car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ヴィッツがマイナーチェンジで後期型へ、1.5L THSⅡハイブリッド追加

現行ヴィッツは2010年に発売された3代目モデル。既に2014年にマイナーチェンジを受けてフェイスリフトが行われているが、モデルサイクル延長により今回さらにマイナーチェンジを受けて、中期型から後期型へ移行することになる。後期型ヴィッツの正式発売の日程は2017年1月12日となる見込みである。

(写真はヤリスハイブリッド欧州仕様)
ヤリス欧州ヴィッツ

ヴィッツは欧州では現地生産されたモデルがヤリスの車名で販売されるが、後期型ヴィッツはこのヤリスのように末広がり型の大きなフロントグリルが特徴的となる。現行型デザインよりもスポーツイメージが強められることになる。

ヤリス欧州仕様 ヤリスハイブリッド

ヴィッツハイブリッドのJC08モード燃費は36.0km/L、アクアより少し劣る

そしてハイブリッドモデルの追加も新型ヴィッツの大きな目玉となる。トヨタの国内向けラインアップでは、アクアがBセグメントクラスのハイブリッド専用車として設定されてきたが、欧州向けラインアップではアクアに相当するモデルは無くヤリスハイブリッドが置かれた。ヤリスハイブリッドはアクアと同じ1.5L THSⅡが搭載されており、日本でヴィッツハイブリッドを生産することは容易なはず。

(写真は1.8L THSⅡハイブリッド)
プリウス ハイブリッドエンジン

1.8L THSⅡは新型プリウスにおいて4WDにも対応できるようになったが、1.5L THSⅡは新システムに移行しておらず4WDには対応しない。新型ヴィッツハイブリッドは2WD(FF)のみが用意される。

(写真は現行アクア)
アクア

JC08モード燃費はアクアが37.0km/Lであるのに対し、ヴィッツハイブリッドは36.0km/Lとなる見込み。空力特性と車体重量においてアドバンテージのあるアクアが若干有利となる。

後期型ヴィッツおよびヴィッツハイブリッドの予約受付は、年内2016年12月中にもスタートされる見込みだ。

#1 匿名さん2016/11/14(Mon)22:26:00
(`Д´)
#2 匿名さん2016/11/14(Mon)22:51:51
アクアは頭上空間が狭いから、ヴィッツのほうが良いかなσ^_^;
#3 正直2016/11/15(Tue)02:44:13
アクアと大差ないと思うが
出す意味あるのかしら。
出すならウィッシュハイブリッド出して欲しい。
#4 ぺぺめめ2016/11/22(Tue)21:35:03
早く新型に変えてほしい。次のモデルすごくよさそうな気がする。
#5 コナン2017/01/15(Sun)17:34:29
アクアは頭上空間狭いしね、アクアとは充分違うから、いいね

#6 匿名さん2017/02/09(Thu)18:06:12
♯3
プリウスα

名前(任意)
コメント