car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

メルセデスベンツ新型Bクラスが発表、半自動運転に対応する

新型Bクラスは居住性向上かつスポーティに進化した

メルセデスベンツは新型Bクラスをパリモーターショー2018で公開した。

(写真は新型Bクラス)
新型Bクラス

新型Bクラスは、販売7年目となる今回のフルモデルチェンジで3代目に切り替わる。ホイールベースは先代2700mmから2729mmに拡大され、居住性能が強化される。家族4人が快適に過ごせる室内空間とラゲッジスペースが与えられる。

メルセデスベンツBクラス

Aクラスに続き、Bクラスもフルモデルチェンジ、半自動運転対応

メルセデスベンツでは新型Aクラスの日本発売を迎える段階にある。同ブランドのコンパクトクラスとして何かと比較対象となる両モデルであるが、Bクラスは全高に余裕を持たせたファミリー向けのマルチパーパスビークルとしての役割が与えられてきた。オーソドックスなコンパクトハッチバックスタイルのAクラスに対し、新型Bクラスはドライバーズシートの座面高は90mmアップ。それでも、新型Bクラスはスポーティであることが強調されているから、走行性能の向上も期待される部分となる。

B CLASS

初期投入モデルのラインアップは、B180、B200、B180d、B200d、B220dの5種類が予定されている。トップグレードのB220dは最高出力190hpのクリーンディーゼルエンジンで、8速のデュアルクラッチトランスミッションが搭載される。

Bクラス リアコンビネーションランプ

ナビゲーションシステムを含めたインターフェイスは、AクラスからスタートしたMBUXを採用する。

安全運転支援システムはSクラスから持ってきた最新式となり、同セグメント内においてトップクラスの性能となる。最近の日本国内においては言葉の表現として控えられる傾向にあるが、半自動運転に対応するとしている。

新型Bクラスの欧州向け発売日は2018年12月3日、デリバリー開始は2019年2月が予定されている。

#1 匿名さん2018/10/08(Mon)00:27:30ID:dhMGNmMT2N
ずんぐりむっくりの体型は変わらず。
#2 匿名さん2018/10/08(Mon)15:11:49ID:UxZmU2YTmO
Bクラスだからこれで良いのでは?
#3 匿名さん2018/10/08(Mon)16:29:39ID:Q0YjJhYmWO
ずんぐりむっくり好きだなぁ。
新型インサイトをベースに、新型エディックスを開発して欲しいな。
#4 匿名さん2018/10/14(Sun)02:50:42ID:Q3ZjBhNjGM
Bクラスって、ネーミングが悪いヨネ
#5 匿名さん2018/10/16(Tue)06:55:13ID:g3OTA2ZDWY
デザインもな・・・・・
#6 匿名さん2018/11/02(Fri)22:42:31ID:I5NDUxYT2Z
ふ人気ナンダネ
#7 匿名さん2018/11/03(Sat)08:05:40ID:k5NWQ1ZDWY
欧州では、ピープルムーバーというずんぐりむっくり系のジャンルはそれなりの需要がある。トヨタも欧州専用のヴァーソがラインアップされてるし。
#8 匿名さん2018/11/04(Sun)22:52:25ID:VkOWViYmmN
ちょっとこれじゃなー
#9 南 祐斗2019/06/06(Thu)19:08:39ID:c4N2I5MDDO
B 180 (1.4 ターボ 7G-DCT)
B 200 d (2.0 ターボディーゼル 8G-DCT)

名前(任意)
コメント