car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

BMW X7シリーズとして、フラグシップSUVを2018年に発売予定

BMWはConcept X7 iPerformanceを本日プレスデーを迎えたフランクフルトモーターショー2017で発表した。

(写真は新型Concept X7 iPerformance)
BMW X7コンセプト

BMWは、Xのイニシャルで始まるSUVモデルおよびクーペSUVモデルとして、X1、X3、X4、X5、X6の各シリーズを現在ラインアップ。そのさらに上位に置かれるフラグシップSUVとして、X7シリーズの新設が予告された。

BMW X7コンセプト リアコンビネーションランプ

BMW Concept X7 iPerformanceのキドニーグリルはSUVらしい迫力、ヘッドランプはクールに

新型Concept X7 iPerformanceでは、BMWの新しいトレードマークとして他モデルへの展開が予想される、次世代型キドニーグリルが採用され大きな注目を集めた。キドニーグリルは縦方向に大きく伸ばされ、フロントからの印象はフラグシップSUVらしい迫力に溢れている。

BMW X7コンセプト フロントグリル

一方でヘッドランプは非常に細くなり、拡大したキドニーグリルとは対照的となった。ヘッドランプを起点とする水平方向のラインは強調され、これがドアハンドルとリアコンビネーションランプのラインへと続く。このあたりの造形からはクールで上質なイメージが演出されている。

X7 concept

パワートレインはiPerformanceということでプラグインハイブリッドが採用されることになる。

BMW X7 concept

このサイズのクロスオーバーSUVとしては標準的な構成の3列シートが採用された。2列目シートはキャプテンシートというよりも1列目と同じものが使われているが、まだ完成形には見えなかった。このあたりは市販モデルでは少し変わってくるかもしれない。

X7の市販化は2018年には実現される予定となっている。

#1 匿名さん2017/09/13(Wed)11:33:24
高級車なのに品格を感じられない‥
スピンドルグリルといい、こういうの流行ってるのかな
#2 兄より優れた2017/09/13(Wed)20:20:21
ジャギにしか見えない。
#3 匿名さん2017/09/14(Thu)14:54:44
※1
品格なんてのは名前とエンブレムにだけ付いてりゃいいのよ。
#4 匿名さん2017/09/19(Tue)17:24:10
LEXUSがこの世の中で一番いい。
#5 匿名さん2017/09/27(Wed)00:53:21
パチもん中華ロールスロイス
#6 南 祐斗2019/09/07(Sat)09:25:49ID:IxODhhZmjN
BMW i8 が 来年4月 生産終了 と なります
6年間でした
#7 匿名さん2019/09/07(Sat)18:34:36ID:I1NDE0NDjN
日本車の永遠の目標。
トヨタ自動車の指南役。
駆け抜けるよろこび。

いつか必ず、背中が見える距離まで追いついてみせる!
#8 匿名さん2019/09/08(Sun)10:42:42ID:EwMTg0ZGTZ
此れは酷い

名前(任意)
コメント
2シリーズ/4シリーズ/x4

過去記事(2017/03/24)

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

新型5シリーズツーリングが車体公開、先代モデルからサイズアップかつ軽量化

ジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアとなったBMW 新型5シリーズ ツーリングの画像を紹介したい。

(写真はBMW新型5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017)
5シリーズ ツーリング

BMWは5シリーズのフルモデルチェンジ時期に入っており、7代目モデルに切り替わりつつある。先行してセダンが昨年2016年10月に発表され、既に日本市場向けたセールスもスタートしている。そして、今回のジュネーブでは新型5シリーズ ツーリングがモーターショーデビューとなり完成車体が公開された。

BMW 5シリーズ ツーリング ジュネーブモーターショー2017 5シリーズ ツーリング リアコンビネーションランプ

新型5シリーズツーリングは自動運転技術装備、Mパフォーマンスパーツ車も公開

新型5シリーズ ツーリングのボディサイズは全長4943mm×全幅1868mm×全高1498mmとなる。先代モデル比では全長で28mmなど僅かに拡大しているが、それでも最大100kgの軽量化を受けている。

BMW 5シリーズ ツーリング フロントグリル

フロントデザインは、キドニーグリルとヘッドランプが一体化されており、7代目5シリーズの特徴となっている。鋭いヘッドランプの眼つきは先代モデル譲りで、大柄なワゴン車ながらもスポーティーな印象に仕上げられている。

BMW 5シリーズ ツーリング BMW 5シリーズ ツーリング リアコンビネーションランプ

フロントフェンダーに置かれたエアアウトレットも7代目5シリーズのアクセントとなる。

BMW 5シリーズ ツーリング インテリア BMW 5シリーズ ツーリング シート

ラゲッジ容量は通常時で570L。リアシートは40:20:40の分割可倒式となっており、ラゲッジ容量は最大で1700Lまで拡大する。

BMW 5シリーズ ツーリング トランクルーム BMW 5シリーズ ツーリング リアシート

(写真は新型5シリーズ ツーリング、Mパフォーマンスパーツ装備車)
BMW 5シリーズ ツーリング ジュネーブ BMW 5シリーズ ツーリング ジュネーブ リアコンビネーションランプ

先進装備では自動運転技術のドライバーアシスタントシステムも魅力の一つ。高速道路における単車線の自動運転機能が備わる。

過去記事(2016/10/07)

X2コンセプトがワールドプレミア、BMWが新型のコンパクトクーペSUVを提案

BMW X2コンセプト、X1がベースのコンパクトなスポーティークーペSUV

パリモーターショー2016が10月1日から16日の日程で開催中となっている。そんななかBMWは、クーペスタイルのコンパクトクロスオーバーSUVとしてX2コンセプトをワールドプレミアさせた。

(写真はX2コンセプト)
BMW X2 コンセプト

BMWのクロスオーバーラインアップはX1、X3、X4、X5、X6とラインアップされ、なかでも偶数番号であるX4およびX6は、X3およびX5をベースにしたクーペSUVのモデルとなっている。今回発表されたX2コンセプトもこの命名法に則り、X1をベースとしたクーペSUVという位置づけになる。

BMW X2 コンセプト パリモーターショー2016

やはりベースにあるのがX1であるから、プラットフォームはエンジン横置きのFFベースとなる。これはMINIとも共通化されることになる。近年のBMWでは2シリーズの例にもあるようにFFプラットフォームを積極的に導入してきた。往年のBMWファンからすれば、このような車種は眼中に無いのかもしれないが、コンパクトクラスでは1シリーズのFRが今後も継続される可能性が高いと考えられている。

BMW X2 コンセプト リアコンビネーションランプ BMW X2 コンセプト マフラー

BMW X2シリーズとしての市販モデル公開は2017年頃を予想、1年後フランクフルトに期待

BMW X2コンセプトはクーペスタイルながらも、X4やX6と比較してルーフ後半の傾斜は穏やか。元々コンパクトなX1がベースであるから、ある程度の後席居住性を確保しようとすると、どうしてもルーフの下がり方は限定的となる。まだコンセプト段階ということでドアハンドルが付いていないが、リアドアの存在も確認され、4ドアクーペなるスタイルであることがわかる。

BMW X2 コンセプト フロントグリル

フロントでは、X1と比較してシャープになったヘッドランプと僅かに大きくなったキドニーグリルが存在感を強めている。

(写真は現行X1)
BMW X1 sDrive18d BMW X1

開発段階のX2と思われるテスト車両が多く目撃されていることから、市販化は間違いないモデル。今後のスケジュールを予想すると、まずは2017年に市販型のワールドプレミアが想定される。クロスオーバーSUVながらもコンパクトなモデルであるから北米よりも欧州がメイン市場となるはずで、2017年秋のフランクフルトモーターショーあたりでの発表が期待される。その後、日本発売は2018年に入ってからというタイミングが妥当ではないだろうか。

過去記事(2014/10/10)

BMW新型X6シリーズがパリモーターショー2014に出展、日本導入モデル

BMW X6パリモーターショー2014画像、新型SUVクーペモデルが公開

BMWではX6シリーズが2014年6月にフルモデルチェンジ発表されていたが、その完成車体が開催中のパリモーターショー2014で公開された。

BMW X6 新型

X6シリーズはSUVのX5をベースに開発されたモデル。SUVのように高く取られた最低地上高とクーペのような低くスポーティーなルーフラインを持つ独特のスタイルが特徴となっている。こういったボディスタイルのプレミアムカーはポルシェカイエンがマーケットを開拓してきた感がある。X6はそのカイエンよりもさらに低くなだらかなルーフラインが与えられており、カテゴリから逸脱したデザイン性溢れる外観に仕上げられている。

BMW X6すでに日本仕様の予約受付が始まっている、価格は税込898万円から

新型X6のボディサイズは全長4925mm×全幅1990mm×全高1700mm。

新型BMW X6 新型BMW X6 SUVクーペ

先代X6と比較すれば全長は45mm伸びたなど拡大の傾向にあるが、基本的には先代モデルのサイズ感が維持された。

BMW X6 ヘッドライト

フロントデザインはいかにも最新のBMW顔といった仕上がりで、クーペの繊細さよりもSUV寄りの迫力勝る雰囲気は先代モデルを踏襲している。ヘッドライトは目尻のデザインを新しくすることで表情を変えてきた。

BMW X6 リアコンビネーションランプ

日本仕様は、X6 xDrive35iとして最高出力306hp、最大トルク400Nmの直6 3.0Lのツインスクロールターボの搭載。X6 xDrive50iは最高出力450hp、最大トルク650NmのV8 4.4Lのツインパワーターボが搭載される見込み。既に予約受付がスタートしており、2014年12月頃からデリバリーが開始されるだろう。

過去記事(2014/06/02)

BMW i8の日本発売は2014年夏、1917万円の次世代ハイブリッドスポーツカー

BMW i8は1.5Lハイブリッドエンジン搭載の環境性能を重視したスポーツカー

BMW新型i8の日本市場へのデリバリーが2014年夏頃に予定されている。

(写真はBMW i8、東京モーターショー2013)
BMW i8 東京モーターショー2013

BMWの新型i8は、昨年のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされたスポーツハイブリッドカー。既に日本市場に向けても東京モーターショー2013での出展があり、価格発表もされていた。

BMW i8 リアコンビネーションランプ

メインユニットは3気筒 1.5Lのガソリンターボエンジンがリアミッドシップに搭載される。そのパフォーマンスは最高出力231ps、最大トルク32.6kgmとなりリアドライブを担う。これに、フロントドライブとして最高出力131ps、最大トルク25.5kgmのモーターが加わったハイブリッドシステムとなる。トランスミッションは6ATの採用だ。

BMW i8 frankfurt 2013 BMW i8 roof

リチウムイオンバッテリーは車体中央に配置され、外部電源からの充電も可能としたプラグインハイブリッド方式が採用されている。

BMW i8日本仕様の高過ぎる車両価格

BMW i8のボディサイズは全長4689mm×全幅1942mm×全高1293mm、ホイールベースは2800mm。カーボン製の基本骨格によって車体重量1485kgという軽量ボディを実現している。0-100km/h加速は4.4秒を誇る。

BMW i8 white BMW 新型 i8

前後重量配分は50:50。4人乗り仕様ではあるがリアシートは小さい。

BMW i8 キドニーグリル

BMWのシンボルでもあるキドニーグリルの穴の部分は閉じられており、エアインテークの役割は与えられていない。

BMW i8 プラグインハイブリッド

さて、新型i8日本仕様の車体価格は1917万円に設定されているのだが、これが随分と割高な印象を受けている。他市場での価格と比較してみると、米国が13万5925ドル(日本円換算1382万円)、英国が9万9845ポンド(1702万円)、ドイツが12万6000ユーロ(1747万円)となっている。

過去記事(2014/05/06)

BMWが9シリーズの発売を2016年に計画、VISION FUTURE LUXURYが中国発表

BMWが9シリーズを予告するコンセプトカー、ヴィジョン フューチャー ラグジュアリー

BMWが現行フラグシップである7シリーズのさらに上級にポジショニングされる新型セダン 9シリーズの開発を進めているという噂があったが、その進捗を裏付けるコンセプトモデルが先月4月に開催された北京モーターショー2014でワールドプレミアされた。

(写真はヴィジョン フューチャー ラグジュアリー、北京モーターショー2014)
BMW 9シリーズ

このBMW VISION FUTURE LUXURY(ヴィジョン フューチャー ラグジュアリー)と名付けられたコンセプトカーは、将来は9シリーズとしてBMWのフラグシップとなるモデル。ドイツ3大プレミアムブランドの中でも、BMWは比較的スポーティなイメージの強いブランドと考えるが、世界最大とも言われる中国の自動車市場では、ラグジュアリー路線での市場開拓も目論んでいることを宣言するモデルとなった。

BMW9シリーズは、ロールスロイス次期ファントムのプラットフォームと共用

9シリーズのプラットフォームはBMW傘下の高級ブランドでもあるロールスロイスの次期ファントムと共用される。

BMW 9シリーズ コンセプト

キドニーグリルの左右に配置されるヘッドライトはBMWの現行ラインアップにはない新デザインが採用された。

BMW 9シリーズ ヘッドライト

リアビューは、薄く横に長いリアコンビネーションランプが特徴的である。ボトムのエグゾーストの他に左右両サイドのエアアウトテークがアクセントとなっている。

BMW 9シリーズ リアコンビネーションランプ

サイドのドアは観音開きとなっているが、これはショーモデルのみと考える。

BMW 9シリーズ 内装

センターコンソールは前席後席を貫く大型のもので、これが構造体としても十二分に機能を発揮することを想像させる。やはり大型のラグジュアリーカーとは言え、BMWが作るとなるとスポーティな走行に耐えうるボディ剛性が求められるだろう。

BMW 9シリーズ コンセプト シート

フロントシートヘッドレスト下には後席用のモニターも設置されている。

過去記事(2012/09/05)

BMW・アクティブハイブリッド5はコストパフォーマンスの高い上級HVセダン

アクティブハイブリッド5に採用されるのは直6 3.0Lハイブリッド

BMWのハイブリッド車としてはこれまで7シリーズとX6が先行してラインアップされていた。これらに続くハイブリッド車として5シリーズに追加されたのが、アクティブハイブリッド5である。
アクティブハイブリッド5
ただしハイブリッドシステムは、従来のBMWのものとは異なっており、初めて直列6気筒3.0Lのエンジンに電気モーターを組み合わせた仕様となっている。このアクティブハイブリッド5に搭載されたエンジンは535iと同じ直噴ツイン・スクロール・ターボを採用しており、306psというエンジンだけでも非常にパワフルな仕様である。さらに電気モーターと組み合わせることによって、システムトータルでは340psを実現している。

アクティブハイブリッド5は多くのハイブリッド車と同様、発進時には電気モーターのみが使われる。バッテリー残量が十分であれば、電気モーターだけで時速60kmまでは走ることができる。さらに加速していくとエンジンが始動していくが、このときの振動や騒音は非常によく抑えられていてBMWの研究の成果と技術の高さがうかがえる。アクティブハイブリッド5で何より注目すべきは、パワフルなエンジンだからこそ可能になるBMWならではの滑らかで力強い加速と走り心地であろう。ハイブリッド車であってもBMW独特の走り心地を実現しなければ顧客は満足しないことを彼らはよく承知しているようだ。
activehybrid5

Mスポーツを追加、低価格設定がアクティブハイブリッド5の凄み

アクティブハイブリッド5の興味深い点といえば、ガソリン車である535iとの比較だ。重量が535iに比べて大きくなってしまうのは致し方ないが、燃費はカタログの値で約13.6km/リットルと30%以上の低燃費を実現した。そして、驚くべきは価格設定だ。通常ハイブリッド車は同タイプのガソリン車と比較して100万円は値が上がるが、アクティブハイブリッド5の日本での価格設定は850万円と535iよりわずか10万円高いだけなのである。

さらに、2012年8月29日には、Mスポーツパッケージを追加設定しており、その価格は37万円。こちらも人気オプションパッケージとなりそうだ。

過去記事(2012/08/27)

アクティブハイブリッド3はV6 3.0Lハイブリッド搭載で車両価格699万円から

BMW・アクティブハイブリッド3の納車が9月より始まる

2012年7月より受注開始となっていたBMWのアクティブハイブリッド3が、9月から順次納車される予定である。

アクティブハイブリッド3は、BMWのコンパクトスポーツセダン「3シリーズ セダン」のハイブリッド版ということになる。トータル340psを発揮するV6 3.0Lのハイブリッドユニットとリチウムイオンバッテリーの搭載というハイパフォーマンスな仕様にも関わらず、その車両価格はエントリーモデルで699万円から、標準モデルでも719万円からというバーゲンプライスが設定されており人気を呼んでいる。

これまでBMWは、7、X6、5とハイブリッドモデルを投入してきたが、アクティブハイブリッド3はこれらに続くハイブリッドエンジン採用車ということになる。
アクティブハイブリッド3
アクティブハイブリッド3は、75km/hまでのモーター走行が可能であり、さらに統合車体制御システム「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」を装備している。「ECO PRO」を選択すれば、アクセル・オフでクラッチを切り離し、エンジンを停止させたまま80km/h以上で走行することが可能だ。

エクステリアデザインは、BMW特有の精悍なマスクとサイドラインが非常にマッチしており、テールの重厚な趣も印象的だ。インテリアは視認性の高いメーター類と操作しやすいパネルが一体化したものになっている。

アクティブハイブリッド3は、ベースとなった3シリーズのセダン同様、「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」がラインアップされる。ボディカラーは6色用意されており、Mスポーツであれば専用カラーの「エストリル・ブルー」が特に人気が高いという。
アクティブハイブリッド3 北京2012

アクティブハイブリッド3のオプション設定も充実

また、アクティブハイブリッド3には、専用のエアロパーツや足回りのホイールが充実しており、オプションでダンピング特性を自動制御する「アダプティブMサスペンション」の設定が用意されている。さらに、Mスポーツ用としては、BMW Individualのハイグロス・シャドーライン、スポーツシート、Mスポーツ・ステアリングがグレードアップパーツとして楽しむことができる。

過去記事(2012/04/06)

BMW X5のディーゼル版、xDRIVE35dが日本導入

BMWのSUV、X5にディーゼルエンジンモデルが追加

BMW X5のクリーンディーゼル搭載モデルとしてxDRIVE35dが日本市場に導入される。ボディサイズは、全長4860mm×全幅1935mm×全高1775mm、ホイールベース2935mm、車両重量2220kgと、日本では、どちらかといえば大型の部類に入るSUV車である。
ガソリンエンジンモデルは、2007年から2代目X5として、日本でも販売が行われている。2010年には改変を受け、V8 4.4LターボのxDrive50iと、直6 3.0LターボのxDrive35iの2タイプのガソリンエンジンモデルがラインアップしている。

BMW X5のディーゼルエンジンモデルは燃費が良い

BMW X5
今回導入されるクリーンディーゼル版のX5 xDRIVE35dには、直6 3.0Lにターボが付いたディーゼルユニットが搭載される。コモンレール式の高圧直噴を採用することで最新の排出ガス規制に対応。また、可変ジオメトリーターボを採用し、過給圧を繊細にコントロールしている。また、トランスミッションとしてはガソリンエンジンモデルと同じ8ATが採用されている。
これら最新のクリーンディーゼルテクノロジーを採用している効果もあり、JC08モード燃費は11.0km/Lとなっている。このカタログ燃費は、X5の大柄なボディを考えればかなり優秀。従来のディーゼルエンジンは、市街地走行の燃費性能は不得意とされてきたが、xDRIVE35dでは実用燃費9km/L前後でやりこなす。高速巡航では14km/Lという数字も出ている。さらに燃料は軽油であるから、ハイオクガソリンよりも20%程度安い。このクラスの高級SUV車が、標準的な2.0L車とさほど変わらない燃料費で済むというのは意外だ。
もちろんディーゼルエンジンならではのトルクフルな走りも楽しめる。最大トルクは55.1kgmを発揮し、0→100km/hタイムは7.6秒を誇る。

そんなBMW X5 xDRIVE35d ブルーパフォーマンスの車体価格は839万円。
最新のクリーンディーゼルの採用ということで、エコカー補助金とエコカー減税対象車にもなっている。

過去記事(2011/04/02)

新型BMW X3がデビュー(口コミ評価レビュー)

BMW新型X3がフルモデルチェンジデビュー

エンジンは2タイプ

新型BMW X3は2種類のエンジンが用意されている。
グレードxDrive28iには3.0LのNAエンジンが搭載されており、直6エンジンの自然な回転フィールを求めるユーザーにお薦めだ。
一方、グレードxDrive35iは3.0Lターボエンジンを搭載し車体価格はxDrive28i比で100万円アップとなる。
3.0Lの直6ターボの力強い加速感と高回転域の伸びが気持ちいい。
残念ながら日本の道路ではオーバースペックに感じることが多いが、独特のパワフルな走りは魅力だ。

環境性能も優れる

新型BMW X3は燃費向上の為の最新のメカニズムも採用されている。
無段階可変バルブリフト(バルブトロニック)、吸排気可変バルブ・タイミング(ダブルVANOS)、充電制御(ブレーキングによりエネルギーを回生するシステム)、電動パワーステアリングといった基本的な燃費向上対策はxDrive28i、xDrive35i両グレードに採用されている。
さらに上級グレードxDrive35iは、筒内直接噴射(高精度ダイレクト・インジェクション・システム)やアイドリング・ストップ装置(エンジン・オート・スタート/ストップ)まで備えており、万全の燃費対策が実施されている。
新型BMW X3のxDrive35iはターボエンジンにもかかわらず、NAのDrive28iよりも燃費性能は優れる面は評価が高い。
28iの10・15モード燃費は10.6km/L、JC08モード燃費は10.0km/Lである。
これらに対し、35iは12.0km/L、11.0km/Lと10%以上も燃費性能が優れる。
x3-specBMW X3

新型X3はBMW最新のテクノロジーが満載

xDrive35iはアイドリングストップシステムを採用

最近はあらゆるサイズの車にも実装が進みつつあるアイドリングストップシステムが、新型BMW X3のグレードxDrive35iに採用されている。
X3はSUVスタイルの車種ではあるが、オンロードの市街地走行で使われることが多い。
渋滞や信号待ちでのエネルギーロスを少しでも抑えることは環境にもやさしい。

トランスミッション

新型BMW X3が採用するトランスミッションは電子油圧制御式8速ATとなる。
ATの多段化が進んだことは、エンジンの回転数特性を生かしたスムーズな加速感が得られるだけでなく、燃費性能にも貢献している。
エンジンの低回転域を中心に使った効率のいい加速が可能だ。

ブレーキエネルギー回生システム

ブレーキングによるエネルギー回生は、ハイブリッドカーだけのものではない。
新型BMW X3は通常のガソリンエンジン車であるが、ブレーキング時に運動エネルギーを電気エネルギーに変換しバッテリーに蓄えるシステムを装備している。
ブレーキングで余分に蓄電されたバッテリーは加速時に効果を発揮する。
バッテリー容量が十分にあるときは、加速時にオルタネーターでの発電を切り離すことにより、無駄なトルク損失を抑えることができる。
よりパワフルで燃費性能の高い走行が可能になるシステムだ。

インテリジェント4輪駆動システム「xDrive」

新型BMW X3の全車に装備されることになるxDriveは路面の状況に応じて、前後のトルク配分を調節するシステムだ。
これはBMWが独自に開発したシステムで、オフロードでの走破性を向上させるだけでなく、オンロードで運転したときの心地よいハンドリング性能にもプラスに働いている。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先