car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

メルセデスベンツがAクラス相当のEVモデルコンセプトをワールドプレミア

メルセデスベンツは開催中のフランクフルトモーターショー2017でコンセプトEQAをワールドプレミアさせた。

(写真はコンセプトEQA)
コンセプトEQA

コンセプトEQAのボディサイズは全長4285mm×全幅1810mm×全高1428mm、ホイールベースは2729mmとなる。モデル名が意味するのは、電気自動車を示すEQと現行Aクラスに相当するボディサイズである。

コンセプトEQA リアコンビネーションランプ

コンセプトEQAは2基のモーターからなるAWDシステム採用、最高出力200kW

昨年のパリモーターショー2016を振り返れば、コンセプトEQとして現行GLA相当のボディサイズのクロスオーバーSUVが公開されていた。こちらは先行して、EQCとしての市販化が進められており、メルセデスベンツの電気自動車はEQブランドで展開していくことになる。

コンセプトEQA フロントグリル

コンセプトEQAは、よりベーシックなCセグメントハッチバック車ということで、市販化が実現すれば販売台数も多くなることが予想される。

コンセプトEQA フランクフルトモーターショー

コンセプトEQAに搭載されるパワートレインはフロント+リア計2基のモーターがメインユニットとなるAWDシステムとなる。最高出力200kW、最大トルク500Nmのスペックが与えられ、このクラスのボディサイズとしては、かなりのハイパフォーマンス。0-100km/h加速については約5秒としている。

コンセプトEQA メルセデスベンツ

コンセプトEQAはフル充電で400kmの航続距離を実現する。電気自動車最大の懸念材料であった充電時間についても、10分の急速充電で100kmの走行が可能となる。

#1 匿名さん2017/09/16(Sat)04:37:58
現状のEVの航続距離だと、バカンスに車で旅行なんて無理。しかも欧州は制限速度が高いが、現状のEVは高速域苦手なんだよな。
#2 匿名さん2017/09/16(Sat)09:08:38
これAクラスだろ。これでバカンスなんか行くかよ。

名前(任意)
コメント
AMG GT

過去記事(2016/10/12)

メルセデスベンツのEVコンセプト、ジェネレーションEQは最高出力408psのSUV

メルセデスベンツからクロスオーバーSUVスタイルの4WD電気自動車を予告

今回のパリモーターショーは欧州自動車メーカー勢の次世代EVコンセプトの出展が目立った。メルセデスベンツにおいてもジェネレーションEQと名付けられたEVコンセプトをワールドプレミアさせている。

(写真はジェネレーションEQ)
ジェネレーションEQコンセプト

ジェネレーションEQは一見すると、クロスオーバーSUVのボディスタイルとなっていることからGLAあるいはGLCの次世代モデルのような雰囲気を持ち合わせている。ただし、フロント部分ではしっかりEVらしさをアピールしており、青く浮かび上がるグリルデザインとスリーポインテッドスターのエンブレムが印象的である。

ジェネレーションEQコンセプト リアコンビネーションランプ

サイドからのアングルでは、大口径タイヤがSUVらしく存在感を示す。EVコンセプトと言えば、コンパクトでいかにもエコなスタイルのモデルが示されることが多いが、このEQに限ってはそういった雰囲気は感じない。

ジェネレーションEQコンセプト パリ2016

メルセデスベンツのモンスターEV、ジェネレーションEQは2020年の市販化が目標

ジェネレーションEQのパワートレインはフロント1基、リア1基の2モーター式となり、その最高出力は300kW(408ps)、最大トルクは700Nm(71.4kgfm)となる。まさにモンスターEVと呼ぶに相応しい仕様だ。0-100km/h加速は5秒以内というパフォーマンスが与えられる。

ジェネレーションEQコンセプト バックドア

搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量も多く積まれ、航続距離は500kmが目標となっている。

ジェネレーションEQコンセプト インテリア

また、コードレス充電システムが提案されているのも、ジェネレーションEQの特徴となっている。

ジェネレーションEQコンセプト リアシート

インテリアではフロントシート裏に埋め込まれたディスプレイパネルが目立つ。

ジェネレーションEQコンセプト フロントグリル

メルセデスベンツ・ジェネレーションEQの市販化計画は2020年頃が目標となっている。

過去記事(2016/02/25)

新型GLCが日本発売、メルセデスベンツからGLK後継のクロスオーバーSUV

新型GLCはGLK後継モデル、ダウンサイジング2.0Lターボエンジン搭載

メルセデスベンツから新型GLCが2016年2月9日に日本発売された。

(写真は新型GLC)
GLC メルセデスベンツ 東京モーターショー

新型GLCはCクラスサイズのクロスオーバーSUVとなる。ボディサイズは全長4660mm×全幅1890mm×全高1645mmということで、従来型のGLKシリーズの後継というポジションが与えられている。

新型GLCは欧州市場で先行して発売されたモデルであるが、昨年秋の東京モーターショー2015で参考出品されたことから、その日本発売が確実となっていた。

GLC リアコンビネーションランプ GLC トランク

新型GLCのJC08モード燃費は13.4km/L、トルクコンバーター式最多段の9速ATを採用

新型GLC日本仕様のパワートレインとしては直4 2.0Lターボが搭載され、最高出力211ps、最大トルク350Nmというスペックとなる。先代のGLKシリーズではV6 3.5Lユニット搭載であったから、やはりこのプレミアムSUVのセグメントでもダウンサイジングの潮流には逆らえない。

トランスミッションは、トルクコンバーター式では最多段となる9速ATの9G-TRONICが採用される。燃費性能はJC08モードで13.4km/Lを達成しており、このクラスの4WD駆動のSUVモデルとしては良好だ。

新型GLCシリーズの車両価格は、GLC 250 4MATICが628万円、GLC 250 4MATIC Sportsが678万円、GLC 250 4MATIC Sportsの本革仕様が745万円、そして限定250台のGLC 250 4MATIC Edition 1が796万円に設定された。

(写真はプラグインハイブリッドのGLC350e欧州仕様)
GLC プラグインハイブリッド GLC350e

GLC メルセデスベンツ GLC プラグインハイブリッド フランクフルトモーターショー2015

(写真はクリーンディーゼルのGLC 220d欧州仕様)
GLC 220d

現在のところパワートレインは前述の1種類のみであるが、プラグインハイブリッドとクリーンディーゼルを搭載するモデルが後追いで発売される見込みとなっている。

過去記事(2014/11/03)

新型メルセデスAMG C63はV8 4.0Lツインターボエンジン搭載、パリサロン画像

新型メルセデス AMG C63はダウンサイジングターボエンジン採用、出力性能は向上

メルセデスベンツ新型AMG C63が先月開催されたパリモーターショー2014で公開された。

(写真はメルセデスAMG C63 S)
AMG C63 S

V8 6.3Lエンジンを搭載する従来型AMG C63と比較して、ニューモデルは大幅なダウンサイジングを受け、V8 4.0L ツインターボエンジンを搭載する。

メルセデスベンツ AMG C63 S メルセデスベンツ AMG C63 S リアコンビネーションランプ

新型AMG C63シリーズはチューニング違いによりエンジンサイズは同じであるが、2タイプのパワートレインが用意される。標準モデルのスペックは、最高出力が476ps、最大トルクが66.3kgfmで環境性能とのバランスが考慮されたモデル。それでもダウンサイジング前の従来型C63 V8 6.3Lモデルの出力性能を上回っており、0-100km/hで4.1秒の加速性能を誇る。

新型AMG C63 S

AMG C63 Sは最高出力510ps、セダンに加えてステーションワゴンもラインアップ

そして、出力パフォーマンスを重視してセッティングされたのがAMG C63 Sである。その最高出力は510ps、最大トルクは71.4kgfmにもおよぶ。加速性能は0-100km/hで4.0秒。

(写真はメルセデスAMG C63 Sステーションワゴン)
AMG C63 S ステーションワゴン

もちろん2013年にワールドプレミアされた新型Cクラスがベースとなっている。フロントデザインではAMGタイプのグリルが与えられ、バンパー下のエアインテークも主張が強くなり、一見してスポーティに感じられる仕上がりである。

メルセデス AMG C63 S ステーションワゴン 新型AMG C63 Sステーションワゴン

インテリアではAMGタイプのステアリングおよびスポーツシートが装備される。

また新型AMG C63シリーズは、セダンに加えてステーションワゴンも同時にラインアップされた。今回は欧州発表ということで日本市場への導入時期については言及されていないが、当然、日本発売されることになるだろう。

過去記事(2014/05/01)

メルセデス・ベンツがMLCクラスとして開発中のコンセプト クーペ SUVを発表

メルセデス・ベンツのコンセプト クーペ SUV、MLCクラスとして発売見込み

メルセデス・ベンツは先月4月に中国で開催された北京モーターショー2014で、コンセプト クーペ SUVをワールドプレミアさせた。

MLCクラス コンセプト クーペ SUV

発表されたモデルは、一見して市販型には達しない完成度であることがわかるが、クーペスタイルのボディに適度な最低地上高を持たせることでSUVの走破性能が与えられたモデルと解釈していいだろう。新たなジャンルとして開発中と噂のあったMLCクラスのコンセプトモデルという位置付けになる。

メルセデス MLC コンセプト ベンツMLCクラス コンセプト

この手のクーペSUVはやや変則的なボディスタイルとなるが、ポルシェ・カイエン、或いはBMW・X6が先行して市場開拓してきた感がある。近い将来MLCクラスとして、同じドイツ発信のメルセデス・ベンツ ブランドから発売されるということになれば、これらは直接的な競合車種となるだろう。

ベンツ MLCクラス コンセプト クーペ SUV

MLCクラスは338psのV6 3.0Lの直噴ツインターボエンジンが搭載される見込み

コンセプト クーペ SUVのボディサイズは全長4935mm×全幅2044mm×全高1739mm、ホイールベースは2916mmと発表されており、ミドルクラスSUVとしてラインアップするMクラスのボディをベースとした派生車種として開発されている。

MLCクラス コンセプト 北京モーターショー2014

コンセプト クーペ SUVに搭載されるパワートレインとしては、SLクラス欧州仕様で既に搭載がスタートしている新型のV6 3.0Lの直噴ツインターボエンジンが想定されており、最高出力は338ps、最大トルクは48.9kgmに達する見込み。トランスミッションとして9速ATの9G-TRONICを採用した4WD駆動となる。

最近のメルセデスベンツではコンパクトSUVとしてGLAクラスの市販モデルを発表したばかりである。今回のコンセプト クーペ SUVはMクラスがベースということでボディサイズは大きくなるが、フロントフェィスのデザインルールは、GLAクラスに近い印象を得た。

過去記事(2012/08/13)

メルセデスベンツ SLKクラスはスポーツティストと高級感が混在するオープンクーペ

3代目SLKは、サイズアップで迫力のエクステリア

メルセデス・ベンツSLKクラスは、2011年に7年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い、現在3代目モデルとして販売されている。

2代目と比較すると、外観の印象が大きく変わった。
同じ2ドアオープンタイプの上位モデルであるSLクラスと比較しても見劣りしないのは、全長と全幅ともに35mmずつ拡大したこと、ヘッドライトの形状などのデザインが一新されたことなどが具体的理由として挙げられる。
SLKクラス
3代目SLKのインテリアを見てみると、スポーツテイストはそのままに高級感が大幅にアップした印象を受ける。センターコンソール周りのシルバー装飾がよいアクセントになっているし、AMGスポーツパッケージを選択すればハンドル・シートに赤いステッチが入っていることがよりエグゼクティブな空間を演出している。
メルセデス SLK

SLKクラスの美点は乗り心地の良さにあり

装備面を比較すると、2代目で好評だった「エアスカーフ機能」という首元を暖めて快適なオープンドライブ環境を提供する機能は引き続き採用し、「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」という電気を流してクリアガラスを曇りガラスにする機能をオプションで新採用して、クローズ時でも開放的なドライブを楽しめるように工夫されている。
メルセデスベンツSLK
3代目SLKが最も2代目と異なる点はやはりその走り心地にあるだろう。簡単に言えばSLKとして非常に完成度の高い仕上がりの走りなっているのだ。
エンジンブッシュ、またそれに付け加えられたサスペンションなどが結果的に極めて走行振動が抑えられていて快適な乗り味が実現されている。さらにその上で走りに透明感を生み出すハンドリング特性や美しいエンジン音をドライバーに伝えるなど、スポーツカーとしての魅力を十分に備えているのだから恐れ入る。
3代目SLKこれぞメルセデスという高い技術力の結晶ともいうべきモデルなのだ。

過去記事(2012/02/06)

メルセデス・ベンツ新型Mクラス、ML350が夏に発売開始

欧州仕様ML350は、ガソリンとディーゼルの2タイプがラインアップ

メルセデス・ベンツの新型Mクラス、ML350の日本導入が、今年2012年の夏頃になりそうだ。
Mクラスは1998年にデビューしたMLシリーズにはじまり、今回の新型モデルで3代目となる。
この新型ML350、欧州では、ディーゼルとガソリンの2タイプで、昨年2011年から発売が開始されている。

(写真は、2012年1月の大阪モーターショーで出展されたML350)
ML350
新型Mクラス ML350
新型ML350

ML350 4MATIC BlueEFFICIENCY(ガソリンモデル)

まずガソリンエンジンは3.5LのV6 DOHCを採用。
最高出力302ps、最大トルク370Nm。
このMクラスにもアイドリングストップシステムが装備されることとなり、燃費は11.8km/L。
エンジン停止中からブレーキをはずすと、すばやく静かにエンジンが再始動し、その仕上がりもレベルの高いものになっている。

ML350 BlueTEC 4MATIC(ディーゼルモデル)

3LのV6ターボディーゼルエンジンを採用。
最高出力255ps、最大トルク670Nm。ガソリンエンジンのこれらと比較すれば、最高出力は劣るものの、最大トルクについてはディーゼルエンジンに大きなアドバンテージがあり、上り坂のような場面ではディーゼルの方が余裕のある走りを見せてくれる。
さらに、ディーゼルエンジン仕様にもアイドリングストップが装備され、燃費は14.7km/Lとなる。

日本版ML350はガソリンエンジンの4MATIC BlueEFFICIENCYのみ

残念なことに、ML350のディーゼルエンジンモデルの日本導入について、現在のところ予定はない。
今夏に日本デビューするのは、ガソリンエンジンモデルのみとなっている。

メカニズム面では、4WDシステムに4MATICを採用。前後の駆動配分が50:50となる理想的な駆動システムとなっている。
また、オプション装備で注目したいのが、エアマティックパッケージとオン&オフロードパッケージ。
エアマティックパッケージを装備すれば、走行速度に適した車高と最低地上高を自動的に調節する機能が加わり、より快適な車内環境が実現する。
オン&オフロードパッケージは、オンロード、オフロードの2パターンだけでなく、様々な路面状況に応じた6つの駆動制御を自動的に切り替えて走行できる機能が付加する。

ML350の生産は、米国アラバマ州にあるタスカルーサ工場で行われ、価格は未定となっている。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先