car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

4シリーズ

BMW i Vision Dynamics画像、次世代4シリーズEVあるいはi5シリーズを提案

投稿日:

BMWが2021年発売想定の4ドアグランクーペのコンセプトモデルを出品

BMWは今月開催されたフランクフルトモーターショー2017で、BMW i Vision Dynamicsを発表した。

(写真は新型BMW i Vision Dynamics)
BMW i ヴィジョンダイナミクス

今回のフランクフルトモーターショーは欧州のEV化のトレンドを大きく受けた内容となった。特にBMWは、2025年までに25モデルの電動パワートレイン搭載モデルを導入する計画で、そのうち12モデルについては純粋なEVになることを宣言している。BMW i Vision Dynamicsはそのうちの一つにカウントされるモデルで2021年の発売が想定される。

BMW i ヴィジョンダイナミクス リアコンビネーションランプ

BMW i Vision Dynamicsは縦型キドニーグリルを採用、サイドウィンドウもキドニー化

BMW i Vision Dynamicsのボディサイズは全長4804mm×全幅1933mm×全高1387mm、ホイールベースは2993mmとなる。

BMW i ヴィジョンダイナミクス コンセプト

4ドアグランクーペのボディスタイルに仕上げられていることから将来の4シリーズEVに相当するモデルか、あるいは現状i3とi8が市販されるEVラインアップの中で新たにi5シリーズとして販売される可能性が考えられる。

BMW i ヴィジョンダイナミクス EV

搭載されるEVパワートレインの詳細は未発表であるが、その加速性能は0-100km/hで4秒以内、航続距離は600kmを予告。最高速度は200km/hを超えるとする。

BMW i ヴィジョンダイナミクス フロントグリル

フロントには縦型キドニーグリルが置かれる。2018年の市販化が想定されるConcept X7 iPerformanceにおいても同様の縦型キドニーグリルが採用されており、BMWを象徴するキドニーグリルは近い将来大きく変化することになる。

BMW i ヴィジョンダイナミクス フランクフルト2017

サイドエクステリアではキドニーウィンドウとも呼ぶべきか新たなデザインも発見できる。サイドウィンドウのBピラー部が面取りされ、ガラス面によってキドニーグリル同様のシルエットが大きく作り出されている。

#1 匿名さん2017/09/25(Mon)19:56:31
EVに逃げるしか道は無いのは分かるけど、つまらんなぁ……
#2 匿名さん2017/09/25(Mon)21:52:54
そんなネガティブになることないだろ
モーターvsエンジンは鉄道で結果出てる
バッテリーもどんどん技術革新中
#3 匿名さん2017/09/25(Mon)22:10:21
ガンダムもバッテリーだそうですね。
#4 匿名さん2017/09/26(Tue)12:31:36
EVは安く耐久力と航続距離ある車に仕立てるのが難しい
高価&ハイパフォーマンスで良いなら、五流メーカーどころか振興会社でも大学のクラブでさえも作れる
力のあるメーカーには、他ではできない難しいEVに挑戦してもらいたい
#5 匿名さん2017/09/26(Tue)19:02:00
バッテリーが動力のガンダムは「ガンダムSEED」に出てくるMSだけだよ。
#6 匿名さん2017/09/27(Wed)00:35:42
10年後のエンジン車って、今のガラケー並の渋さなんだろな
#7 匿名さん2017/09/28(Thu)16:07:36
急速充電5分とかになったら、ガソリンエンジン完全終了だな
ガソリンスタンドもほとんど無くなって給油困難になる

名前(任意)
コメント