car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

投稿日:2017/03/24 更新日:

新型5シリーズツーリングが車体公開、先代モデルからサイズアップかつ軽量化

ジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアとなったBMW 新型5シリーズ ツーリングの画像を紹介したい。

(写真はBMW新型5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017)
5シリーズ ツーリング

BMWは5シリーズのフルモデルチェンジ時期に入っており、7代目モデルに切り替わりつつある。先行してセダンが昨年2016年10月に発表され、既に日本市場向けたセールスもスタートしている。そして、今回のジュネーブでは新型5シリーズ ツーリングがモーターショーデビューとなり完成車体が公開された。

BMW 5シリーズ ツーリング ジュネーブモーターショー2017 5シリーズ ツーリング リアコンビネーションランプ

新型5シリーズツーリングは自動運転技術装備、Mパフォーマンスパーツ車も公開

新型5シリーズ ツーリングのボディサイズは全長4943mm×全幅1868mm×全高1498mmとなる。先代モデル比では全長で28mmなど僅かに拡大しているが、それでも最大100kgの軽量化を受けている。

BMW 5シリーズ ツーリング フロントグリル

フロントデザインは、キドニーグリルとヘッドランプが一体化されており、7代目5シリーズの特徴となっている。鋭いヘッドランプの眼つきは先代モデル譲りで、大柄なワゴン車ながらもスポーティーな印象に仕上げられている。

BMW 5シリーズ ツーリング BMW 5シリーズ ツーリング リアコンビネーションランプ

フロントフェンダーに置かれたエアアウトレットも7代目5シリーズのアクセントとなる。

BMW 5シリーズ ツーリング インテリア BMW 5シリーズ ツーリング シート

ラゲッジ容量は通常時で570L。リアシートは40:20:40の分割可倒式となっており、ラゲッジ容量は最大で1700Lまで拡大する。

BMW 5シリーズ ツーリング トランクルーム BMW 5シリーズ ツーリング リアシート

(写真は新型5シリーズ ツーリング、Mパフォーマンスパーツ装備車)
BMW 5シリーズ ツーリング ジュネーブ BMW 5シリーズ ツーリング ジュネーブ リアコンビネーションランプ

先進装備では自動運転技術のドライバーアシスタントシステムも魅力の一つ。高速道路における単車線の自動運転機能が備わる。

#1 匿名さん2017/03/26(Sun)21:09:03
セダンもそうだけど、日本のナンバープレート付けると途端にカッコ悪くなるんだよなぁ‥

名前(任意)
コメント