car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ヴィッツ後継ヤリスが2020年初めに発売予測、新型3気筒エンジン搭載

次期型ヤリスを車名ごと日本に導入、WRCでスポーツイメージ向上

トヨタではヴィッツのフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。2020年の早い時期に日本生産開始と発売が予想される。2019年秋のフランクフルトモーターショーあるいは東京モーターショーで、市販型に近い車体の出品が期待される。

(写真は従来型YARIS GRMN欧州仕様)
ヤリス GRMN

エンジンは3気筒化される、TNGA-Bを採用

次期型から車名が欧州で使われてきたヤリスに統一される。ヤリスWRCのスポーツイメージを日本販売で活用していく狙いだろう。GRブランドから出される最上位モデルは直列3気筒 1.6Lターボ、6速MT、4WDとなり、次世代のWRC仕様を意識したものとなる見込み。

(ヤリスWRC)
WRC YARIS

通常ラインアップモデルでも3気筒化が進められ、1.0L、1.3L、1.5Lの排気量は従来型と大きく変わりないが、全て新開発3気筒エンジンとなる。

3気筒エンジンのデメリットであった振動が大きくなるという点は、エンジンマウントの改良や直噴コントロールの高精度化などによって解決されつつある。今後、1.5Lクラスのエンジンは、フリクション低減によるメリットがある3気筒がトレンドになるかもしれない。

プラットフォームは新開発のTNGA-Bが初めて採用される。欧州ヤリスは全幅1.7mを超えてくるが、日本仕様はナローボディ設計が用意され5ナンバーサイズに収められる。GRブランドのスポーツモデルは恐らく欧州仕様共通の3ナンバーボディとなるだろう。

#1 匿名さん2019/03/03(Sun)09:01:55ID:A1YjRhNGGZ
所詮、3気筒は3気筒
#2 匿名さん2019/03/03(Sun)11:05:54ID:FkNjE1NjjO
3気筒化は欧州のトレンド。
欧州市場にウケるクルマを作っていれば、ホンモノのクルマに仕上がります。
この3気筒エンジンがBMW製だとなお良いのですが。
#3 匿名さん2019/03/03(Sun)13:01:41ID:NlYTk5ZDmO
BMWと共同開発って聞いた気がする
#4 匿名さん2019/03/03(Sun)13:48:45ID:FkNjE1NjjO
噂のBMWグループ入りが現実味を帯びてきましたね。
トヨタは、自社単独でエンジンを開発できないんですから、仕方がありませんね。
#5 匿名さん2019/03/03(Sun)15:11:09ID:U4ODJlOWDZ
1.5はレクサスUXや北米カローラに積まれてる2.0の3気筒バージョンになる。
ハイブリッドバージョンも作られて、北米、欧州、日本共にクラス最高レベルの馬力・燃費になるはず。
#6 匿名さん2019/03/03(Sun)15:36:16ID:FiOTI3ODjY
ホットモデルはターボだけど通常モデルはNAとHV
この3気筒の凄い事は次世代の欧州環境規制をNAで対応してるところ
NAだからってユーザーにメリットがあるのかは知らんけどw
#7 匿名さん2019/03/03(Sun)15:50:16ID:NlYTk5ZDmO
あ、BMWと共同開発なのはスポーツエンジンだけな
BMWも単独開発できないからトヨタに泣きついてお金出してもらってる
NAはトヨタ開発のクラス最強エンジンだよ
#8 匿名さん2019/03/03(Sun)17:46:22ID:U4ODJlOWDZ
#6
次世代基準に、電動化無しで対応って意味じゃなくて?
それならユーザ的には安く買えてメリットがある。
#9 匿名さん2019/03/04(Mon)07:42:46ID:QyMzI1NjzM
スポーツカーで3気筒はなあ。
トライアンフみたいな魅力があるわけでも無いだろうし。
#10 匿名さん2019/03/04(Mon)11:10:19ID:QwYjA3ZWDM
デザインはカローラスポーツを小さくした感じだろうな
#11 匿名さん2019/03/04(Mon)19:12:44ID:FiNWExZjjY
直3
1.6リッター
ネーミングをヤリスに統一
フランス、バランシエンヌ工場での現地生産(欧州向け)
WRCへの参戦・・・

欧州で売れるための要素が満載!
欧州で販売されるクルマが『ホンモノのクルマ』!
欧州カーオブザイヤーを本気で取りに行く!
Bセグメントのベンチマークカーである『VWポロ』に、初めて真っ向勝負ができる日本車が登場だ!
#12 匿名さん2019/03/04(Mon)22:32:20ID:EzY2M1MzmN
欧州で販売されるクルマがホンモノのクルマって・・・何も知らない人から見たら洗脳されてる感有り有り
#13 匿名さん2019/03/05(Tue)21:21:21ID:UzNDQyNDWN
やたら欧州チューニングを繰り返すスズキの悪口はやめるんだ
#14 匿名さん2019/03/05(Tue)22:50:24ID:liYzU2N2TN
そう、欧州で販売されるくるまこそがホンモノのクルマなのだ。
#15 匿名さん2019/03/06(Wed)14:45:35ID:MzMDQ1MjDY
#11=#14
笑わせるなよ。
#16 匿名さん2019/03/06(Wed)16:58:13ID:YwMDM0NzDM
欧州車が日本車より一段上の性能なのは、疑いない事実。
ただ、日本車にも良い部分はある。
燃費性能とか。
#17 匿名さん2019/03/06(Wed)17:11:24ID:FiMzhiZTDO
壊れないし、ある程度雑に扱っても錆びない。日本車はええ車じゃ。メンテナンスフリーとまではいかんが、通勤程度の走行距離であればエンジンオイルを半年に1回適切に交換さえしていれば長持ち。

欧州車はちょいとメンテサボるだけで結構高い出費になるから普段乗りには向かん。ボルボやらVWを4車種ほど乗り継いだが、結局どいつも5年で売却し今は日本車に落ち着いたわ
#18 匿名さん2019/05/17(Fri)16:01:03ID:M3ZWM5YzWN
日本車は確かに丈夫で長持ち。プラッツを長年乗っていましたが23万キロ走ってもまだまだ乗れるようでした。弱ったのはシートだけ?現在、ハイブリッド車に乗っていますが燃費と静かさは格別ですね。あとは力があればと、これは無理な話ですね。
#19 匿名さん2019/05/17(Fri)16:10:10ID:M3ZWM5YzWN
#17さんのお気持ちよく分かります。
VWゴルフは良かったです。あの足回りは特別良かったような気がします。日本車にもあるのでしょうけどゴルフの強固な造りは他の追随を許さないのかもしれないですね?速さではシビックが気に入っています。あの速さを安価で購入できる日本は素晴らしいと思います。
#20 匿名さん2019/05/17(Fri)17:15:06ID:I5NzE1MDDN
Bセグメントのベンチマーク、フォルクスワーゲン・ポロを超えるクルマになってほしい。
#21 匿名さん2019/05/17(Fri)21:11:38ID:I1MDNiNjTY
Bセグのベストはスイフト
#22 匿名さん2019/05/18(Sat)02:07:34ID:c1YWIwNjDM
マツダのデミオの前部分へダースベーダの口を着けたような車を
ヤリスと、紹介されたを見たけど、何でしょ?
#23 匿名さん2019/05/18(Sat)04:21:40ID:Y1MjczYTjM
22
それは、北米市場向けの新型ヤリス。
マツダ2(デミオ)のOEMモデルでメキシコ工場製。
このページに記載の次期ヤリスは、日本と欧州市場向けに先行導入するため、北米市場向けに次期モデルの「中継ぎ」的に導入されるそうだ。

名前(任意)
コメント

ヴィッツ後継型はヤリスに改名、TNGA-Bで開発中、3気筒エンジンがメイン

ヴィッツGRMNが東京モーターショーに出品、車両価格400万円前後の見込み

ヴィッツGRMN 2018年春発売へ、1.8L+スーパーチャージャー搭載で212hp

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

ヴィッツGRMN2今秋発売、1.8L+スーパーチャージャー搭載で200台限定

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ヴィッツハイブリッド画像、後期型へマイナーモデルチェンジ、アクア比較

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ヴィッツのフルモデルチェンジは2019年半ば頃、現行型マイナーチェンジで延命

トヨタ・ヴィッツハイブリッドの発売は少し遅れて2017年1月になる見込み

ヴィッツはハイブリッドの追加発売によりフルモデルチェンジが遅れる

ヴィッツハイブリッドが2016年12月発売、エクステリアは欧州ヤリス風

ヴィッツハイブリッド2016年に発売、現行型ベースに1.5L THSⅡを搭載

ヴィッツが4月21日にマイナーチェンジ、後期モデルは燃費性能が大幅に向上

ヴィッツが2014年4月にビッグマイナーモデルチェンジ、後期モデルへ移行

ヤリス ハイブリッド-Rコンセプトをフランクフルトで出展、420psのヴィッツHV

GRMN ヴィッツ ターボが8月7日発売、限定200台のコンパクト3ドアホットハッチ

ヴィッツとは別車体の新型ヤリスが上海モーターショー2013でフルモデルチェンジ

ヴィッツ後期モデルはハイブリッド無しで燃費性能が大幅向上、2014年発売予測

ヴィッツターボの市販モデルは最高出力150psに決定か?発売日は2013年4月予測

GRMN ヴィッツ ターボの市販モデルが東京オートサロンで公開の可能性、1.5Lターボ

GRMN ヴィッツ ターボが市販化、3ドアホットハッチ

ヴィッツにターボ仕様が追加予定

ヴィッツ 2011年版が発売 アイドリングストップ拡充

ヴィッツがフィットに勝てない4つの理由

トヨタ車納期のまとめ/プリウスα,ヴィッツ,ノア,ラクティス他

ヴィッツ vs フィット コンパクトカー比較

アイドリングストップのメリットとデメリット

コンパクトカークラスの燃費比較(6位~10位)

新型ヴィッツ(トヨタ)のレビュー

ヴィッツ新型、フィット、マーチ、デミオ、スイフトの比較

三代目トヨタ新型ヴィッツ2010/12発表(KSP13,NSP13,NCP13)

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先