいたな…

会社の利益を上げれなければ意味がない。
#21 匿名さん2019/08/02(Fri)12:59:38ID:U4MTZiZTzM
リーマンショック並みの不況が今後起きるとしたら、高級ブランド化を目指しているマッダが一番ヤバそう。
#22 匿名さん2019/08/02(Fri)19:37:34ID:ViZDY2ZjTZ
20
わかってない。
貧乏・生活臭を想起させてしまう「ミニバン」を廃止したから、今のマツダがある。
そもそも、プレミアムブランドがプリウスみたいに売れるなんておかしいだろ。
#23 匿名さん2019/08/03(Sat)14:07:21ID:FhZmNjZGjY
#20
わかってなさ過ぎ。
プレミアムブランドを真似してる
大衆メーカー。

こんな安いプレミアって…
#24 匿名さん2019/08/03(Sat)17:01:38ID:E3Y2NmZWTM
※輪をかけてわかってなさ過ぎ。

アウディもボルボもかつては普通の無印メーカーだった。だが、今はどうだ?押しも押されぬプレミアムブランドの中核じゃないか?
マツダが今、それらに続くわけ。

アンチは騒ぐのが仕事。彼の国と一緒。騒いで騒いで、騒ぐがいい。
#25 匿名さん2019/08/03(Sat)20:35:02ID:VlN2I5YTDO
分かってなさが神がかってる…

かつては無印メーカー

まさに現在のマツダの事。

プレミアムブランドがプリウスみたいに売れるのはおかしいだろ。

この文章おかしいだろ。

マツダは当分プレミアムブランドと呼べません。

#26 匿名さん2019/08/03(Sat)21:35:53ID:Y1NTY1YmTY
プレミアム・・・明確な基準のない、曖昧で精神的なもの
#27 匿名さん2019/08/07(Wed)15:57:07ID:YxM2RjZmTM
#24
またまた、マンセー都合悪くて逃げたか…
#28 匿名さん2019/08/07(Wed)17:08:10ID:JhNjBiNzzM
このご時世、「マ●セー」という言葉を選ぶ時点でどうかしてます。
サイト管理者さん、「マ●セー」は禁止ワードにしてはどうですか?
#29 匿名さん2019/08/07(Wed)17:26:31ID:YxM2RjZmTM
#28

釣られマンセー。

#30 匿名さん2019/08/07(Wed)17:38:05ID:E3ZjUzMzWZ
マツダ叩きは、トヨタ信者の専売特許。カービューなどの他サイト見てれば一目瞭然w
暑い中、ご苦労さんだな、と思います。

名前(任意)
コメント

過去記事(2019/01/02)

★発送完了★【新春お年玉】大阪オートメッセ2019 招待券プレゼント

新年明けましておめでとうございます

多数のご応募をいただきありがとうございました。
厳正な抽選の結果、10名の方々に当選が決まりました!

応募は終了しました。
当選者へのチケット発送が完了しました。


大阪オートメッセ招待券を抽選で10組様(各2枚)をプレゼントさせていただきます。

大阪オートメッセ2019チケット

【大阪オートメッセ2019】
日程:2019年2月9~11日(土、日、月祝)
場所:インテックス大阪
リンク(大阪オートメッセ公式

応募方法

抽選応募の締め切りは1/21とさせていただきます。
応募は終了しました。

当選されましてから、ご住所お名前をご連絡ください

当選結果は当選者のみにメールでお知らせしますので、発送先のご住所お名前をご返信ください。
発送先回答の締め切りは1/31とさせていただきます。
※ 当社が本プレゼントを通じて得る個人情報は、第三者に開示することは一切ありません。

招待券受け取りについて

転売防止のため、招待券の到着が開催日の数日前となります。
万が一、配達トラブルなどにより本券が開催日までに到着しなかった場合は、誠に申し訳ございませんが免責とさせていただきます。ご了承ください。

過去記事(2012/08/29)

車でディズニーランドまでドライブ、駐車場と注意するポイント

都心からディズニーランドへのルートは2つ

都心からディズニーランドまで、高速を利用してはじめて車で行く方のために、行き方や事前情報などを簡単にご紹介しましょう。

高速を利用する場合、もっともスタンダードな行き方は、浦安ランプを利用する行き方です。浦安JCT経由でディズニーランドの駐車場まで行きます。高速を降りたら看板が出ていますので、その看板にそって車を走らせればたどり着きます。ただ、浦安ランプを利用する場合、一度道を間違えてしまうとずいぶんと遠回りになってしまい、時間がかかってしまうので間違えないように気を付けましょう。特に初めて車で行く方は十分注意しましょう。

もうひとつは、葛西ランプを利用するルートです。このルートは最短ルートでもあるのでおすすめといえばおすすめですが、渋滞に巻き込まれる可能性も高いです。渋滞にさえ巻き込まれなければ、ベストかもしれません。高速を降りたら国道357号線に合流するので、そのまま進み、舞浜大橋を渡ったら看板が見えてきます。

ディズニーランドの駐車場は一日2000円

どちらにしても、はじめて車を利用してディズニーランドに行く方は事前にいろいろな情報を入手しておくことをおすすめします。たとえば、降りてから道に迷わないように道順をチェックしておいたり、駐車場の込み具合もチェックしておくと安心ですね。
東京ディスにーランド交通情報テレフォンサービスという24時間のサービスがあり、当日の駐車場の混み具合や周辺の道路状況などを教えてくれるので利用するといいですね。
ちなみに、ディズニーランドの駐車場は、約8000台を収容可能なくらい巨大で、満車になることはめったにないかもしれません。利用料金は一日2000円です。

過去記事(2012/08/24)

フィットハイブリッドで行く京都旅行が私の贅沢、高速を快適ドライブ

コンパクトカーなら京都の路地もスイスイ走れる

私は京都が大好きで、年に4、5回は旅行で京都を訪れています。ドライブが好きなので、京都までの交通手段にはいつもフィットハイブリッドを利用しています。京都に行くときはいつも朝6時か7時ごろに家を出て、高速を使ってドライブを楽しみながら行きます。自宅のある名古屋から京都までは、車で約2時間くらい。距離にして約150キロくらいです。いつも日帰りでプチ京都旅行を楽しんでいます。

私はアートが大好きで、美術館や博物館を巡るのが趣味。また、京都の寺院巡りもとても好きです。だから京都に行くときには、たいていアートめぐりの旅になりますね。さすが古都京都、市内にはとてもたくさんの美術館や博物館があります。いろいろなところを見て廻っていたらとても時間が足りません。京都ってとにかく見どころが多いんですよね。そこがほんとうに魅力的。

駐車場の充実した平安神宮界隈は、京都ドライブに最適

私が気に入っているのは、岡崎界隈です。京都市立美術館をはじめ、さまざまな美術館がありますよ。地下駐車場は広いですが、駐車場待ちの車が列を作っていることもあります。こういう時、アイドリングストップしてくれるとエコカーに乗ってる実感があります。

また、このあたりには南禅寺や平安神宮もあります。京都では指折りのカルチャースポットなので、アート好きな方にはとてもおすすめなエリアですよ。見てまわるスポットばかりでなく、このあたりにはおしゃれなカフェなどもたくさん点在しているんです。私もよくランチを食べたり、ちょっとカフェでお茶したりします。私の場合は主にアートですが、もちろん他にも京都旅行の楽しみ方はたくさんあると思います。

京都旅行は私にとってプチ贅沢でもあり、最高の癒し時間。帰りの高速の車の中でも、好きな音楽を聴いたりして京都の余韻に浸っています。ドライブをしている時間もまた私にとっては癒しの時間。ああ、また京都のドライブ旅、行きたくなってきました。

過去記事(2012/08/24)

プリウスαで大分の由布院温泉まで家族で小旅行

トランクスペースの広いプリウスαはファミリーでの温泉旅行にぴったり

温泉が好き、ドライブが好き、そして美味しいものが好きの私。車でドライブを楽しみながら温泉でのんびりして、美味しいものを食べて帰る、そんなプチ温泉旅行が大好きです。日帰りのときもあれば、温泉宿に一泊してのんびりゆったり、贅沢なプチ旅をすることもあります。心も体もリラックスできて最高です。

先日は、プリウスαに乗って家族で一泊二日の温泉旅行に行ってきました。今回行ったのは大分の由布院温泉。由布院の町は由布岳のふもとの盆地に広がる小さな町ですが、とても人気のある温泉地で私も大ファンです。湯布院ICから由布院の町の中心までのアクセスはとても便利で約8分で行くことが出来ました。

この日はとてもいいお天気でまさに最高のドライブ日和。窓を開けると気持ちいい自然の風を感じることができて、最高でした。時々景色のきれいなスポットで車を停め、景色を楽しんだり写真を撮ったりして過ごしました。やっぱり思い思いの旅ができるから、ドライブっていいですね。やはり電車やバスなどの公共交通機関よりも車での移動の方が便利だし、何かと助かります。

気候のいい秋ならもっとエコドライブに

自動車で温泉旅行に行くとしたら、秋が一番おすすめですね。たいていの温泉地は自然が豊かなところにあるので、素晴らしい紅葉の景色も楽しめますよね。それに秋は食べ物もおいしい季節。冬の温泉地も風情があって素敵ですが、冬の時期は、温泉のある山のふもとでは雪が積もったり、途中の道路が氷結してしまったりすることも多いので、事前に十分な情報を得てから行ったほうがいいですね。

愛車のプリウスαのドライブ、今度はどこに温泉旅行に行こうかと今から楽しみにしています。

過去記事(2012/08/22)

海外旅行で車を使ったプランを楽しむのには?レンタカーの年齢制限

海外旅行で自動車をレンタルしてドライブしたい

海外旅行先でレンタカーを借りてドライブを楽しむのって、なんか憧れます。
もちろん、ツアー旅行に参加して、観光バスなどで有名スポットに連れていってもらうのも楽だし安心だしそれなりに楽しいと思います。でも何度もツアー旅行を経験していると、そのうちいつか、ツアーではなくて自由に旅行を楽しんでみたいなあと思うようになる人もいるんじゃないでしょうか。

実は私もそのひとりです。海外旅行が大好きで年に一度はどこかへ出かけるのですが、いつもツアーを利用しています。そのたびに、ああ、自分で自由に計画して旅を楽しめたら素敵だろうなと思ってしまいます。

だから、今、ひそかにレンタカーでの海外旅行を計画中なんですよ。といっても今すぐというわけではなく、いろいろなことを調べて、念入りに計画を練ってから行こうと思っています。

行き先はやっぱりアメリカかな。
今のところ。ヨーロッパだと鉄道の旅が似合いますが、アメリカだとやっぱりなんといっても車の旅が似合いますよね。広大な大地をドライブするのは憧れます。

何週間もかけてアメリカ大陸横断の旅をしてみたいなあ。

アメリカで自動車を借りるには25歳以上から、自動車保険も忘れずに

ちょっとだけ調べたんですけど、海外でレンタカーを借りるには、日本の免許証のほかに国際運転免許証が必要なんですね。

あと、車を借りるには年齢制限があって、一般的には25歳以上なんだそうです。

でも国や条件によっては21歳以上のところもあるそうです。
もしレンタカーを借りる場合は日本で予約してから行ったほうが安心ですね。

あと保険は必須ですね。
大手だと、万が一事故などを起こした場合でも、24時間のサービスもあるし、なにかと安心でしょうね。
私もそのうちきっと、念願のドライブを楽しみながらの海外旅行を実現したいと思っています。

過去記事(2012/08/20)

自動車を運転しながらできるドライブ英語勉強法を紹介

運転席では安全運転が第一、難しい英語を聴きこむのは向かない

ドライブ中の英会話レッスンはいかがですか?

毎日車で会社に通勤している私ですが、いつも英会話のCDをかけて聴いています。
普段は仕事が忙しくてなかなかスクールに通う時間を作ることができない私。ある日突然、あっ、車の中で聴けばいいんだと思いつき、その日以来、毎日聴いています。
これがなかなかおすすめの学習法ですよ。
とはいっても、なんといっても運転中。いくら勉強するといっても、集中して難しい英語を聴き込んだり、単語を覚えたりといったような頭を使うような勉強はできないですよね。
そんなことしていたら運転が危ないです。

だから、車の中ではとにかく聞き流すようなCDがおすすめです。
なにも教材に高いお金を費やす必要はないと思います。
私は、気に入った英語のラジオを録音しておいて何度も繰り返し聴いたり、好きな洋楽をかけたりしています。

車の中はシャドーイングという英語練習法が効果的

私が今はまっているのは、シャドーイングという学習法。
これは聞こえてくる英会話をそのまま真似して口に出すというものです。
英語の意味がわかっていなくても、聞き取れていなくても、もごもごでいいんですよ。
とにかく口に出してまねてみる。
ぼんやりとでもいいから、気楽に口に出してみるんです。

車の中だから誰もいないし、人目も気にしなくてすむからいいですね。
何か月もつづけているうちに自然にスピードに口が慣れてきて、今では楽しくて仕方ありません。
休みの日のドライブのときにもCDを聴いているほど。知らないうちに英語のリスニング力も強化されているし、スピーキング力も伸びてきているような…。まだまだですけど。
ただ、英語を聴くときはあくまでも集中しすぎないように安全運転を心がけましょう。

過去記事(2012/08/15)

自動車関連株で注目したい銘柄、株価の動き

自動車関連株はトヨタ、日産はエコカー補助金効果もあり堅調

自動車関連株は、電気関連株と同様に輸出銘柄であり、米国やヨーロッパへの輸出が収益に大きく依存します。そのために、自社の売り上げよりも市場変動に大きく左右され、特に円高・ドル安またはユーロ安になるとその分だけ株価が下降する傾向にあります。株価の変動具合も大きく、ベータ値は1を超え、市場全体の変動よりも大きく値が動くのが特徴です。2012年初めからの上昇率は、日本の東北大震災の影響で春先の大きな変動があった後に、欧州経済懸念の市場への影響が一段落した2012年8月末現在、日経平均株価と自動車関連株は共に8%台と横並びになり、やや落ち着いた印象があります。

そんな中で各社の株価の動きを見てみると、好調なのはトヨタです。トヨタは系列会社も軒並み4-6月期決算で安定して好成績を残しており、ユーロ安などで下げたことがあるものの、他社と比較すると上昇率は大きいと言えます。プリウスやアクアがエコカー補助金の効果か制度が終了した後でも順調に売り上げを伸ばしていることが一因と言えそうです。

日産自動車の株価は、トヨタに続いて上昇しています。その要因としては、中国内陸部を開拓するヴェヌーシア、東南アジア向けとして復活したダットサンなど地域密着に基づいた明確な戦略への評価が定着し、投資家の期待を集めていることが挙げられます。

ホンダの株価は出遅れているが今後の成長に期待したい

これら2社に比較すると、出遅れた感が否めないのがホンダの株価です。ヨーロッパでの販売不振に加えて、インドに投入したブリオの苦戦などから、4-6月期の決算直後には大幅に値を下げました。投資家は米国秋に発売される新型アコードの成功の可否を注視しているとも言われています。
ホンダの国内向け車種に目を向けると、新型軽自動車のN BOXの販売には好感が持てます。グローバル車種を縮小する一方で国内向け軽自動車へ重心をシフトする方針は、円高ゆえの効果的なディフェンシブ戦略とも考えられ、下値リスクの低い投資対象として注目したいです。

過去記事(2012/08/12)

自動車購入前にはマンション駐車場に収容できるサイズの確認を

車種選びは、駐車場選びから始まっている

都市部で自家用車を保つ場合、大きな問題の一つとなるのが駐車場です。マンションは、限られた面積に多くの人が住むことができるので、狭い日本では特に都市部に非常に多い物件です。しかし多くの住人を抱えるということは、同時にそれだけ多くの車を収納できる駐車場が必要になるということでもあります。ここでは、マンションにおけるパーキングの種類を、各々のメリットやデメリットと共に紹介しましょう。

まず最も一般的なパーキングは、「平面式駐車場」です。単にマンションの地階や一階部分などの平面敷地を区画分けし、パーキングスペースとして使っているものです。後述する機械式パーキングとは違って、面倒な機械操作などなく平易でスムーズな入出庫ができるのがメリットです。また車両の重量制限はない場合は多く、車の全長・全高・全幅に関する制限も他のタイプに比べると緩いことが多いです。こういった駐車場を確保できるなら、アルファードやエルグランドといった大型ミニバンを所有することも夢ではありません。

逆にデメリットとして、スペースの数に限りがあるため、全戸数分のスペースを確保することが難しいことが挙げられます。建物の数階部分を平面式のようにして使う「自走式立体駐車場」ではスペース数がより多く確保されます。月極駐車場相場が高くなることが多いです。

タワーパーキングは全長、全幅、全高の制限が厳しいのがデメリット

また「機械式立体駐車場」では、多くの車を収納できるのが一番のメリットです。上下段式・縦横式・タワー式など細かく分けるといくつかの種類がありますが、基本的には機械を操作して必要な車両のみを出庫します。月極駐車場相場も比較的安くなります。
デメリットとして、機械操作の時間がどうしてもかかってしまうことと、トラブル時には出庫することができません。そして、車の全長・全高・全幅に関する制限が厳しく設けられていることが挙げられます。特に、全高に関する制限は要注意です。ミニバンと呼ばれる国産車のほとんどが選択肢から外れることになります。全高155cm以下に抑えられたオデッセイやストリームのようなミニバン車種もありますが、その分室内が狭くなってしまうため、あまり人気はありません。

過去記事(2012/02/11)

大阪オートメッセ2012、コンパニオン特集&ヴィッツターボ

2012年大阪オートメッセが開催中

大阪オートメッセがインテクス大阪にて2012年2月10日から12日まで開催される。
カーメーカーではトヨタ、スズキ、ホンダが出展。

トヨタ・GAZOO RACING(3号館)

ヴィッツターボ
トヨタGAZOO RACINGブースでは、市販化が予定されているという、ヴィッツ・ターボ・コンセプトを出展。
1.5Lの1NZ-FE turboエンジンは、最高出力180PS、最大トルク220N・mを発生。
トランスミッションは5MTが採用される。
車両重量は1035kg。
ボディサイズは全長3930mm×全幅1795mm×全高1480mm、ホイールベースは2510mm。
全幅が1.7mを大きく上回り、3ナンバーサイズになるが、これはあくまでもコンセプトカー。
市販化モデルでは、5ドア化と5ナンバーサイズになるのではと予想。

スズキ(5号館)

笹川結衣 ソリオ
佐崎愛里 スイフトスポーツ
satoko アルトエコ
ソリオ・ブラック&ホワイト(笹川結衣 さん)、新型スイフトスポーツ(佐崎愛里 さん)、アルトエコ(satoko さん)をメインとして主力車種を展示。
アルト・ラパンの10周年アニバーサリーモデルも出展されていた。

ホンダ(3号館)

CR-Z
ハイブリッドスポーツカーのCR-Zを出展。
N-BOX FLASH BOX
こちらは人気の新型軽自動車N-BOXカスタムのカスタマイズバーション、FLASH BOX。

レクサス F SPORT PARTS

レクサスGS350を出展。

オーディオテクニカ(6B)

カーAVシステムを出展。
コンパニオンの鵜飼りえ さんと水嶋桜子 さん。

KENWOOD(3号館)

Lamborghini Aventador
ケンウッドではランボルギーニ・アヴェンタドール LP 700-4を出展。
コンパニオンの北村奈緒 さん と新屋エリナ さん。
コンパニオンの倉本月奈 さん と 肥後なつみ さん。
メモリーカーナビゲーションシステム「彩速」のプロモーション。
コンパニオンも多く、常時人で賑わっている。

過去記事(2012/01/24)

大阪モーターショーの見どころとコンパニオン(2012年第7回)

大阪モーターショー 2012/1/20~1/23

富士重工業 (2号館)

大阪モーターショー スバル アドバンスドツアラーコンセプト 森史織
スバル次期レガシィと噂されるアドバンスドツアラーコンセプトとコンパニオンの森史織さん。
ガルウィングドアはさすがに実現しないだろうが、デザインのイメージは次期レガシィに引き継がれるはず。
大阪モーターショー スバル 瀬長奈津実
レガシィGT300には、春菜めぐみさん、瀬長奈津実さんが出演。

EXEDY エクセディ (2号館)

地元、大阪寝屋川に本社を置く自動車部品メーカーのエクセディ。
エクセディ スカイアクティブドライブ
マツダの高効率オートマティックトランスミッション、スカイアクティブドライブにエクセディの技術が使われている。
従来型ATでは60%程度であったロックアップ割合を80%まで拡大させ、燃費性能の高いATを実現した。

エクセディ 河原さゆり
エクセディブースには河原さゆり さん他、 コンパニオンの皆さんが出演。

エクセディ レクサスLFA
レクサスLFAのクラッチもエクセディが手掛ける。

カスタマイズワールド(5号館)

軽ワゴン、ミニバン、ハイエースなどをベースにカスタマイズしたキャンピングカーが多く展示された。
マツダ スクラムトラック キャンピングカー
マツダ・スクラムトラックの車内がこんな雰囲気に。

日産 クリッパー
キャンパーカスタマイズされた日産・クリッパー。

絶品!超満腹帝国(1号館)

大阪モーターショー 屋台
1号館では、全国の屋台が集まり盛り上がった。
モーターショーらしく、移動販売カーを使った屋台も出展。

第7回大阪モーターショーナビメイト(イベントステージ)

大阪モーターショー2012ナビメイト 藤川祐依
大阪モーターショー2012ナビメイト 青山友美 今村仁美
最終日のファイナルイベントで涙を流す、第7回大阪モーターショーのナビメイト、藤川祐依さん、青山友美さん、今村仁美さん。
開催期間中、元プロ野球選手の桑田真澄さん、NMB48らゲストを招いてのイベントも行われた。

過去記事(2012/01/22)

第7回大阪モーターショー(2012年)とコンパニオン特集

大阪モーターショー

大阪モーターショーがインテックス大阪で2012/1/20~1/23の期間、開催されている。
名古屋、大阪、福岡、札幌と開催される東京モーターショーの地方巡業の一つ。
展示内容は東京モーターショーの縮小版+地元企業からの出展となる。
わずかながら東京モーターショーでは展示されなかった車両も出展される。

アルファロメオ(4号館)

大阪モーターショー アルファロメオ ジュリエッタ
地元ディーラーによるアルファロメオ ブース。
ジュリエッタが出展された。

ハーレーダビッドソン(4号館)

大阪モーターショー ハーレーダビッドソン
大阪モーターショーならではのハーレーダビッドソン ブース。

大阪モーターショーの会場を彩るコンパニオン

トヨタ(3号館)

大阪モーターショー FT-86
今春発売のトヨタFT-86とそのコンパニオン。
スバルと共同開発した2.0L水平対向エンジン搭載の新型スポーツカー。

スバル(2号館)

大阪モーターショー スバル
東京モーターショーではBRZのGT300仕様が展示され話題となったが、大阪では出展されなかった。
その代わりに、レガシィB4 GT300 優勝車両が展示された。

BMW MINI(2号館)

大阪モーターショー ミニクーパー
参考出品車として展示されたミニクーパーS クロスオーバー ALL4 Rally仕様とMINIコンパニオン。

大阪ガス(3号館)

トヨタのプラグインハイブリッドの家庭用充電システムを展示。

ユーポス(4号館)

大阪モーターショーで、ある意味最も人気ブースとなっていたのが中古車買取、無料査定のユーポス。
4号館に設置された小さなブース前が大盛況となっていた。
U-pohS LipsGirls(ユーポスリップスガール)の三人組、岩田亜矢那 さん、南田千鶴 さん、秋葉ちひろ さん。

過去記事(2011/09/01)

自動車 買取 査定サイトの比較

愛車査定サイトの比較

車を買い換える時、ディーラーに下取りしてもらうのが一般的だが、ディーラーの下取り価格は不明瞭な部分が多く、実際には相場よりも安く買い取られていることが多い。
インターネットからの簡単な入力だけで、ディーラーより数万円~数十万円も高く車を買い取ってくれる業者が見つかるのなら利用しない手は無い。
現在の愛車の相場価格を知っておけば、新車購入時の値引き交渉もスムーズに進む。


査定額:★★★★★ 実績度:★★★★ 人気度:★★★★★ 資本力:★★★★★
楽天オートに登録されている複数の査定会社への一括査定ができる。さらに売却が成約した場合、3000円分の楽天ポイントが貰える。最もオススメできる一括査定サービス。


査定額:★★★★★ 実績度:★★★★ 人気度:★★★★★ 資本力:★★★★
各地域に強い買取専門業者からの一括査定ができる。
全国チェーン店より買取額が高くなることが多いのが特徴。
楽天オートと共に必ず査定したい。


査定額:★★★☆☆ 実績度:★★★★ 人気度:★★★☆☆ 資本力:★★★★
全国展開している大手の買取専門。30秒無料査定で価格の確認ができる。


査定額:★★★☆☆ 実績度:★★★☆☆ 人気度:★★☆☆☆ 資本力:★★★☆☆
16社の一括査定ができる。高く買い取ってくれる業者徹底して探したいときオススメ。

過去記事(2011/05/28)

自動車保険の比較

インターネット自動車保険は人件費の大幅なカットで安くなった

これまでは、保険代理店や外交員に支払う人件費が自動車保険サービスの大きなコストとなっていた。
最近のインターネットを使った直接契約では、こういった人件費の大幅カットにより、同じ内容の保険契約でも、掛け金は半額程度で済むようになった。
自動車保険はインターネットで申し込むのが絶対にお得です。

満足度の高い保険会社

保険料の安さだけでは決めきれない人にお薦めする保険会社。


お得感:★★★★★ 信用実績:★★★★★ 人気度:★★★★ 会社規模:★★★★★
安いだけでは不安なひとにお薦め。事故対応が良くてユーザーからの評価が高い。ロードサービス等は平均的で充実している。保険料を安く抑えて、そこそこのサービスを求める方におすすめ。


お得感:★★★★ 信用実績:★★★☆☆ 人気度:★★☆☆☆ 会社規模:★★★★
ロードサービスが業界一充実している。突然のトラブルによる宿泊費用や帰宅費用、レンタカーまで負担してくれる。
保険料は激安とはいかないが、サービス内容を考えるとコストパフォーマンスは高い。
旅行の多い方にオススメ。

一括見積もりサイトの比較


お得感:★★★☆☆ 信用実績:★★★★ 人気度:★★★★ 会社規模:★★★★
最大17社の自動車保険の一括見積と申込ができる。保険料の徹底比較したい方におすすめ。
昔から自動車保険の比較では定番サイトで人気もある。


お得感:★★★★ 信用実績:★★★☆☆ 人気度:★★☆☆☆ 会社規模:★★☆☆☆
価格比較の有名サイト。
11社の自動車保険の一括見積り&申し込みができる。


お得感:★★★★ 信用実績:★★☆☆☆ 人気度:★★☆☆☆ 会社規模:★★★★
自動車保険13社の一括見積りができる。
楽天スーパーポイントが貰える。

過去記事(2011/05/23)

自動車メーカーの被災と復旧状況

トヨタ

関連会社の被災状況

セントラル自動車の宮城工場、関東自動車工場の岩手工場が操業停止となった。
このほか、トヨタ紡織東北の本社、北上工場、金ヶ崎工場、宮城工場が設備に被害があり稼動が停止していた。
かつてトヨタは東海地震が想定されるエリアに事業所が多く存在したため、リスク回避の意味で全国に事業所を分散させることを行ってきていたが、今回はその措置が裏目に出てしまい東北地方に移転した関連工場が被災した。

現在約5割の稼動

完成車工場においては急速に復旧を遂げたトヨタ関連工場であるが、部品の供給が未だ十分ではない状況だ。
そのため稼働率は通常時の半分程度に留まっている。
プリウスやレクサスのハイブリッド車種は比較的早い段階から、操業を再開している。

日産

関連会社の被災状況

いわき工場、栃木工場、横浜工場、追浜工場、座間事業所、本牧の埠頭が地震による被害を受けた。
栃木工場やいわき工場では小規模な火災が発生した。
日立港では米国向けの完成車約1300台が炎上。
宮城サービスセンターでも新車約1000台が津波を被った。
日産車体、日産工機でも地震による直接的被害を受けていた。
また、トランスミッションを製造するジャトコも被害を受けた。

被害の大きかったいわき工場が復旧

4月中に多くの事業所が操業を再開し、現在復旧している。
ただし、部品の供給状態は良くない。
通常の50%程度の稼働率に留まっている。

ホンダ

関連施設の被災状況

栃木にある本田技研研究所4輪R&Dセンターの一部が倒壊し、従業員1名が死亡した。
このほかにもいくつかの栃木の関連施設が地震による被害を受け多くの負傷者を出した。

復旧状況は?

狭山、鈴鹿、熊本の事業所は稼動を再開させたものの、国内メーカの中では、比較的深刻度は高い。
新車の開発を行う施設の復旧状況に手間取りそうだ。
3月に予定されていたフィットシャトルの発売が、未だ達成されていない。

三菱自動車

仙台のパーツデポ、テクニカルセンターが被害を受けた。
新車完成車、約400台が津波の被害に。
部品供給の問題は現在もある。

マツダ

事業所の直接的な被災は少ない。
部品のサプライ問題はあるが、他メーカーに比べれば、深刻度は低い。
生産に関しては、通常時には及ばないものの、昼夜操業が行われている。
海外工場も操業が続けられている。

スバル

生産施設や研究施設の建屋にわずかな被害がある程度で、小さな被災に留まっている。
ひたちなか港で約50台が津波の被害となった。
通常時の半分程度の生産力まで回復。

スズキ

仙台での保管車両約2000台が津波の被害に遭った。
サプライチェーンも回復段階にあり、湖西工場、相良工場、磐田工場が4月中に稼動再開。
二輪の生産は豊川工場で稼動している。

ダイハツ

八戸で約200台、仙台で約1400台が津波の被害にあった。
工場の直接被害は少ない。
4月中に全工場で生産を再開しているが、部品供給が十分でなく通常の5割の生産台数となっている。

過去記事(2011/05/19)

自動車サプライチェーン、日産いわき工場とルネサス

日産いわき工場が生産を再開

いわき工場
自動車業界の明るいニュースとして、日産のいわき工場が当初の予定を2週間前倒しして本格復旧を果たした。
いわき工場が担当する高級車向けエンジン、VQ35DEなどといったVQエンジンの生産が本格的に再開することとなった。
いわき工場は震災により、工場内での地盤沈下や火災を受けて被災し、生産機器にも被害があった。
操業停止中は、アメリカのデカード工場での代替生産も行われていた。
日産の大型セダンやSUVの生産が大きく復旧に近づいたことになる。

ルネサスエレクトロニクス復旧遅れる

自動車のサプライチェーン問題の最中、注目されたのがルネサスエレクトロニクスの決算発表である。
震災による損失が膨らむのは大方の予想通りであったが、来月以降の半導体の生産能力が一段と低下する見込みであることが明らかになった。
これにより、自動車メーカー各社の復旧計画にも影響が出そうだ。
これまで、ルネサスエレクトロニクスは被害の大きかった那珂工場の供給力を6月以降については毎月2割ずつ増産させていくと発表していた。
10月には震災前の水準にまで生産力が回復すると見込んでいる。

過去記事(2011/05/06)

車検時の買い替えポイント/2011年版

納車までに時間のかかるケースが出てきた

次の車検でクルマを買い替えようと考えている人にとって、自動車の供給状況は気になるところだ。
各自動車メーカーは震災の影響を受けて、工場の稼働率が高くない。
供給不足の状態はしばらく続きそうだ。

トヨタのハイブリッド車は比較的回復が早い

意外にもトヨタのハイブリッド車種は生産力の回復が早くなりそうだ。
部品点数の多いハイブリッドエンジンは、生産再開が困難になるのではと懸念されていたが、主力車種ゆえにトヨタは優先的に復旧に努めてきた。
フル操業までとはいかないが、生産ラインは比較的早い段階から再開している。
新車のプリウスシリーズなどに買い替えを考えている人は、車検切れよりも余裕をもってディーラーに相談したほうがいい。
生産再開が早かったとはいえ、需要の多さを考えると、早めの予約が必要になってくるだろう。

ホンダはやや出遅れ気味

ホンダは関連会社の被災の程度が大きかったため、生産力の回復が遅れている。
4月の生産台数は通常時の50%程度に留まっている。

中古車相場が値上がり

中古車については、納車待ちの心配がないことで人気化しているほか、新車が売れず下取り車が入ってきにくいため、一部車種において値上がり傾向にある。
車種で言うと、ムーヴ、ワゴンR、タントに代表されるワゴンタイプの軽自動車全般、普通車ではフィット、ヴィッツといったコンパクトカーの相場が高くなりつつある。
特に、5年落ち以上の低年式車に値上がり傾向が顕著だ。
震災前は30万円前後で取引されていたような中古車が10万円以上高い落札価格をつけることが多くなっている。
100万円を超える価格帯の中古車については、今のところ相場変動は少ない。

軽自動車を買うなら早めに新車の予約を

軽自動車に限っていえば、中古車を選ぶ経済的なメリットがほとんどなく、耐用年数を考えると割高になるケースもある。
中古車でも新車でも同程度の経済負担なら、新車を買ったほうがお得である。
軽自動車も減産体制がしばらくつづきそうなので、早めの予約をしなければ、車検時の買い替えに間に合わなくなる可能性があるので気をつけよう。
ただし、普通車よりは部品点数が少ない分、生産力の復旧は早くなりそうだ。

過去記事(2011/04/16)

日本車の減産、BMWが過去最高販売台数、VWはミニバン販促

トヨタの生産が通常の半分程度まで回復見込み

トヨタ自動車は来週4/18より、完成車の生産を通常時の半分程度の水準まで回復させる見込みとなった。
現在の部品調達状況は万全ではなく、一先ず6/3までの生産計画となった。
これまでトヨタは、ハイブリッドカーを中心にプリウス、レクサスCT200h、レクサスHS250hの生産を先行して再開させていたが、今回の発表では全車種にわたっての生産再開となる。
ただし、一部グレードや仕様違いなどで生産対応できない車種もあるようだ。

日本国内の工場の再開を優先か?

日本国内にある生産拠点に関しては少しずつ回復傾向にあるが、海外の生産拠点については減産や生産休止の決定をしている。
イギリス、フランス、トルコ、ポーランドといった欧州を中心とするトヨタの工場では減産体制となり、部品供給が途絶えるようだ。
また、アメリカでの工場は生産を継続して行っている。
トヨタにとってのマーケットの重要度は、日本>アメリカ>欧州という位置付けなのだろうか?

自動車部品供給のネックとなっているのは樹脂と電子部品

自動車業界の生産再開に向けてネックとなっているのが、樹脂原料の供給問題だ。
中でも三菱化学の鹿島工場のダメージが大きく、樹脂原料の生産再開は6月以降になる予定。
ここで生産される樹脂原料を元にプラスチック・ゴム製の自動車パーツが製造される。
他には、電子部品の供給問題も深刻だ。
自動車用のシステムLSI、マイコンを生産しているルネサスエレクトロニクスでは茨城県で被災した工場を急ピッチで立て直そうとしている。

躍進する欧米の自動車メーカー

日本の自動車メーカーの生産が滞っている中、ドイツを中心とする欧米の自動車メーカーが販売数を積極的に伸ばしつつある。

BMWは過去最高の販売台数

BMW社は3月の販売台数が、過去最高となった。
レクサス、インフィニティー、アキュラといった日本メーカーの高級ブランドが十分な商品を提供できない状況のなか、直接競合となるBMWは、そのシェアを奪って大きく躍進した。
BMWのほか、MINI、ロールスロイスといった傘下のブランドの販売台数も含めている。

フォルクスワーゲンのCM

最近めっきり見なくなったのが、自動車のテレビCMである。
平時であれば、テレビをつけると今頃はフィットシャトルやプリウスプラスといったコマーシャルを見るはずだった。
生産もままならない中では、テレビCMなど放映できる状況でないのが今の自動車業界である。
ただし、例外として、フォルクスワーゲンのミニバン、シャランとトゥーランはテレビCMを放映している。
輸入車登録台数1位のフォルクスワーゲンは、この機を逃すまいと販売促進に力を入れている。

過去記事(2011/03/28)

安い中古車と出会う5つの知識

中古車の価値は年式と走行距離で決まる

自動車には寿命がある

自動車というのは寿命があるものだと考えてください。
廃車まで、10年10万キロとよく言われますが、現在の車は丈夫に作られているのでもっと長く乗ることができます。
大体目安として13年ぐらは乗れると思っていいです。
走行距離に関しては、最近のエンジンはタイミングチェーンを採用しているので、10万キロの壁が無くなりつつあります。
以前は(現在でも一部車種では)10万キロごとにタイミングベルトの交換が必要となり、これが乗り換えのきっかけになっていました。(ベルト自体は安い消耗品なのですが、交換に手間が掛かり工賃が高いことが多かったのです。)
それでも走行距離が長くなると他の部分の傷みも激しくなるので、15万キロを超えるとそろそろ乗り換えの準備をしておいたほうがいいです。(過走行車はサスペンションもへたってきて、乗り心地も悪くなります。)
13年15万キロを過ぎると経年劣化が激しくなってきて、思わぬ修理メンテナンス費用が発生したりする場合があり、経済的に安全に乗るという意味ではベストとは言えません。
20年、20万キロぐらいなら修理をしながら乗り続けた方が安くなる場合が多いですが、手間も掛かりますし万人にお薦めできる乗り方ではないです。

年式と走行距離は妥協しない

寿命の迫った車は激安で売られているのですが、購入時に発生する登録手数料や整備料、車検費用などは新しい中古車と同様に発生します。
いくら車体価格が安くても買ってすぐに寿命が来てしまえば、こういった諸費用がムダになってしまうのは勿体無いです。
ですから、年式と走行距離では妥協をしない方がいいです。
普通車の場合はおおよそ6年落ち以内の中古車をお薦めします。
7年落ちでもまだまだ車としてしっかり乗れるのですが、今から買う車としては古過ぎて、余計なメンテナンス費用が発生する確率が高まります。
軽自動車なら4年落ち以内をお薦めします。
軽自動車の場合は4年を過ぎると、年式が古くなるにも関わらず車体価格が下がりにくい傾向があります。
あまり安くならないのであれば、なるべく新しい状態で買った方がお得です。

メーカーや車種で妥協をする

安く中古車を買うために妥協すべき点は、メーカーや車種にこだわりを持たないことです。
人気のあるメーカーは、トヨタ、ホンダです。
軽自動車ならダイハツ、スズキが人気があります。
詳しい車種については、後で書きます。

色も妥協するともっと安くなることがあります。
一般的に黒、白が人気で、次いでシルバーとなります。
テレビCMや広告に使われている色も人気色になり値段が上がります。
それ以外のちょっと変わった色は不人気色になりがちで、10万円ぐらい安くなることが多いです。

故障しないメーカーは都市伝説

ネットでの噂では、故障しないメーカーとして、一番にトヨタ、次いで日産などとよく聞きますが、実際に自動車整備業を営んでいる人に聞くと、現在の車なら国内メーカーであればどこも変わらないというのが実際のようです。
最も評判のいいトヨタと、最も評判の悪い三菱を比較しても、故障のしやすさはほとんど変わりません。

メーカー問わず、メンテナンスが不十分であれば故障はします。
トヨタが故障しないというのは、メンテナンスが十分にされた車が多いことや、車に与える負荷の少ない運転をするドライバーが多いことに起因しています。

外車は故障が多いので避ける

国産車の品質はメーカーを問わず向上しましたが、海外メーカーの車はまだまだ日本車の品質には及びません。
比較的高品質と言われるベンツやBMWといったドイツの高級車ですら日本車と比較して故障が多いです。
プジョー206やVWポロは中古車市場で格安で流通しており、フィットなんかよりも安いぐらいですが、買ってから出費がかさみます。
突然の故障が年に何回か起こることもあり、その度に予定もキャンセルしなくてはいけません。

低価格で買えるお薦め車種

販売台数が少なく、知名度の低い車が不人気になり、中古車相場が安くなる事が多いです。
ディーラーの新車販売で値引きの大きかった車種も中古車市場で安く出回ります。

軽自動車

軽自動車ではホンダ・ライフ、三菱・eKワゴン、三菱・トッポ、スバル・R2などが人気がなくて低価格で流通しています。
車としての出来はいいものばかりです。
詳しくは、軽自動車の中古車-不人気車リストをご覧ください。

コンパクトカー

コンパクトカークラスでは、日産・マーチ、マツダ・デミオ、ダイハツ・ブーン、三菱・コルトが不人気となっています。
ヴィッツ、フィットは人気が高く、割安とは言えません。

日産・マーチ(旧型のK12型)は、販売期間が長かったため、モデル後期に大幅値引きで販売していたことが激安の原因になっています。

マツダ・デミオ(旧型のDY型)も、新車の値引きが大きかった車種で中古車価格は低迷。中も広くてお薦めです。
現行DE系デミオも新車値引きが大きいので中古車価格は安いです。

ブーントヨタのパッソと同一車体なのに、ダイハツブランドというだけで安くなっています。

三菱・コルトはヴィッツやフィットよりもワンクラス上の乗り心地と、操縦安定性、さらに室内のセンスも良くてお薦めです。三菱ブランドのイメージが悪く、安くなっています。

ミニバン

ミニバンで人気が無いのはマツダ・プレマシー、日産・ラフェスタになります。
ミニバンは人気カテゴリーなので、極端に安くなることはないですが、トヨタやホンダに比べると10万円ぐらは安くなる傾向があります。

プレマシーは、マツダのブランド力の無さからくる安売り販売のおかげで、中古車価格が低迷。マツダはヨーロッパでは非常に人気のあるメーカーです。車自体のクオリティーは高いです。

ラフェスタはフルモデルチェンジから年数が経っており、新車でも安くで販売されているので、その分中古車価格も安いです。
価格の割に装備が充実しているのがメリットです。

過去記事(2011/03/26)

トヨタ、日産、スズキ、マツダの震災後の生産状況

トヨタは一部車種の生産が再開

プリウス

堤工場で、トヨタの主力車種プリウスの生産が再開された。
プリウスは来月に7人乗りミニバンのプリウスプラス、ワゴンのプリウススペースの発売が予定されていたが、こちらの進捗状況も気になるところだ。
トヨタブランドの完成車生産は現在のところプリウスだけ。
世界で最も売れているハイブリッド車種の生産が再開できたことは、一つの明るいニュースだ。
他には、修理用、保守部品としてパーツレベルの生産も小規模で行われている。

レクサス

トヨタ自動車九州でレクサスCT200h、レクサスHS250hの生産が再開された。
これらはハイブリッド車種なのでプリウスとの共通部品も多く生産が可能になった。

部品調達が難しそうなハイブリッド車種が生産再開したことで、他車種の復活も期待できる。
まずはハイブリッド車を復活させ、トヨタの復活を世界にアピールしたいところだろう。

日産はエンジンユニットの輸入で対応

日産は未だ、生産が復旧していないが、エンジンユニットの輸入で一部車種の生産再開が検討されている。

いわき工場

日産自動車の生産拠点で最も状況が厳しいのは、福島県のいわき工場。
震災直後は小規模な火災が発生するなどの直接的な被害もあった。
福島第一原子力発電所からわずか56kmの位置にあり、復旧の目処が立っていない。
そこで白羽の矢が立ったのはアメリカ テネシー州のデカード工場だ。
デカード工場では北米向けセダン アルティマを中心とする生産が行われている。
いわき工場の主力製品であるV6のVQエンジン(VQ35DE)もこのデカード工場で製造されており、このエンジンを輸入してムラーノやティアナ、エルグランドなどに搭載させる計画が立てられている。

栃木工場

他に被災した工場は栃木工場。鋳造工程で火災が発生し、負傷者も出た。
生産車種は、フーガ、フーガハイブリッド、スカイライン、スカイラインクロスオーバー、フェアレディZ、フェアレディZロードスター、GT-R、370Z、インフィニティG、M、EX、FXなど、日産の高級車を中心に取り扱っていた。

スズキは完成車の生産再開目処立たず

スズキは組み立て途中の完成車、部品生産のみの再開となっている。
いずれも、部品在庫がなくなれば、操業はストップする見込み。

マツダはアメリカでの日本車受注を停止

マツダは日本で生産される車種の注文受注を中止した。
これは、生産の再開が長期化することを見込んでいるのだろう。
Mazda6(アテンザ)、トリビュートはアメリカのミシガン州の工場で生産されるため影響がないが、防府工場と広島工場で生産されるMazda3(アクセラ)、Maxda CX-7、Maxda CX-9については、注文すらできない状況だ。

在庫部品を使った製造が行われているのみで、本格操業は見通しが立っていない。

過去記事(2011/03/11)

水没車は乗り続けることはできるか?

水没車にも価値がある

水没した車を買い取ってくれる業者がある。
水没車は事故車扱いとなるが、エンジンが水に漬かってしまっても、海外の中古車市場では値段がつくことが多いのだ。

大切な愛車が災害や事故で水没してしまった場合

愛車が水没してしまった場合、錆やカビが発生する前に処分した方が、高く買い取ってくれる。
愛車が水没するような状況に遭われた方の中には、経済的に大変な状況の方もおられるでしょう。
水没車は事故車査定をやっている業者に、できるだけ早く査定してもらって、現金化することをお薦めします。

買い取られた水没車はどのように使われるか

買い取られた水没車は、車種や状態によって様々な再利用方法がある。
車内を完全に乾かしても、一度水に漬かった車は日本国内でそのまま売るのは一部車種を除いて難しい。
主にパーツレベルで分別され、再利用できるものは中古パーツとして流通する。

海外市場

水没車を整備して、また乗れるようにするには、大変な整備が必要だ。
これを日本の整備業者で行うと、通常の中古車価値を超えてしまう整備費用がかかってしまう。
しかし、東南アジアやロシアなどの海外では、人件費が安い為、整備費用が安く済み、通常の中古車並みの値段をつけることが可能になるのだ。

タイヤ

タイヤは水によってダメージを受けない部材だ。
そのまま中古タイヤとして、国内の中古タイヤ市場に流れる場合が多い。
これは溝が多く残っているものに限られる。

マフラー

マフラーに含まれる触媒は、レアアースが含まれるので価値がある。
このあたりは通常の廃車と同じだ。

中古車を探している方は、水没車を掴まないように注意

基本的には、水没車が完成車として日本国内の市場で流通することは稀だ。
しかしながら、カーオークションではたまに、水没車と思われるものが流通しているのも事実。

高級車は要注意

高年式で走行距離も少ないのに安い高級車を見つけたら要注意だ。
ベンツ、BMW、ランドクルーザー、レクサスなどは水没歴があっても、その後の整備で走れる状態になれば日本市場でも流通する。
高級車であれば、国内の高い整備費用をつぎ込んでも、元が取れる値段がつくからだ。

大災害の後は注意

津波、洪水など多くの車が水没するような大災害が起こった後に、多くの水没車が流通する。
災害が発生した時期から半年以内は、高級車の中古車購入は慎重になったほうがいい。

旧登録地域を確認

以前の持ち主の登録地域にも気をつけよう。
登録地域がわかれば、災害に遭遇したかどうかの推定ができる。
水没して急遽売られた車は、車検が残っている場合が多い。
こういった車はナンバープレートがついているので、登録地域がわかりやすい。
他にも、自賠責保険の保険証書を確認したり、取り扱いディーラーのステッカー(トヨタ○○店など)を見ることでも、登録地域を推定することができる。

なぜ、水没車はダメなのか

人によっては、安く買える、掘り出し物として考える場合もある。
水没歴があっても整備、乾燥、清掃が十分であれば、むしろお買い得車として考える人もいる。
しかし、それは主に転売を目的とした場合で、実際に購入者が長く乗りつづける車としては適さない。

電気系のダメージは遅れてやってくる

意外に思うかもしれないが、整備でなんとかなるのはエンジン周り。
水没直後はダメージが大きいが、一旦動いてしまうとエンジンの熱で乾燥が十分にされるし、塩分もオイルである程度流すことができる。
問題は電気系統のダメージだ。電子回路部分に残った塩分を含んだ水分は錆を発生させ、配線や電子基板を徐々に蝕んでいく。
電気系統は車のあらゆる箇所に張り巡らされており、すべてを取り替えることはできない。
購入時には全く問題がなくても、半年や1年で原因不明の故障に陥り、廃車となってしまう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先