car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド発売、約330万円より

ステップワゴンスパーダが新デザインで登場、SPORT HYBRID i-MMD搭載

ホンダのステップワゴン スパーダがマイナーモデルチェンジを受けて、2017年9月29日に発売された。SPORT HYBRID i-MMDを採用したスパーダ ハイブリッドがラインアップに加わった。

(写真は新型ステップワゴン スパーダ ハイブリッド)
ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

2015年から販売される5代目ステップワゴンは、販売台数が低迷したことで、特にエクステリアについてとやかく言われることが多かった。今回のマイナーモデルチェンジでは、上級のスパーダの外観が大きく変更されており、販売台数の改善が期待される。ステップワゴンシリーズ全体の月販目標は5000台に設定された。

ステップワゴン スパーダ フロントグリル

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド、燃費性能はクラストップを達成

ステップワゴンスパーダの新エクステリアは、同クラスで販売が好調なトヨタ・ノアや日産・セレナの影響を受けたような気もしなくはないが、特徴的なLEDヘッドランプが印象に残る近未来テイストのホンダ顔に仕上げられた。

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド バックドア

やはり、わくわくゲート採用バックドア周辺のギクシャク感は残されたまま。

ハイブリッドモデルの車両価格は330万0480円から355万9680円に設定された。上級のスパーダグレードが強制されることと、高性能のSPORT HYBRID i-MMDが採用されたことで、同クラスハイブリッド車と比較しても割高感がある。なおHonda SENSINGは標準装備となる。

ステップワゴン スパーダ ホンダセンシング

JC08モード燃費については25.0km/Lを達成したことで、トヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイアの23.8km/Lを超えてクラストップとなるが、この数値の差を有意とする購入者はあまり多くはいないだろう。

2018年に切り替わるWLTCモード燃費も表記され、スパーダハイブリッドは20.0km/L、市街地モード(WLTC-L)18.8km/L、郊外モード(WLTC-M)21.7km/L、高速道路モード(WLTC-H)19.5km/Lとなる。

#1 匿名さん2017/09/30(Sat)21:18:53
前は悪くない、今のホンダのスタイルとしてはイイ!
後がnon style 井上を思い出す
#2 a2017/09/30(Sat)22:51:08
うーん、顔はいいけど、尻はダメだなぁ
わくゲーはOPにして、普通のシンメトリーなデザインにすべき
#3 匿名さん2017/09/30(Sat)22:55:26
ヴォクシーの顔をパクったようなフロントになったけど、ありちゃありか。ただ今時渋滞時追従なしACCでは不要。ハイブリッドのみとかきついわ。
#4 匿名さん2017/10/01(Sun)00:07:12
まぁ、良いんじゃない?先々代のスバーダの方が個人的にカッコ良かった。車重が有るからオデッセイより走りは劣るが室内は広い。価格は、オプションにもよるが同じ価格帯に被るな。
ホンダセンシンが標準装備だからコストアップは仕方ないか…
リアの方は、見慣れて来たな。
#5 匿名くん2017/10/01(Sun)06:23:22
バックドアは何とかならないの?

N-BOXを大きくすれば いいことなのに。
#6 匿名さん2017/10/01(Sun)08:25:32
わくわくゲートって大不評なんだね?
左右非対称だからダメってこと?
#7 匿名さん2017/10/01(Sun)08:26:21
♯5
ごめん、意味わかんない。
説明よろしく
#8 匿名さん2017/10/01(Sun)08:38:20
顔はn-boxカスタムのマネだな
n-box売れてるが、別に見た目がカッコイイから売れてるわけじゃない
#9 匿名さん2017/10/01(Sun)08:50:42
♯8
同じメーカーなんだから、「マネ」はないだろ?
これをファミリーフェイスっていうんだよ。
#10 匿名さん2017/10/01(Sun)18:51:22
マイルドヤンキーが好むイカツいデザインにしないと売れないんだよね。
民度が低いジャンルだよ。ミニバンは。
#11 匿名さん2017/10/01(Sun)19:59:45
う~ん 実際、アタマいい人はミニバンなんか買わないよね
クルマ選びするときってディーラー行って止まってる車体を長く見るよね
そしたらとにかく広いほうが快適そうなわけよ
そのことでアタマのなか支配されて、走ってる時が想像つかない脳みそ
あっ 子供3人以上、釣りで車中泊とかフル活用している人まで否定はしませんよ
#12 匿名さん2017/10/02(Mon)00:59:00
♯10氏
今回のスパーダのフロントマスクは、「イカツイ系」の中では
良くまとまってんじゃないかな。
家族構成を考えると、ミニバン買う予定は全くないけど、
ヴェルファイアやMC後のノアの顔が、割と好き。(いや、かなり好き)
こんなニーズが結構あるんだと思う。
#13 匿名さん2017/10/02(Mon)01:01:07
♯11
それな。
クルマに興味ない人間が結構買ってるよ。
特に、軽とミニバンのエアロ系(カスタム系っていうの?)
は北関東で特に比率が高いそうだ。

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/08/23)

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

ステップワゴンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアとハイブリッド追加

ホンダ・ステップワゴンのマイナーモデルチェンジが迫っている。2017年9月下旬に実施される予定で、発売日は9月28日あたりが見込まれる。

(写真は新型ステップワゴンスパーダハイブリッド、ティザー画像)
ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

現行型ステップワゴンは2015年にフルモデルチェンジした5代目モデル。これまで販売面で苦戦を強いられており、その大きな理由として、エクステリアの不人気、ハイブリッドの設定が無いことが挙げられてきた。今回のマイナーモデルチェンジは、これらのデメリットをカバーする内容となる。

ステップワゴン スパーダ フロントグリル

ステップワゴンハイブリッド、スパーダのみに設定され価格競争力は低い

既に上級のスパーダについてはエクステリアの一部が公開されている。このクラスのライバルミニバンでもありがちなシンプルなフロントグリルをホンダ流にアレンジした印象を受けた。

新型ステップワゴン スパーダ

そして、パワートレインは従来型の1.5Lターボに加えて、2.0LのSport Hybrid i-MMDが追加される。ハイブリッドモデルの車両価格は、スパーダハイブリッドBが約314万円、スパーダハイブリッドBホンダセンシングが約330万円、スパーダハイブリッドGホンダセンシングが約335万円、スパーダハイブリッドG EXホンダセンシングが約356万円といったラインアップになる見込み。

(写真はトヨタ・ノア)
ノア

JC08モード燃費は25.0km/Lというリーク情報もあり、これはノア/ヴォクシー ハイブリッドの23.8km/Lより少し上回る水準である。ノア/ヴォクシー ハイブリッドの車両価格は301万4280円~326万9160円であり、対するステップワゴンハイブリッドの値付けは高過ぎると感じた。ハイブリッドをスパーダのみにしか設定できないのも、高価なSport Hybrid i-MMDを採用したことが原因か。

過去記事(2017/07/30)

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

ステップワゴンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアとハイブリッド搭載

ステップワゴンのマイナーモデルチェンジが2017年秋に実施されることが、公式サイトでも明らかとなっている。9月21日発表、9月22日発売のスケジュールが予定されている。

(新型ステップワゴン スパーダのティザー画像)
新型ステップワゴン スパーダ

現行型ステップワゴン発売から約2年半の販売期間を経てのマイナーモデルチェンジはフェイスリフトが実施される予定で、なかでも注目されているのが上級のスパーダである。新エクステリアのティザー画像が発表されるなど、マイナーモデルチェンジとしては力の入ったプロモーションが行われており、前期型で不振であった販売台数の回復が期待される。

ステップワゴン スパーダ 新デザイン

スパーダの新エクステリア、オーソドックスなミニバンデザインを採用

新型ステップワゴン スパーダのフロントデザインは、コの字型LEDポジションマークと多連LEDヘッドランプにより、従来型から眼つきを大きく変える。新たなシングルフレームグリルらしきものも確認でき、日産・セレナあるいはトヨタ・ノアで使われてきたオーソドックスなミニバンデザインとなりそう。これに近いフロントデザインはS660やアコードといったホンダの他モデルでも採用してきたから、魂を売ったというわけでもないのだろう。

(写真はアコード北米仕様)
アコード 北米仕様 ホンダ

そして、パワートレインは新たに2.0L ハイブリッドのSPORT HYBRID i-MMDが加わる。ステップワゴンのハイブリッドモデルがようやく実現されることになるが、これはスパーダのみに限られる。車両価格の設定によっては、通常ステップワゴンは廉価モデルのイメージを強め、販売のメインは新デザインでハイブリッドもあるスパーダとなる可能性がある。

この他、Honda SENSINGの機能追加も盛り込まれる予定となっている。

過去記事(2017/07/14)

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

ステップワゴン後期モデルは、新エクステリアと2.0Lハイブリッド

ホンダのミドルクラスミニバン、ステップワゴンのマイナーモデルチェンジ発売が2017年9月にスケジュールされている。事前予約の受付が8月にも開始される見込みで、実質的な販売がスタートする。

(写真は現行ステップワゴン スパーダ)
ステップワゴンスパーダ

2015年に発売された現行ステップワゴンであるが、販売台数が伸び悩んでいる状況である。販売立て直しのためエクステリア、パワートレインの両面での見直しが図られるということで、今回のマイナーモデルチェンジは注目度が高い。

ステップワゴン スパーダ リアゲート

ステップワゴン後期型のエクステリアは、上級のスパーダで押し出し感が相当強められ、近年流行のミニバンデザインが取り入れられる見込み。フィット、フリードなどホンダ主力モデルの共通デザインテーマからは外れてしまう可能性があるが、そもそもブランド統一デザインのようなものをユーザーはホンダ車に求めていないのではないだろうか。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴン スパーダ ステップワゴン スパーダ リアコンビネーションランプ

ステップワゴンハイブリッドは燃費性能でノア/ヴォクシー/エスクァイアを超えてクラストップに

そして、追加パワートレインとして、2.0L Sport Hybrid i-MMD搭載モデルが導入される。現行の1.5L VTEC-TURBOエンジンは、燃費性能ではハイブリッドに全く及ばず、価格面でNAエンジンよりも割高感があることから、ユーザーが魅力を感じていない印象である。

(写真はSport Hybrid i-MMD搭載オデッセイ)
オデッセイハイブリッド i-MMD

2.0L Sport Hybrid i-MMDはオデッセイでの採用実績があり、そのJC08モード燃費は26.0km/Lとなっている。ボディサイズが小さいステップワゴンでは、少なくともこの数値よりも良くなることが想定される。ライバルのノア/ヴォクシー/エスクァイアの各ハイブリッドモデルは、23.8km/Lであるから、ステップワゴンハイブリッドがクラストップの燃費性能となるだろう。

過去記事(2017/06/26)

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

後期型ステップワゴンは2.0L Sport Hybrid i-MMDを追加採用、車両価格は高くなりそう

ホンダ・ステップワゴンが今秋のマイナーモデルチェンジで、ハイブリッドモデルを追加するということであった。同時に大幅フェイスリフトも実施され、現行のエコ顔からワル顔へとイメージを変える。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴン スパーダ

ステップワゴンは、トヨタ・ノア/ヴォクシー、日産・セレナといった2.0Lクラスミニバンとライバル関係にあるモデル。ただし、2015年フルモデルチェンジの5代目からは販売台数が伸び悩んでおり、他のライバル車に水をあけられている状況となっている。

ステップワゴン スパーダ リアコンビネーションランプ

この状況を打開するため、今回のマイナーモデルチェンジはかなり大掛かりなものが予定されている。パワートレインでは、現行の1.5Lターボに加え、アコードやオデッセイに先行導入されてきた2.0LのSport Hybrid i-MMDを搭載するモデルが追加ラインアップされる。これまでハイブリッドをウリに販売台数を伸ばしてきたノア/ヴォクシーのTHSⅡとの比較では、燃費性能はホンダのi-MMDの方が優れることが予想されるが、コストが高く価格で不利になる可能性がある。

(写真はオデッセイのSport Hybrid i-MMD)
オデッセイハイブリッド i-MMD

後期型ステップワゴンは不評だったエクステリアを大幅改良、大型メッキグリルで押し出し感アップ

エクステリアではフロントグリルの大幅拡大とメッキ加飾により、押し出し感の強いワル顔となる。好みにより賛否両論ありそうだが、ワル顔のワンボックス車が売れるのはトレンドでもあり、販売台数の増加が期待できそう。

後期型ステップワゴンは2017年10月の発売が見込まれてる。同時期に開催される東京モーターショーにも出品され、販売促進にも力が入れられるだろう。

過去記事(2017/04/10)

ホンダ・ステップワゴン、マイナーチェンジ&ハイブリッド追加は9月の予測

ステップワゴンにSport Hybrid i-MMD搭載車が追加、販売台数回復に期待

ホンダのミドルクラスミニバン、ステップワゴンのマイナーモデルチェンジが2017年9月頃にも行われる予定となっている。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴン

ホンダはステップワゴンを2015年にフルモデルチェンジさせ、5代目モデルの販売をスタートさせた。ただし、その販売実績は芳しくなく、トヨタのノア/ヴォクシー/エスクァイア、日産のセレナに対して、大きく水をあけられている状況となっている。これを打開するためのマイナーモデルチェンジが計画されており、弱点とされていたエクステリアの改良と、ハイブリッドモデルの追加が実施される見込みだ。

ステップワゴンスパーダ ステップワゴン スパーダ リアゲート

ステップワゴンがマイチェン、新エクステリアで人気は復活できるか

ステップワゴンの不人気の原因の一つとされるエクステリアデザインは、フィットなどと共通するデザインコンセプトで、エコイメージが強調されたシンプルなものとなっている。ただし同クラスのミニバン市場は、トヨタや日産のライバルモデルが採用するような押し出し感の強いデザインが好まれており、ステップワゴンの独自性は評価されつつも販売台数としては苦しくなる。このあたり、どういった改良となるかが注目される。

ステップワゴン リアゲート ステップワゴン リアシート

また、跳ね上げ式+ヒンジドアで構成されるわくわくゲートも、期待するほど支持を受けていない印象である。使い勝手の良さよりも、バックスタイルのカッコ悪さが目立ってしまっているのではないか。新デザインに期待したいところだ。

(写真はSport Hybrid i-MMD)
アコードハイブリッド i-mmd

追加されるパワートレインは、1.5L Sport Hybrid i-DCDと2.0L Sport Hybrid i-MMDの二案があったが、後者の2.0Lに決まりそう。アコードハイブリッドやオデッセイハイブリッドと同タイプのパワートレインということになり、燃費性能および出力性能でクラストップとなる可能性もある。ただし、車両価格は非常に高くなりそうで、販売台数に大きくは寄与できないかもしれない。

過去記事(2017/02/07)

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

ステップワゴンハイブリッド、今秋の東京モーターショー2017に公開の可能性

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドが2017年秋にデビューされる見込みとなっている。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴン

現行ステップワゴンは2015年4月に発売された5代目モデルであるが、これが販売不振と言わざるを得ない状況となっている。

最新の2017年1月の同クラスミニバンの販売台数は、トヨタのノア/ヴォクシー/エスクァイアが姉妹モデル合計で1万3198台、日産のセレナが1万1179台。これらに対し、ステップワゴンはわずか3380台という結果となった。これらの各モデルはミニバン三強とも言われることが多かったが、現在の販売台数ではステップワゴンを除いた二強状況となっている。

ステップワゴン リアシート ステップワゴン リアゲート

ステップワゴンは後期型へマイナーモデルチェンジ、ハイブリッド追加とフェイスリフト

そんな中、追加発売されるステップワゴンハイブリッドは、不振にあえぐ販売サイドにとっては待望のモデルということになる。現行ステップワゴンは1.5L VTEC-TURBOが搭載されるが、燃費性能、パワー、価格の何れもが中途半端に感じられる。ステップワゴンハイブリッドには、オデッセイに搭載されるi-MMDハイブリッドが採用される可能性が高く、燃費性能を大幅に向上させてくるだろう。

(写真は現行ステップワゴン スパーダ)
ステップワゴンスパーダ ステップワゴン スパーダ リアゲート

これまでステップワゴンシリーズは5年前後のサイクルでフルモデルチェンジを受けてきたから、今秋のタイミングで後期モデルに向けたフェイスリフトが実施されることも期待したい。現行ステップワゴンが売れないのはハイブリッドが無いことだけが原因ではなく、エクステリアの失敗もあるはず。わくわくゲートにしても利便性の向上よりもカッコ悪さが目立っている印象だ。

過去記事(2016/12/05)

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ホンダ・ステップワゴンの販売が不振、ハイブリッドモデルの追加発売が急がれる

現行ステップワゴンはダウンサイジングターボエンジンの1.5L VTEC-TURBOの搭載で2015に発売されたモデルであった。月間販売目標として5000台が設定されているが、達成が難しい状況が続いており、ホンダとしてもテコ入れが必要となっている。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴンスパーダ

そもそもステップワゴンの人気が伸び悩む原因の最たるものとして、ハイブリッドモデルが設定されていないということがあった。同クラスのミニバンのベンチマークとして考えられるのがトヨタ勢のノア/ヴォクシー/エスクァイアであるが、THSⅡハイブリッドモデルを設定したことが功を奏し、三姉妹モデル総計で月間1万5千台規模の販売台数を維持している。また日産のセレナもマイルドハイブリッドの他、自動運転技術のプロパロットを採用することで2016年秋のフルモデルチェンジ後は月間1万2千台規模の販売実績をあげている。

ステップワゴン スパーダ リアゲート ステップワゴン インテリア

そんななか、ステップワゴンはライバル勢に対し、残念ながら一人負け状態となっており、ハイブリッドモデルの追加発売が急がれるところとなっている。

ステップワゴン リアゲート ステップワゴン

ステップワゴンハイブリッドにはi-MMDハイブリッドの搭載を予想、燃費性能はクラストップに

ステップワゴン程度の車体重量サイズであれば、1.5Lのi-DCDハイブリッドあるいは2.0Lのi-MMDハイブリッドのいずれかの採用になることが予想される。現行モデルが1.5Lターボであることを考えるとi-DCDハイブリッドでも十分なパフォーマンスであることが予想できるが、やはり燃費性能に優れるのはi-MMDハイブリッドということになる。現在はi-MMDハイブリッドの採用が有力視される。

(写真はスポーツハイブリッド i-MMD搭載オデッセイ)
オデッセイハイブリッド i-MMD

i-MMDハイブリッドは既にオデッセイにおいて搭載実績があり、これでのJC08モード燃費は26.0km/Lとなっている。ボディサイズの小さいステップワゴンに同システムが搭載されることになれば、この数値よりは優れた燃費性能となるわけで、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの23.8km/Lを超え、クラストップの燃費性能となるだろう。

オデッセイハイブリッド

ただし、現行のノア/ヴォクシー/エスクァイアに搭載されるTHSⅡは旧式のものである。新型プリウスに採用された新式のTHSⅡに刷新されれば、i-MMDハイブリッドでも太刀打ちできないかもしれない。

ステップワゴンハイブリッドの登場時期は2017年秋頃が予想され、東京モーターショー2017にも出展されることになるだろう。

ステップワゴン2017年秋に導入予定のハイブリッドモデルは1.5Lの可能性

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

ステップワゴンハイブリッドが2016年後半に発売、Sport Hybrid i-DCDの採用か

ホンダ新型ステップワゴンの受注台数1万5000台超えを発表、VTEC-TURBO搭載

新型ステップワゴンの初期受注が好調、販売2週間で10000台を超える

ホンダ・ステップワゴンがフルモデルチェンジ、新開発1.5Lターボ搭載で4月24日発売

新型ステップワゴンは1.5L VTEC-TURBOとわくわくゲートでライバルに対抗

ステップワゴンのフルモデルチェンジ発表は2015年4月23日、1.5L VTEC TURBO

ステップワゴンが2014年度内フルモデルチェンジ、1.5Lガソリンターボを初搭載

次期ステップワゴンに2.0Lハイブリッド有り、リチウムイオンバッテリー採用

ステップワゴンターボが2014年内の発売予測、1.5Lへダウンサイジング

ステップワゴンはフルモデルチェンジは来年以降、新開発1.5L VTEC TURBO搭載

ステップワゴンは1.5L直噴ターボエンジン搭載で2014年内にフルモデルチェンジ

次期ステップワゴンに1.5Lターボ有り、ホンダがダウンサイジング過給を導入

ステップワゴン ハイブリッドが開発中、2014年の発売

ステップワゴンが4月にマイナーチェンジ、アイドリングストップが追加

ステップワゴンにハイブリッド版が投入

ホンダ車、納期のまとめ/フィットハイブリッド,フリード,ステップワゴン他

リセールバリューでお得なのは?MRワゴン,ワゴンR,ステップワゴン,ストリーム

ミニバン(2.0Lクラス以下)実用燃費ランキング 6位~

セレナ、ノア、ヴォクシー、ステップワゴン箱型ミニバンの比較

ステップワゴン新型4代目RK型は広いパッケージングの評判がいい

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先