car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型GLAクラス、メルセデスベンツの小型クロスオーバーSUVがワールドプレミア

新型GLAがフランクフルト発表、遂にメルセデスもコンパクトクロスオーバーSUVに参入

GLA 2013

メルセデスベンツは、今月2013年9月のフランクフルトモーターショーで、新しい小型SUV『GLA』の市場投入を発表した。名前から分かるように、コンパクトタイプのAクラスをベースとしており、AクラスのSUVとしては4ドアクーペの『CLA』に続く2台目、メルセデスベンツのSUVとしては、5番目に投入されたモデルということになる。

ベンツGLA

メルセデスベンツ GLAの特徴は、風格あるSUVデザインでありながらもコンパクトな車体にある。ボディサイズは、全長4,417mm、全幅1,804mm、全高1,494mmと現行メルセデスSUVで最も小さな『GLKクラス』(全長4,550mm、全幅1,840mm、全高1,670mm)と比較してさらに一回り小さいサイズに設定されていることがわかる。
メルセデス新型GLA 2013

SUVとはいえど、あくまで都市部での走行を重視した、若者向けのクロスオーバータイプとなる。サイズはコンパクトだが、インテリアはメルセデスらしい流線型で高級感あふれる仕様になっており、デザインのオプションが豊富で様々なニーズにも対応可能とのこと。

GLA トランクルーム GLA フランクフルトモーターショー

GLAに搭載される主力エンジンは1.6Lガソリンターボか

メルセデスベンツ GLAのパワートレインには、4種類あるどのグレードにも4気筒エンジンを採用し、ガソリンエンジンが2種類、ディーゼルエンジンが2種類というラインナップ。例えば1.6L 直列4気筒のターボガソリンエンジンであるGLA200は、最大出力156ps/5,300rpm、最大トルク25.5kgm/1,250-4,000rpmという文句のないスペックだ。

メルセデスベンツ 1.6L ガソリンターボエンジン

二輪駆動のGLA200以外のグレードには、全てフルタイム4WDシステムが採用されている。燃費性能も素晴らしく、ディーゼルエンジンのGLA200CDIで23.3km/Lという数字。
メルセデスベンツGLAについての欧州スケジュールは、オーダーが11月末から開始し、2014年明けてからの納車になると発表されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント