car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ステップワゴンは1.5L直噴ターボエンジン搭載で2014年内にフルモデルチェンジ

次期ステップワゴンはダウンサイジングターボエンジンが搭載される

現行ステップワゴンは2009年にデビューした4代目モデルであり、来年2014年末のフルモデルチェンジが計画されている。その次期ステップワゴンに搭載されるパワーユニットとしてはハイブリッドエンジン案があったが、それよりも新開発の1.5L直噴ターボエンジンが優先して検討されている。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴン スパーダ 2013

次期ステップワゴンのハイブリッド化は遅れる、本命は1.5L直噴ターボ

12月1日に閉幕した東京モーターショー2013では、トヨタの新型ノア&ヴォクシーが出展され、ステップワゴンの直接的なライバル車がフルモデルチェンジしハイブリッド化した。日産・セレナも昨年2012年に一足早くハイブリッド化しており、従来型のガソリンエンジンしかラインアップしないのは、ホンダのステップワゴンのみといった状況である。

(写真は新型ヴォクシー コンセプト)
新型ヴォクシー コンセプト

(写真は新型セレナ S-ハイブリッド)
日産 セレナ

そんななか次期ステップワゴンは、新開発の1.5L直噴ダウンサイジングターボエンジンを搭載することで燃費性能が向上される。そのJC08モード燃費は、セレナ S-ハイブリッドの16.0km/Lは軽く超えて、ノア&ヴォクシーハイブリッドの23.8km/Lに迫る数値が期待される。さらに、ダウンサイジングターボエンジンはローコストなシステムであるためライバルのハイブリッド車らに対して安い車両価格を設定することができるだろう。

この他、ステップワゴンにハイブリッドエンジンを搭載したモデルも計画されてはいるものの、その投入時期はやや遅くなり次期モデル後半以降からとなりそうだ。

(写真はアコードに搭載されるSport Hybrid i-MMD)
アコードハイブリッド i-mmd

ホンダはアコードハイブリッドで実績のある2.0Lのハイブリッドシステムを持っているが、こちらはリチウムイオンバッテリーを使用した2モーター式で燃費性能には優れるが上級車向けパワートレインという位置付け。トヨタのハイブリッドシステムのTHSⅡほどローコスト化も進んでおらず、ステップワゴンクラスの車種にアコードの2.0Lハイブリッドを搭載させるのは現段階では難しいと考える。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント