car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツの特徴

トヨタ

プリウスPHV
最も故障しないメーカーとして評価されてきたが最近はどうであろうか。過剰品質とまで言われた耐久性をやや見直したとの噂もあるが、それでも国内ディーラーでの良好な営業、アフターサポート体制は継続されており、やはりユーザーの体感としては、不具合を気にする確率が最も少ないメーカーだろう。リセールバリューも高い。

国内市場においては圧倒的シェアを背景に同市場の嗜好をも左右する存在である。2代目プリウスでの大成功を契機に、日本市場においてはハイブリッドでなければ売れないという特殊な空気まで生み出した。

近年ではG’sあるいはGRといったスポーツ指向のモデルにも力を入れ、クルマ離れが進んだ日本市場の盛り返しを図る。ただし、86はスバル製、新型スープラはBMW製と、台数の出にくいスポーツモデルは提携他社頼み。
[トヨタ自動車]

日産

セレナ e-POWER
ゴーン解任以降の経営体制が気になるところであるが、いずれはルノーと関係を断ち切るのでは、と予想する。これにより、理不尽な高配当体質から脱却し、技術開発にしっかりとした予算を配分する、真っ当な自動車メーカーになることを期待する。

国内向けモデルが充実するのではという期待もあるが、いまさら内向きに舵を切ったところで、縮小市場では大きな利益は望めない。

従来から得意とするのは北米市場で、近年の中国市場での競争においては日系ブランドで唯一の勝ち組。欧州での販売規模も大きい。アジアで強い三菱自動車と協力し、さらにグローバル化を進めるのがブランド存続の道筋ではないだろうか。
[日産自動車]

ホンダ

シビックタイプR ジュネーブ
N-BOXの販売が大成功を収めてから以降は、登録車での目立った活躍が少ない。登録車から軽自動車へダウンサイズが進んだ功罪をホンダに問う論評もあるが、これはホンダが仕掛けたというよりも、ホンダの市場の読みが鋭く、さらに商品作りも売り方も上手かったに過ぎないのではないか。

なるべくならクルマの道具化は進まないほうが、自動車業界としては好都合で、高付加価値な車種が売れたほうが有り難い。そんななかフラグシップにNSXを置き、海外向けシビックとCR-Vの新型を国内導入させた意義は大きい。自動運転レベル2を実現するホンダセンシングも評判が良い。

車両価格が上昇傾向にあるのが気になるところ。ただ、EVの普及や新興国の工業化が進むなか、将来的に日系ブランドが普及価格帯車種でのシェアを落としていくのは必然的である。ハイブランドを目指すのは自然な流れだろう。
[本田技研工業]

マツダ

CX-5
近年は、日本市場向け商品から見切りをつけ、海外に向けた展開が目立つ。なかでも欧州市場を意識した車作りが特徴的で、高速域におけるしっかりとしたハンドリング性能によりファンから支持を得てきた。

パワートレインではSKYACTIV-Dのクリーンディーゼルが好評で、コストパフォーマンスと環境性能で他社ディーゼルエンジンを上回っている。逆に弱点はEVやハイブリッドといった電動化技術となるが、これもトヨタとの提携によりカバーされるだろう。

CX-5以降は、SUVセグメントでの活躍が目立っており、次なる目標として北米での販売拡大が掲げられている。

ただし、マツダも燃費・排ガス不正を行っていたメーカーとしてリストアップされており、そこはネガティブ要素である。
[マツダ]

三菱自動車

エクリプスクロス
国内市場においては、かつてのリコール隠しから近年の燃費不正問題と不祥事が続き、マイナスイメージが払拭しきれていない。それでもグローバルで根強い人気のパジェロを筆頭とするSUVラインアップの強化で復活を目指す。国内向けには、軽自動車の開発生産能力があることが強みである。

ルノー・日産・三菱アライアンスの一つではあるが、日産から直接的支援を受けている以上、今後も日産に追従するほか道はない。
[三菱自動車]

スバル

インプレッサ
トヨタとの提携以降は、水平対向エンジン搭載車に生産モデルを絞り込んでいる。水平対向エンジン、AWDシステムに加えてアイサイトが近年の技術的トピックであり、特に米国市場からの支持を得ることに成功している。近年ではスバルグローバルプラットフォーム(SGP)の導入により、ボトムラインのインプレッサから高水準なクルマづくりを実現している。

技術志向で誠実なイメージが強いスバルであるが、ここでも不正問題が明るみに出ており、無資格者による検査、燃費・排ガスのデータ改ざん、ブレーキ検査の不正と一通りこなしている。
[スバル]

スズキ

スズキ アルトワークス
こちらも燃費・排ガス検査で大規模な不正が発覚しているが、国内軽自動車セグメントにおいては堅調な販売状況が続いている。19年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたジムニーが多くのオーダーを抱えており生産が追いつかない状況。近年ではSUVテイストのハスラーがヒットモデルであった。軽自動車向けハイブリッドシステムを他社に先行して導入しているのも注目すべきポイントである。ただし、アルト、ワゴンR、スペーシアといった定番車種では、ライバルメーカーとの販売競争に必ずしも勝っているわけではない。

海外ではインドでの販売シェア獲得に成功しており、今後の同市場におけるモータリゼーションの進行で大きな利益を得ることが期待される。
[スズキ]

ダイハツ

タント カスタム オートメッセ2018
国内ではスズキよりも軽自動車イメージが強いブランドで、特にタントの成功が顕著である。他の軽自動車モデルはスズキを後追いしたデザインやコンセプトが多いと感じるが、それでも独自色を出し、販売台数としての結果はしっかり出している。

トヨタグループの一社として、登録車クラスのエンジンや完成車体の生産もいくらか請け負っており、特に2016年の完全子会社以降は、この流れを強めている。海外では、インドネシア、マレーシアを中心とする東南アジア市場で強い。
[ダイハツ]

#1 名無し2016/06/21(Tue)19:15:22
スバル車はリセールバリュー低くないですよ
#2 佐波ちゃん2016/06/30(Thu)10:18:17
三菱、トヨタ、日産、スバルの車に乗りましたが、なぜか故障が多く販売店や整備の対応も悪かったのがトヨタでした。期待した日産のブルバードは昔のイメージとはかけ離れたつまらない車でした。三菱は7台10万キロ以上乗りましたが頑丈で故障も無かったです。スバルは走る止まる曲がるの基本性能と、安全性能に優れ、機械や道具としての性能はナンバーワンでした。その分、内装等目に見える部分がシンプルでした。こだわりのある人向きの車が多いです。
#3 ごんちゃん2016/08/07(Sun)22:58:09
最近のトヨタ車はもうけ主義に走ってるみたいに感じますねコストを下げれるなら何でもするなんかそう思えます。ブレーキはエアーが感ですようなふわふわのブレーキでアクセルも遊びが多すぎる気がします、高級車は違うのかもしれませんが乗ってて怖い車です。
#4 匿名さん2016/08/15(Mon)07:39:53
誤った記述多すぎませんか
例えばCVTに関して、日産三菱もどちらもジヤトコから買った部品のポン付けしているのに差が出るわけがないでしょう
下調べもせずに適当に書いているとしか思えません
#5 新の車好き2016/08/31(Wed)18:30:25
トヨタはのりこごちは良いですよ。まぁ僕はハイブリッド車なら何でも良いですが、一番を選ぶとなるとスバルが良いと思います。

#6 匿名さん2016/09/25(Sun)05:02:07
トヨタはトラブル【Eg.CVT】の連続だった。次にスバルに買い換え14万キロでシャフトブーツが破れたくらいかな。
#7 匿名さん2016/11/20(Sun)23:57:45
♯4さん
日産と三菱は同じジヤトコ製品ですが三菱は独自にチューンしてますよ。ちゃんと調べましょうね
#8 名なし2016/12/03(Sat)17:21:45
日産は詰めがどうもね。
#9 車好き2017/01/05(Thu)22:48:56
トヨタの自動ブレーキは遅れてますね、最近止まれる映像見ますが標準装備ではないようです標準は単なるアシストですなので完全停止出来ませんよ。
オプションで高価な装置を付けないと止まれません。ほかのメーカーが標準装備してるのにはっきり言って買おうと思は無いです。
#10 匿名さん2017/01/17(Tue)16:38:49
スバルはアイサイトの事を書いてもいいんじゃないの?
あと水平対抗じゃなくて水平対向だよ
#11 マイクロプーリー2017/01/29(Sun)14:37:16
スバル解説少な!

トヨタは昔2台乗った。
その後スバルで
カタログ数値ではない事を
レガシィで思いしった。

以来スバル一筋

トヨタは金しかない
他社から技術を頂いて
組み立ててるw
#12 匿名さん2017/02/27(Mon)10:00:25
確かにスバルの中古価格の下落幅は半端ないけどそのおかげで学生が乗るVIP車としては最高の素材ですよー。
レガシィとかそこそこの程度のやつが60~100万くらいで買えるし高級感もそれなりあるからイルミ付けてナンパするのに向いてる
#13 匿名さん2017/05/23(Tue)11:43:17
トヨタの故障頻度が少ないのは事実。整備工場でバイトしていた事があるけど。
コンパクトは意外に壊れない(致命的には)。
#14 岩壺智晴2017/07/10(Mon)16:51:54
けーとら買うぞ
#15 匿名さん2017/07/11(Tue)21:26:18
ヴィッツ派生、カローラ派生はガチでしょ
国内供給台数ハンパないし、車検でデータあがってくるし、会社は良い意味でも悪い意味でもKAIZEN体質だし
#16 匿名さん2017/07/18(Tue)17:03:33
トヨタ…
故障は少なく老化して部品が壊れる程度。

ホンダ…
昔から相変わらずミッション系(CVTとAT)のトラブルが多い。

日産…
昔から相変わらず電装系が弱い。
スターター系・パワーウィンドー・発電系などにトラブルが多い。

スバル…
マイナートラブルまたはメジャートラブルの症状を見た事が無い。

マツダ…
分からない…

三菱…
根本的にボディ以外は壊れやすい。

ダイハツ…
消耗品とは言え、消耗が早い気がする。

スズキ…
センサー系のトラブルが多いかな?
センサー系の消耗が早いとも言える。

外車の弱い所…
BMW「オイル漏れ標準装備&電装」
ベンツ「駆動系&電装」
シトロエン「メーター表示の誤作動」
韓国車「三菱と同じで様々なトラブルが多い」
#17 匿名さん2017/08/10(Thu)11:09:03
せめてスズキは入れてやれ……
#18 匿名さん2017/08/12(Sat)11:42:46
こんな車なんて乗らない。
ランボ、フェラーリ、ブガッティしか乗らない
#19 匿名さん2017/08/18(Fri)18:11:55
なんていうかネットの無責任なステレオタイプの書き込みを拾ってきたような記事を出すのか?
という疑問が。わりとまともなサイトだと思っていたんだけど…
#20 匿名さん2017/10/25(Wed)20:16:40
マツダスバルはリセールバリューないよな
総合力はトヨタホンダだな
#21 匿名さん2017/10/25(Wed)20:26:46
リセールバリューなんか気にしたことないけどな
好きなクルマを買えば良い話
国産ならマツダ一択
#22 匿名さん2017/12/22(Fri)19:55:06
#23 匿名さん2018/01/16(Tue)14:49:53
昔からトヨタは80点主義と言われてるけど、最近の国産メーカーの売り方は別にトヨタと大差ない感じだな。

故障云々は真面目に点検・整備してりゃ国産車なら10年くらいトラブル無しってのが標準レベルだろ。仮に故障してもディーラーからメーカーにクレーム入れてもらって無料で修理がデフォルトだろう。

日産やホンダは昔ほど硬派ではない感じだし。

最近色々頑張ってるなって感じるのはマツダかもしれない。

ただ、軽の室内空間を広くしました!みたいな売り方をするメーカーは嫌いだな。ただでさえ、ボディがやわいのに、室内空間を広げる為にリアハッチのすぐ近くまで座席を下げて、あんなんオカマ掘られるだけで後部に乗ってる奴は即死だろ?

事故したら親だけ生き残って子供は死ぬんじゃないか?
#24 匿名さん2018/01/16(Tue)14:53:15
♯23
ミニバンのフル乗車も同様
サードシート着座中、追突されたら即死
こんな安全性無視のクルマを「家族のために」とか言って買うバカ

家族のため、子供のためにも絶対に選んではいけないのがミニバン
#25 匿名さん2018/01/16(Tue)16:01:41
止むを得ずミニバンを購入した場合は、3列目は使用せずクラッシャブルゾーンと考えた方が良いかもしれませんね。
#26 匿名さん2018/01/16(Tue)16:30:02
重い、走らない、乗り心地も悪い
コーナリング性能も悪い、直進安定性もない
側面衝突に弱い
下品なデザイン
必ず自分と同じクルマとすれ違う
あおり運転をする
何かメリットはあるのだろうか

ちなみに「ミニバン」とは言っていない
#27 匿名2018/02/22(Thu)23:12:58
誤発進で店舗に突っ込んだ映像を見ますがほとんどがトヨタのハイブリット車ですね、無理もないと思いますシフトのチェンジパターンがほかの車と逆で右下がドライブになってるので焦ると、間違えてしまいますね。改善しないのは何か理由が有るのですかね?
それとこの前の大雪でスタックしてる車のほとんどがトヨタ車特にハイブリットでした。重量配分が駄目なんでしょうね。
#28 匿名さん2018/02/23(Fri)00:24:10
#18さん

その通り過ぎるぞ(笑)
#29 クアドリフォリオ ヴェルデ2018/02/23(Fri)00:31:59
なお、日産w

#30 匿名さん2018/02/23(Fri)00:40:37
最新記事がつまんないらしく、
過去の記事をほじくりだす、住民たち

運営者さんよ、もっと興味の引く記事提供してほうがいいじゃないの?
#31 匿名さん2018/03/03(Sat)22:43:39
e52 エルグランド 7年でCVTが逝って 交換で70諭吉って マジクソだわ。
高すぎる授業料だったわ
#32 匿名さん2018/03/04(Sun)00:00:59
認知バイアス狂った人たちが、必死に自分の心の安定を保とうとしてる

でも他人は一ミリも変えられないまま
そりゃそうだ。購入に至るには、おのおのが厳しい目で精査してるんだから

捏造も妄想も、現実の車とサービスの前には無力。火病しても歴史は変えられないのと同じ
#33 匿名さん2018/03/05(Mon)05:50:50
↑#32以外の全員がこの意見に全力で反対している。
#34 匿名さん2018/03/05(Mon)14:04:50
ここの板のほうが荒れそうな内容だが
日本車じゃ熱く語りにくいか
#35 匿名2018/09/09(Sun)20:55:46ID:U2NmI5OWjY
トヨタのみメリット、他社はデメリットだけ。じゃなくて平等に語れよ。あと、適格のこと書いて
#36 匿名さん2018/09/09(Sun)22:41:35ID:NiZmM5YmTM

7年前の記事にイチャモン
典型的なクレーマー
#37 匿名さん2018/09/18(Tue)22:30:10ID:UxNzdmOT2Y
燃費の記載形式変更が騒がれてるから思い出すのは
MAZDAが先代デミオのとき、10・15モードで大々的に30km/l!!と宣伝してたこと
スカイアクティブの象徴とする数字として、それはもう連呼してた

なぜか、記憶から抹消してる人もいるし、片方だけ問題にする人もいるようだ
それこそ、マスコミ並みに偏ってる。認知バイアス見直さんと
#38 匿名さん2018/09/19(Wed)20:22:43ID:ZiZmFiMjjY
全メーカー取り上げて、現時点の情報に更新して欲しい。
#39 匿名さん2018/10/15(Mon)13:41:25ID:M4OTdhY22N
ホンダ、塗装が弱く退色早い。
#40 匿名さん2018/11/09(Fri)14:13:27ID:A2YWYxZGDZ
マツダは信者が賛美しているだけ
ディーゼルも結局耐久性が低くて距離を乗ると異常なガタが出るし、デザインも内装がダサいし塗装も弱い
その上最近の不正で良いところ無し
何よりマツダ信者がキモいw
#41 匿名さん2018/11/10(Sat)00:49:00ID:RiYzYzMWjM
最近マツダの塗装が弱いとは聞かないが
#42 匿名さん2018/11/10(Sat)01:43:10ID:FjZTBjM2TN
知人(オバちゃん)家のデミオディーゼル、ノーメンテで普通に走るそうだ。マツダのディーゼル悪く言う人多いけど、どうなんだろ?
#43 匿名さん2018/11/24(Sat)18:39:32ID:U4ZDU3YT2N
やっと更新したが、やはり的を射ていない内容。最近はどのメーカーも部品を外注しているため、部品毎のリコールが多い気がする。リコールはあって当たり前、隠蔽する方がおかしい!
#44 匿名さん2018/11/24(Sat)20:23:28ID:NmN2Y4MmjY
レクサスブランドは?
#45 匿名さん2018/11/25(Sun)00:59:04ID:FmN2M4MjjM
昔、昔その昔。トラブルが少ないと言えば、三菱-いすゞ-スバルだった。
トヨタ-日産は顔が命みたいなポジションで、ホンダとマツダに至っては、あんなもん車じゃねえっ!なんて、皆に言われてた。
#46 匿名さん2018/11/25(Sun)03:25:48ID:IwMTQxNGTM
トヨタは2台乗ったが何の面白味も無く、おまけにアイドリングがばらついたりと安心して乗れなかった。それで、スバルに出会い相思相愛です。最近はリコール内容を良くわかってない記者が記事にするため、リコール=悪みたいな風潮になっている。不正検査も当局との見解の相違みたいなもので、それを不正というから、これまた新聞の責任は大きい。
#47 匿名さん2018/11/25(Sun)09:49:15ID:QyYzYwYzTM
こんな個人的な意見の記事を更新する必要はあるの?
なんの参考にもならないんだけどな
#48 匿名さん2018/11/25(Sun)13:46:57ID:lhOWYwODzN
47
なんか、こいつウゼぇ。

名前(任意)
コメント

過去記事(2012/08/29)

車でディズニーランドまでドライブ、駐車場と注意するポイント

都心からディズニーランドへのルートは2つ

都心からディズニーランドまで、高速を利用してはじめて車で行く方のために、行き方や事前情報などを簡単にご紹介しましょう。

高速を利用する場合、もっともスタンダードな行き方は、浦安ランプを利用する行き方です。浦安JCT経由でディズニーランドの駐車場まで行きます。高速を降りたら看板が出ていますので、その看板にそって車を走らせればたどり着きます。ただ、浦安ランプを利用する場合、一度道を間違えてしまうとずいぶんと遠回りになってしまい、時間がかかってしまうので間違えないように気を付けましょう。特に初めて車で行く方は十分注意しましょう。

もうひとつは、葛西ランプを利用するルートです。このルートは最短ルートでもあるのでおすすめといえばおすすめですが、渋滞に巻き込まれる可能性も高いです。渋滞にさえ巻き込まれなければ、ベストかもしれません。高速を降りたら国道357号線に合流するので、そのまま進み、舞浜大橋を渡ったら看板が見えてきます。

ディズニーランドの駐車場は一日2000円

どちらにしても、はじめて車を利用してディズニーランドに行く方は事前にいろいろな情報を入手しておくことをおすすめします。たとえば、降りてから道に迷わないように道順をチェックしておいたり、駐車場の込み具合もチェックしておくと安心ですね。
東京ディスにーランド交通情報テレフォンサービスという24時間のサービスがあり、当日の駐車場の混み具合や周辺の道路状況などを教えてくれるので利用するといいですね。
ちなみに、ディズニーランドの駐車場は、約8000台を収容可能なくらい巨大で、満車になることはめったにないかもしれません。利用料金は一日2000円です。

過去記事(2012/08/24)

フィットハイブリッドで行く京都旅行が私の贅沢、高速を快適ドライブ

コンパクトカーなら京都の路地もスイスイ走れる

私は京都が大好きで、年に4、5回は旅行で京都を訪れています。ドライブが好きなので、京都までの交通手段にはいつもフィットハイブリッドを利用しています。京都に行くときはいつも朝6時か7時ごろに家を出て、高速を使ってドライブを楽しみながら行きます。自宅のある名古屋から京都までは、車で約2時間くらい。距離にして約150キロくらいです。いつも日帰りでプチ京都旅行を楽しんでいます。

私はアートが大好きで、美術館や博物館を巡るのが趣味。また、京都の寺院巡りもとても好きです。だから京都に行くときには、たいていアートめぐりの旅になりますね。さすが古都京都、市内にはとてもたくさんの美術館や博物館があります。いろいろなところを見て廻っていたらとても時間が足りません。京都ってとにかく見どころが多いんですよね。そこがほんとうに魅力的。

駐車場の充実した平安神宮界隈は、京都ドライブに最適

私が気に入っているのは、岡崎界隈です。京都市立美術館をはじめ、さまざまな美術館がありますよ。地下駐車場は広いですが、駐車場待ちの車が列を作っていることもあります。こういう時、アイドリングストップしてくれるとエコカーに乗ってる実感があります。

また、このあたりには南禅寺や平安神宮もあります。京都では指折りのカルチャースポットなので、アート好きな方にはとてもおすすめなエリアですよ。見てまわるスポットばかりでなく、このあたりにはおしゃれなカフェなどもたくさん点在しているんです。私もよくランチを食べたり、ちょっとカフェでお茶したりします。私の場合は主にアートですが、もちろん他にも京都旅行の楽しみ方はたくさんあると思います。

京都旅行は私にとってプチ贅沢でもあり、最高の癒し時間。帰りの高速の車の中でも、好きな音楽を聴いたりして京都の余韻に浸っています。ドライブをしている時間もまた私にとっては癒しの時間。ああ、また京都のドライブ旅、行きたくなってきました。

過去記事(2012/08/24)

プリウスαで大分の由布院温泉まで家族で小旅行

トランクスペースの広いプリウスαはファミリーでの温泉旅行にぴったり

温泉が好き、ドライブが好き、そして美味しいものが好きの私。車でドライブを楽しみながら温泉でのんびりして、美味しいものを食べて帰る、そんなプチ温泉旅行が大好きです。日帰りのときもあれば、温泉宿に一泊してのんびりゆったり、贅沢なプチ旅をすることもあります。心も体もリラックスできて最高です。

先日は、プリウスαに乗って家族で一泊二日の温泉旅行に行ってきました。今回行ったのは大分の由布院温泉。由布院の町は由布岳のふもとの盆地に広がる小さな町ですが、とても人気のある温泉地で私も大ファンです。湯布院ICから由布院の町の中心までのアクセスはとても便利で約8分で行くことが出来ました。

この日はとてもいいお天気でまさに最高のドライブ日和。窓を開けると気持ちいい自然の風を感じることができて、最高でした。時々景色のきれいなスポットで車を停め、景色を楽しんだり写真を撮ったりして過ごしました。やっぱり思い思いの旅ができるから、ドライブっていいですね。やはり電車やバスなどの公共交通機関よりも車での移動の方が便利だし、何かと助かります。

気候のいい秋ならもっとエコドライブに

自動車で温泉旅行に行くとしたら、秋が一番おすすめですね。たいていの温泉地は自然が豊かなところにあるので、素晴らしい紅葉の景色も楽しめますよね。それに秋は食べ物もおいしい季節。冬の温泉地も風情があって素敵ですが、冬の時期は、温泉のある山のふもとでは雪が積もったり、途中の道路が氷結してしまったりすることも多いので、事前に十分な情報を得てから行ったほうがいいですね。

愛車のプリウスαのドライブ、今度はどこに温泉旅行に行こうかと今から楽しみにしています。

過去記事(2012/08/22)

海外旅行で車を使ったプランを楽しむのには?レンタカーの年齢制限

海外旅行で自動車をレンタルしてドライブしたい

海外旅行先でレンタカーを借りてドライブを楽しむのって、なんか憧れます。
もちろん、ツアー旅行に参加して、観光バスなどで有名スポットに連れていってもらうのも楽だし安心だしそれなりに楽しいと思います。でも何度もツアー旅行を経験していると、そのうちいつか、ツアーではなくて自由に旅行を楽しんでみたいなあと思うようになる人もいるんじゃないでしょうか。

実は私もそのひとりです。海外旅行が大好きで年に一度はどこかへ出かけるのですが、いつもツアーを利用しています。そのたびに、ああ、自分で自由に計画して旅を楽しめたら素敵だろうなと思ってしまいます。

だから、今、ひそかにレンタカーでの海外旅行を計画中なんですよ。といっても今すぐというわけではなく、いろいろなことを調べて、念入りに計画を練ってから行こうと思っています。

行き先はやっぱりアメリカかな。
今のところ。ヨーロッパだと鉄道の旅が似合いますが、アメリカだとやっぱりなんといっても車の旅が似合いますよね。広大な大地をドライブするのは憧れます。

何週間もかけてアメリカ大陸横断の旅をしてみたいなあ。

アメリカで自動車を借りるには25歳以上から、自動車保険も忘れずに

ちょっとだけ調べたんですけど、海外でレンタカーを借りるには、日本の免許証のほかに国際運転免許証が必要なんですね。

あと、車を借りるには年齢制限があって、一般的には25歳以上なんだそうです。

でも国や条件によっては21歳以上のところもあるそうです。
もしレンタカーを借りる場合は日本で予約してから行ったほうが安心ですね。

あと保険は必須ですね。
大手だと、万が一事故などを起こした場合でも、24時間のサービスもあるし、なにかと安心でしょうね。
私もそのうちきっと、念願のドライブを楽しみながらの海外旅行を実現したいと思っています。

過去記事(2012/08/20)

自動車を運転しながらできるドライブ英語勉強法を紹介

運転席では安全運転が第一、難しい英語を聴きこむのは向かない

ドライブ中の英会話レッスンはいかがですか?

毎日車で会社に通勤している私ですが、いつも英会話のCDをかけて聴いています。
普段は仕事が忙しくてなかなかスクールに通う時間を作ることができない私。ある日突然、あっ、車の中で聴けばいいんだと思いつき、その日以来、毎日聴いています。
これがなかなかおすすめの学習法ですよ。
とはいっても、なんといっても運転中。いくら勉強するといっても、集中して難しい英語を聴き込んだり、単語を覚えたりといったような頭を使うような勉強はできないですよね。
そんなことしていたら運転が危ないです。

だから、車の中ではとにかく聞き流すようなCDがおすすめです。
なにも教材に高いお金を費やす必要はないと思います。
私は、気に入った英語のラジオを録音しておいて何度も繰り返し聴いたり、好きな洋楽をかけたりしています。

車の中はシャドーイングという英語練習法が効果的

私が今はまっているのは、シャドーイングという学習法。
これは聞こえてくる英会話をそのまま真似して口に出すというものです。
英語の意味がわかっていなくても、聞き取れていなくても、もごもごでいいんですよ。
とにかく口に出してまねてみる。
ぼんやりとでもいいから、気楽に口に出してみるんです。

車の中だから誰もいないし、人目も気にしなくてすむからいいですね。
何か月もつづけているうちに自然にスピードに口が慣れてきて、今では楽しくて仕方ありません。
休みの日のドライブのときにもCDを聴いているほど。知らないうちに英語のリスニング力も強化されているし、スピーキング力も伸びてきているような…。まだまだですけど。
ただ、英語を聴くときはあくまでも集中しすぎないように安全運転を心がけましょう。

過去記事(2012/08/15)

自動車関連株で注目したい銘柄、株価の動き

自動車関連株はトヨタ、日産はエコカー補助金効果もあり堅調

自動車関連株は、電気関連株と同様に輸出銘柄であり、米国やヨーロッパへの輸出が収益に大きく依存します。そのために、自社の売り上げよりも市場変動に大きく左右され、特に円高・ドル安またはユーロ安になるとその分だけ株価が下降する傾向にあります。株価の変動具合も大きく、ベータ値は1を超え、市場全体の変動よりも大きく値が動くのが特徴です。2012年初めからの上昇率は、日本の東北大震災の影響で春先の大きな変動があった後に、欧州経済懸念の市場への影響が一段落した2012年8月末現在、日経平均株価と自動車関連株は共に8%台と横並びになり、やや落ち着いた印象があります。

そんな中で各社の株価の動きを見てみると、好調なのはトヨタです。トヨタは系列会社も軒並み4-6月期決算で安定して好成績を残しており、ユーロ安などで下げたことがあるものの、他社と比較すると上昇率は大きいと言えます。プリウスやアクアがエコカー補助金の効果か制度が終了した後でも順調に売り上げを伸ばしていることが一因と言えそうです。

日産自動車の株価は、トヨタに続いて上昇しています。その要因としては、中国内陸部を開拓するヴェヌーシア、東南アジア向けとして復活したダットサンなど地域密着に基づいた明確な戦略への評価が定着し、投資家の期待を集めていることが挙げられます。

ホンダの株価は出遅れているが今後の成長に期待したい

これら2社に比較すると、出遅れた感が否めないのがホンダの株価です。ヨーロッパでの販売不振に加えて、インドに投入したブリオの苦戦などから、4-6月期の決算直後には大幅に値を下げました。投資家は米国秋に発売される新型アコードの成功の可否を注視しているとも言われています。
ホンダの国内向け車種に目を向けると、新型軽自動車のN BOXの販売には好感が持てます。グローバル車種を縮小する一方で国内向け軽自動車へ重心をシフトする方針は、円高ゆえの効果的なディフェンシブ戦略とも考えられ、下値リスクの低い投資対象として注目したいです。

過去記事(2012/08/12)

自動車購入前にはマンション駐車場に収容できるサイズの確認を

車種選びは、駐車場選びから始まっている

都市部で自家用車を保つ場合、大きな問題の一つとなるのが駐車場です。マンションは、限られた面積に多くの人が住むことができるので、狭い日本では特に都市部に非常に多い物件です。しかし多くの住人を抱えるということは、同時にそれだけ多くの車を収納できる駐車場が必要になるということでもあります。ここでは、マンションにおけるパーキングの種類を、各々のメリットやデメリットと共に紹介しましょう。

まず最も一般的なパーキングは、「平面式駐車場」です。単にマンションの地階や一階部分などの平面敷地を区画分けし、パーキングスペースとして使っているものです。後述する機械式パーキングとは違って、面倒な機械操作などなく平易でスムーズな入出庫ができるのがメリットです。また車両の重量制限はない場合は多く、車の全長・全高・全幅に関する制限も他のタイプに比べると緩いことが多いです。こういった駐車場を確保できるなら、アルファードやエルグランドといった大型ミニバンを所有することも夢ではありません。

逆にデメリットとして、スペースの数に限りがあるため、全戸数分のスペースを確保することが難しいことが挙げられます。建物の数階部分を平面式のようにして使う「自走式立体駐車場」ではスペース数がより多く確保されます。月極駐車場相場が高くなることが多いです。

タワーパーキングは全長、全幅、全高の制限が厳しいのがデメリット

また「機械式立体駐車場」では、多くの車を収納できるのが一番のメリットです。上下段式・縦横式・タワー式など細かく分けるといくつかの種類がありますが、基本的には機械を操作して必要な車両のみを出庫します。月極駐車場相場も比較的安くなります。
デメリットとして、機械操作の時間がどうしてもかかってしまうことと、トラブル時には出庫することができません。そして、車の全長・全高・全幅に関する制限が厳しく設けられていることが挙げられます。特に、全高に関する制限は要注意です。ミニバンと呼ばれる国産車のほとんどが選択肢から外れることになります。全高155cm以下に抑えられたオデッセイやストリームのようなミニバン車種もありますが、その分室内が狭くなってしまうため、あまり人気はありません。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先