ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

ステップワゴンが販売不振、ホンダのダウンサイジングターボ戦略は失策か

ホンダの現行ステップワゴンは2015年に発売されたモデルであった。そして、後追いで発売される見込みであったハイブリッドモデルがまだラインアップされていないが、当初想定されていた2016年後半の発売に間に合いそうにない。ステップワゴンハイブリッドの発売は2017年秋頃まで延期されることになりそうだ。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンに現在のところ導入されるパワートレインは、1.5LのVTEC-TURBOのみとなっている。国産同クラスで唯一のダウンサイジングターボということで、性能と価格のバランスの良さが魅力である。ただし、販売台数を見ると、まだニューモデルと呼べる時期にありながらも目標の月販5000台に到達しない月が目立つ。やはり、ダウンサイジングターボは認知度が低く、市場から求められているのはハイブリッドであることが鮮明となった。

ステップワゴン スパーダ リアゲート

ステップワゴンハイブリッドに搭載されるのは2.0L Sport Hybrid i-MMDが有力

そんな中、ホンダは2016年2月にオデッセイハイブリッドを発売。ステップワゴンよりワンクラス上のミニバンモデルにハイブリッドを設定してきた。ステップワゴンに搭載されるのは、このオデッセイハイブリッドと同タイプの2.0L Sport Hybrid i-MMDとなる可能性が高い。

(写真はオデッセイハイブリッド)
オデッセイハイブリッド オデッセイハイブリッド i-MMD

オデッセイハイブリッドのJC08モード燃費は26.0km/Lで、ステップワゴンハイブリッドもこれに近い数値になることが予想される。ライバルのトヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイアのJC08モード燃費23.8km/Lを上回り、クラストップの燃費性能が与えられることになる。

関連するレポート

[ 2016/07/23 ]
#1 匿名さん2016/07/24(Sun)11:18:24
いいえ発売はありません(断言)
#2 全能2016/07/24(Sun)12:56:28
あの顔どうにかしてください、フリードとのフュージョン失敗したみたいな!
#3 匿名さん2016/07/24(Sun)13:15:09
あのグリルデザインはイマイチ。前作のスパーダの方がマシ
#4 匿名さん2016/07/24(Sun)16:12:04
カッコ悪いよねぇ。どんなエンジンを載せても欲しいと思わない。バックドアもどうせなら観音開きを設ければいいのに。
#5 匿名さん2016/07/24(Sun)16:42:59
売れないとハイブリッド投入の流れね
だったら最初から出せよ!みたいな
しかも2モーターハイブリッドとか
ステップワゴン買う層には高すぎて誰も買わんだろ
#6 匿名さん2016/07/25(Mon)14:14:19
またセレナに負ける
ホンダも最近同じ顔ばかりで
ロボットフェイス
同じ顔でもマツダやスバルを
見習って職人技を見せて。
#7 匿名さん2016/07/25(Mon)16:06:37
顔を先のショーで展示のあったモデューロコンセプトを標準にして、
追従クルコンを全車速対応にしてi-MMDハイブリッドで30km/L達成して
300万切ってようやく土俵に上がれるレベル。
#8 匿名さん2016/07/28(Thu)09:56:54
ターボだ、ハイブリッドだの前に
ミニバン買う層は
もっとゴテゴテ、ギラギラした
悪く言えば下品なフロントを好むから。
#9 匿名さん2016/08/10(Wed)15:12:45
アホンダ!
#10 匿名さん2017/02/22(Wed)10:41:14
性能よくなってもあの顔だとマニアしか買えないだろ!
#11 匿名さん2017/02/28(Tue)21:59:32
ハイブリッドなんていらない。
無駄なバックドアを普通の一枚ものにしてくれ。
結局2代目と4代目がまともに見える。
#12 匿名さん2017/07/09(Sun)14:18:59
代々乗り継いでいますが
デザインのバランスがここまで悪いと売れるものも売れないかと。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.