car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクティブハイブリッド3はV6 3.0Lハイブリッド搭載で車両価格699万円から

BMW・アクティブハイブリッド3の納車が9月より始まる

2012年7月より受注開始となっていたBMWのアクティブハイブリッド3が、9月から順次納車される予定である。

アクティブハイブリッド3は、BMWのコンパクトスポーツセダン「3シリーズ セダン」のハイブリッド版ということになる。トータル340psを発揮するV6 3.0Lのハイブリッドユニットとリチウムイオンバッテリーの搭載というハイパフォーマンスな仕様にも関わらず、その車両価格はエントリーモデルで699万円から、標準モデルでも719万円からというバーゲンプライスが設定されており人気を呼んでいる。

これまでBMWは、7、X6、5とハイブリッドモデルを投入してきたが、アクティブハイブリッド3はこれらに続くハイブリッドエンジン採用車ということになる。
アクティブハイブリッド3
アクティブハイブリッド3は、75km/hまでのモーター走行が可能であり、さらに統合車体制御システム「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」を装備している。「ECO PRO」を選択すれば、アクセル・オフでクラッチを切り離し、エンジンを停止させたまま80km/h以上で走行することが可能だ。

エクステリアデザインは、BMW特有の精悍なマスクとサイドラインが非常にマッチしており、テールの重厚な趣も印象的だ。インテリアは視認性の高いメーター類と操作しやすいパネルが一体化したものになっている。

アクティブハイブリッド3は、ベースとなった3シリーズのセダン同様、「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」がラインアップされる。ボディカラーは6色用意されており、Mスポーツであれば専用カラーの「エストリル・ブルー」が特に人気が高いという。
アクティブハイブリッド3 北京2012

アクティブハイブリッド3のオプション設定も充実

また、アクティブハイブリッド3には、専用のエアロパーツや足回りのホイールが充実しており、オプションでダンピング特性を自動制御する「アダプティブMサスペンション」の設定が用意されている。さらに、Mスポーツ用としては、BMW Individualのハイグロス・シャドーライン、スポーツシート、Mスポーツ・ステアリングがグレードアップパーツとして楽しむことができる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント