car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

C350eが日本発売、CクラスPHVは707万円から、大阪モーターショー画像

メルセデスベンツCクラスPHV、C250eが大阪モーターショーで発表

Cクラスのプラグインハイブリッドモデル、C350eが日本導入される。2015年12月4日に開幕した大阪モーターショー2015にて、メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長らがジャパンプレミア発表を行った。

(写真はメルセデスベンツ・C350e、大阪モーターショー2015)
C350e 大阪モーターショー

C350eは3月に開催されたジュネーブモーターショー2015でワールドプレミアされたモデルであった。メルセデスのプラグインハイブリッドモデルとしてはこれまでS550e longがあったが、より日本市場に馴染んだCクラスに導入されるということで興味深いファンも多いはずだ。

C350e 給電スタンド c350e-ceo

搭載されるパワートレインは直4 2.0L 直噴ガソリンターボエンジンがベースとなる。C250 Sportsなどでも採用実績があり、そのスペックは最高出力211ps、最大トルク250Nmとなる。これに付加されるモーターは、最高出力82ps、最大トルク340Nm。システム全体では最高出力279ps、最大トルク600Nmといったパフォーマンスとなる。

C350e フロントグリル C350e インテリア

駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は6.2kWhで、最高速度130km/hのEV走行も可能とする。JC08モード燃費はセダンが17.2km/L、ステーションワゴンが16.5km/Lとなる。

メルセデス・ベンツ C350e

C350eはセダンが707万円、ステーションワゴンが782万円から

C350eの機能面ではインテリジェントアクセルペダルが装備される。まずはプレッシャポイント機能として、EVモードからハイブリッドモードに切り替わる境目をアクセルペダルの抵抗によってドライバーに伝える。またダブルパルス機能では、先行車両との距離と速度をレーダーによって計測し、燃費向上のために最適なアクセルペダルを離すタイミングをアクセルペダルのノックパルスによってドライバーに伝える。

(写真はC350e、ジュネーブモーターショー2015)
C350e ジュネーブ2015

車両価格はC350e アバンギャルドが消費税込707万円から、C350e ステーションワゴン アバンギャルドが同782万円からとなる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント