car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型GLCが日本発売、メルセデスベンツからGLK後継のクロスオーバーSUV

新型GLCはGLK後継モデル、ダウンサイジング2.0Lターボエンジン搭載

メルセデスベンツから新型GLCが2016年2月9日に日本発売された。

(写真は新型GLC)
GLC メルセデスベンツ 東京モーターショー

新型GLCはCクラスサイズのクロスオーバーSUVとなる。ボディサイズは全長4660mm×全幅1890mm×全高1645mmということで、従来型のGLKシリーズの後継というポジションが与えられている。

新型GLCは欧州市場で先行して発売されたモデルであるが、昨年秋の東京モーターショー2015で参考出品されたことから、その日本発売が確実となっていた。

GLC リアコンビネーションランプ GLC トランク

新型GLCのJC08モード燃費は13.4km/L、トルクコンバーター式最多段の9速ATを採用

新型GLC日本仕様のパワートレインとしては直4 2.0Lターボが搭載され、最高出力211ps、最大トルク350Nmというスペックとなる。先代のGLKシリーズではV6 3.5Lユニット搭載であったから、やはりこのプレミアムSUVのセグメントでもダウンサイジングの潮流には逆らえない。

トランスミッションは、トルクコンバーター式では最多段となる9速ATの9G-TRONICが採用される。燃費性能はJC08モードで13.4km/Lを達成しており、このクラスの4WD駆動のSUVモデルとしては良好だ。

新型GLCシリーズの車両価格は、GLC 250 4MATICが628万円、GLC 250 4MATIC Sportsが678万円、GLC 250 4MATIC Sportsの本革仕様が745万円、そして限定250台のGLC 250 4MATIC Edition 1が796万円に設定された。

(写真はプラグインハイブリッドのGLC350e欧州仕様)
GLC プラグインハイブリッド GLC350e

GLC メルセデスベンツ GLC プラグインハイブリッド フランクフルトモーターショー2015

(写真はクリーンディーゼルのGLC 220d欧州仕様)
GLC 220d

現在のところパワートレインは前述の1種類のみであるが、プラグインハイブリッドとクリーンディーゼルを搭載するモデルが後追いで発売される見込みとなっている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント