car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ヴィッツ

ヤリス ハイブリッド-Rコンセプトをフランクフルトで出展、420psのヴィッツHV

投稿日:

ヤリス ハイブリッド-Rコンセプトはヴィッツがベースのスーパーハイブリッドカー

フランクフルトモーターショー2013が9月10日より開催されている。そのトヨタブースで話題となっているのが、「ヤリス ハイブリッド-Rコンセプト」である。ヤリスはヴィッツの欧州車名であり、その3ドア車をベースに開発されたスーパーハイブリッドカーという位置付けになる。

ヤリス R ハイブリッド

ヤリス ハイブリッド-Rコンセプトに搭載されるパワーユニットの中心は最高出力300psを発生する1.6Lエンジンで、これがフロントドライブを担当する。さらに左右独立に配置された60psモーター2基によるリアドライブのアシストが加わる。これらリアモーターは、コーナリング時には左右のトルク配分を振り分けた制御も可能ということで、ホンダのスポーツハイブリッドSH-AWDに近いシステムとなっている。

ヤリスRハイブリッド 2013フランクフルトモーターショー

ハイブリッドシステムながらも駆動用バッテリーは採用されず、代わりに搭載されるのがスーパーキャパシターである。キャパシターは大容量の蓄電はできないが、充放電効率が高いという特性がある。これによるリアモーター1基あたりの出力は、トラックモードでは60ps×5秒間を発生し、瞬間トータル出力は最高420psに達する。またロードモードでは40ps×10秒間の出力となり、これら2種のモード切り替えはコックピットからの操作で行うことが可能だ。このシステムは、トヨタ・モータースポーツGmbhが開発したプロトタイプレーシングカー、TS030ハイブリッドの技術から転用したものとなる。

ts030hybrid toyota

ヴィッツがベースのスーパーハイブリッドカーの市販化はあるのか

トヨタ ヤリスRハイブリッド
今回、ヤリス ハイブリッド-Rコンセプトが出展されたことで、この車体をベースした市販モデルの可能性についても論じられるわけだが、さすがにこのスペックでは車両コストの問題で難しい。ただし、エンジン出力を200ps程度に抑えるなど、大幅なデチューンを条件にするなら市販化も可能性としてはあるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント