car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ヴィッツハイブリッド画像、後期型へマイナーモデルチェンジ、アクア比較

ヴィッツがマイナーモデルチェンジ、ハイブリッド追加で販売促進

トヨタの主力コンパクトハッチのヴィッツが2017年1月12日にマイナーモデルチェンジを受けた。

(写真は新型ヴィッツハイブリッド)
ヴィッツハイブリッド

現行の3代目ヴィッツが発売されたのが2010年12月であり、既に6年を過ぎるタイミングとなっている。かつてのモデルサイクルであれば、フルモデルチェンジとなるはずであるが、3代目ヴィッツは後期型に切り替わることでイメージを一新。さらにハイブリッドモデルを追加することで、本気で販売を促進していく意気込みである。

ヴィッツハイブリッド Jewela トヨタ ヴィッツハイブリッド Jewela

ヴィッツハイブリッドとアクアを比較、JC08モード燃費は34.4km/Lと37.0km/L

ヴィッツハイブリッド エンジン ヴィッツハイブリッド ドア
既に欧州向けにはヤリスハイブリッドとしてヴィッツの車体を使ったハイブリッドモデルが存在していたから、ハイブリッドモデルの追加に関しての技術的障壁は少なかったはず。アクアと同じ1.5L THSⅡが搭載され、ヴィッツハイブリッドのJC08モード燃費は34.4km/Lとなる。燃費重視のハイブリッド専用車であるアクアは、最高で37.0km/Lのモデルがあるからこれには及ばないが、実使用上ではほぼ同等ではないだろうか。

ヴィッツハイブリッド Jewela インテリア  ヴィッツハイブリッド Jewela シート

ヴィッツハイブリッドの全高は1500mmとなっており、アクアより45mm高い。逆にホイールベースでは、ヴィッツハイブリッドが2510mmで、アクアより40mm短い。ホイールベースで4センチの差は結構大きいと考えるが、広々感は上下方向に余裕のあるヴィッツハイブリッドの方が優れると感じた。

ヴィッツハイブリッド Jewela ラゲッジルーム ヴィッツハイブリッド トランク up

ラゲッジスペースの比較では、ヴィッツハイブリッドが前後奥行きの有効部でわずかにアクアより短い。ただし、この程度の差であれば、上下二段フロアが採用されたヴィッツハイブリッドの方が使い勝手は良さそうだ。

(写真はアクアのラゲッジルーム)
アクア トランク

(写真はヴィッツハイブリッド Jewela)
ヴィッツハイブリッド Jewela リアコンビネーションランプ ヴィッツハイブリッド Jewela リアバンパー

86風味とも言われる新型リアコンビネーションランプは、意見が別れるところ。個人的にはヴィッツのような全高が高めのコンパクトハッチバックカーには似合わないと感じた。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント