トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツの特徴

自動車関連記事

トヨタ

プリウスPHV
最も故障しないメーカーとして評価されてきたが最近はどうであろうか。過剰品質とまで言われた耐久性をやや見直したとの噂もあるが、それでも国内ディーラーでの良好な営業、アフターサポート体制は継続されており、やはりユーザーの体感としては、不具合を気にする確率が最も少ないメーカーだろう。リセールバリューも高い。

国内市場においては圧倒的シェアを背景に同市場の嗜好をも左右する存在である。2代目プリウスでの大成功を契機に、日本市場においてはハイブリッドでなければ売れないという特殊な空気まで生み出した。

近年ではG’sあるいはGRといったスポーツ指向のモデルにも力を入れ、クルマ離れが進んだ日本市場の盛り返しを図る。ただし、86はスバル製、新型スープラはBMW製と、台数の出にくいスポーツモデルは提携他社頼み。
[トヨタ自動車]

日産

セレナ e-POWER
ゴーン解任以降の経営体制が気になるところであるが、いずれはルノーと関係を断ち切るのでは、と予想する。これにより、理不尽な高配当体質から脱却し、技術開発にしっかりとした予算を配分する、真っ当な自動車メーカーになることを期待する。

国内向けモデルが充実するのではという期待もあるが、いまさら内向きに舵を切ったところで、縮小市場では大きな利益は望めない。

従来から得意とするのは北米市場で、近年の中国市場での競争においては日系ブランドで唯一の勝ち組。欧州での販売規模も大きい。アジアで強い三菱自動車と協力し、さらにグローバル化を進めるのがブランド存続の道筋ではないだろうか。
[日産自動車]

ホンダ

シビックタイプR ジュネーブ
N-BOXの販売が大成功を収めてから以降は、登録車での目立った活躍が少ない。登録車から軽自動車へダウンサイズが進んだ功罪をホンダに問う論評もあるが、これはホンダが仕掛けたというよりも、ホンダの市場の読みが鋭く、さらに商品作りも売り方も上手かったに過ぎないのではないか。

なるべくならクルマの道具化は進まないほうが、自動車業界としては好都合で、高付加価値な車種が売れたほうが有り難い。そんななかフラグシップにNSXを置き、海外向けシビックとCR-Vの新型を国内導入させた意義は大きい。自動運転レベル2を実現するホンダセンシングも評判が良い。

車両価格が上昇傾向にあるのが気になるところ。ただ、EVの普及や新興国の工業化が進むなか、将来的に日系ブランドが普及価格帯車種でのシェアを落としていくのは必然的である。ハイブランドを目指すのは自然な流れだろう。
[本田技研工業]

マツダ

CX-5
近年は、日本市場向け商品から見切りをつけ、海外に向けた展開が目立つ。なかでも欧州市場を意識した車作りが特徴的で、高速域におけるしっかりとしたハンドリング性能によりファンから支持を得てきた。

パワートレインではSKYACTIV-Dのクリーンディーゼルが好評で、コストパフォーマンスと環境性能で他社ディーゼルエンジンを上回っている。逆に弱点はEVやハイブリッドといった電動化技術となるが、これもトヨタとの提携によりカバーされるだろう。

CX-5以降は、SUVセグメントでの活躍が目立っており、次なる目標として北米での販売拡大が掲げられている。

ただし、マツダも燃費・排ガス不正を行っていたメーカーとしてリストアップされており、そこはネガティブ要素である。
[マツダ]

三菱自動車

エクリプスクロス
国内市場においては、かつてのリコール隠しから近年の燃費不正問題と不祥事が続き、マイナスイメージが払拭しきれていない。それでもグローバルで根強い人気のパジェロを筆頭とするSUVラインアップの強化で復活を目指す。国内向けには、軽自動車の開発生産能力があることが強みである。

ルノー・日産・三菱アライアンスの一つではあるが、日産から直接的支援を受けている以上、今後も日産に追従するほか道はない。
[三菱自動車]

スバル

インプレッサ
トヨタとの提携以降は、水平対向エンジン搭載車に生産モデルを絞り込んでいる。水平対向エンジン、AWDシステムに加えてアイサイトが近年の技術的トピックであり、特に米国市場からの支持を得ることに成功している。近年ではスバルグローバルプラットフォーム(SGP)の導入により、ボトムラインのインプレッサから高水準なクルマづくりを実現している。

技術志向で誠実なイメージが強いスバルであるが、ここでも不正問題が明るみに出ており、無資格者による検査、燃費・排ガスのデータ改ざん、ブレーキ検査の不正と一通りこなしている。
[スバル]

スズキ

スズキ アルトワークス
こちらも燃費・排ガス検査で大規模な不正が発覚しているが、国内軽自動車セグメントにおいては堅調な販売状況が続いている。19年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたジムニーが多くのオーダーを抱えており生産が追いつかない状況。近年ではSUVテイストのハスラーがヒットモデルであった。軽自動車向けハイブリッドシステムを他社に先行して導入しているのも注目すべきポイントである。ただし、アルト、ワゴンR、スペーシアといった定番車種では、ライバルメーカーとの販売競争に必ずしも勝っているわけではない。

海外ではインドでの販売シェア獲得に成功しており、今後の同市場におけるモータリゼーションの進行で大きな利益を得ることが期待される。
[スズキ]

ダイハツ

タント カスタム オートメッセ2018
国内ではスズキよりも軽自動車イメージが強いブランドで、特にタントの成功が顕著である。他の軽自動車モデルはスズキを後追いしたデザインやコンセプトが多いと感じるが、それでも独自色を出し、販売台数としての結果はしっかり出している。

トヨタグループの一社として、登録車クラスのエンジンや完成車体の生産もいくらか請け負っており、特に2016年の完全子会社以降は、この流れを強めている。海外では、インドネシア、マレーシアを中心とする東南アジア市場で強い。
[ダイハツ]

タイトルとURLをコピーしました