ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

後期型ステップワゴンは2.0L Sport Hybrid i-MMDを追加採用、車両価格は高くなりそう

ホンダ・ステップワゴンが今秋のマイナーモデルチェンジで、ハイブリッドモデルを追加するということであった。同時に大幅フェイスリフトも実施され、現行のエコ顔からワル顔へとイメージを変える。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴン スパーダ

ステップワゴンは、トヨタ・ノア/ヴォクシー、日産・セレナといった2.0Lクラスミニバンとライバル関係にあるモデル。ただし、2015年フルモデルチェンジの5代目からは販売台数が伸び悩んでおり、他のライバル車に水をあけられている状況となっている。

ステップワゴン スパーダ リアコンビネーションランプ

この状況を打開するため、今回のマイナーモデルチェンジはかなり大掛かりなものが予定されている。パワートレインでは、現行の1.5Lターボに加え、アコードやオデッセイに先行導入されてきた2.0LのSport Hybrid i-MMDを搭載するモデルが追加ラインアップされる。これまでハイブリッドをウリに販売台数を伸ばしてきたノア/ヴォクシーのTHSⅡとの比較では、燃費性能はホンダのi-MMDの方が優れることが予想されるが、コストが高く価格で不利になる可能性がある。

(写真はオデッセイのSport Hybrid i-MMD)
オデッセイハイブリッド i-MMD

後期型ステップワゴンは不評だったエクステリアを大幅改良、大型メッキグリルで押し出し感アップ

エクステリアではフロントグリルの大幅拡大とメッキ加飾により、押し出し感の強いワル顔となる。好みにより賛否両論ありそうだが、ワル顔のワンボックス車が売れるのはトレンドでもあり、販売台数の増加が期待できそう。

後期型ステップワゴンは2017年10月の発売が見込まれてる。同時期に開催される東京モーターショーにも出品され、販売促進にも力が入れられるだろう。

関連するレポート

[ 2017/06/26 ]
#1 a2017/06/27(Tue)19:09:30
顔はNBOX風がいいかも、リアゲートの冷蔵庫ドアはOPにすべき
#2 匿名サン2017/06/27(Tue)22:02:38
メーカーは やたらと燃費ばかりに力を入れているけど 買い手が決める第一印象はデザイン(スタイル)なんだけど…

それに今、
話題になってる自動運転技術なんて 本当に消費者は求めてると思ってるの?
#3 匿名さん2017/06/27(Tue)22:37:52
>>2 自動運転はめちゃめちゃ求められてるだろー
燃費だって求められてる
僅差ならカッコイイ方を選ぶけど
#4 あっち2017/06/27(Tue)23:00:12
旧型RK-5からの乗り替え候補に出来ませんでした。
どうしてもデザインが好きになれない。
すれ違うまで、フィットに見えちゃう❗
#5 匿名さん2017/06/27(Tue)23:52:40
i-MMDシステムはまだ高価なシステム、トヨタの車とどこまでコストで張り合えるか…だな。THSⅡだっていつまでも同じではないだろうしな。
思い切ってハイブリッドターボぐらいの大技してほしいな。
#6 匿名さん2017/06/28(Wed)06:01:15
自動運転求めずに今車買った方、5年後には渋滞中に必死に運転してるのが恥ずかしくなってるはずですよ!
#7 匿名さん2017/06/28(Wed)07:27:06
リアのデザインが問題だよ。
#8 匿名さん2017/06/28(Wed)07:52:44
自動運転求めて今買った方は、5年後更に進んだ自動運転とくらべて恥ずかしくなるのでは・・・・
今の自動運転はまだ中途半端すぎて自動運転だけでは購買意欲がわかない。
#9 匿名さん2017/06/28(Wed)09:18:04
自動運転なんて今は要らないと思う。
5年後に必要だと感じたらその時代の自動運転搭載車に買い換えれば良いだけ

#10 匿名さん2017/06/28(Wed)11:08:50
人柱データ取りしないと、開発のペースが上がらない
#11 匿名さん2017/06/28(Wed)20:02:31
人の動きはソフトウェアでは予測不能だ。
高速道路なら自動運転は可能だろう…
スマホを車にセットして高速道路全体に通信網をつけ
前後100台で距離を測って渋滞とさらば。
何年後だよ〜
#12 匿名さん2017/06/30(Fri)17:44:48
なぜ威圧感のある方が売れるのかね?トレンド?
デザインが好きで買ったんだけど。
気に入ってるけどね。
車幅狭いから狭い所ですれ違いも気にならないし、わくわくゲートかなり便利に使ってるし、センシングも便利だなぁと思うし、欲を言えば燃費がもう少し良ければなお良しって感じだけどね。
#13 匿名さん2017/06/30(Fri)20:28:12
同じ金出すなら、威圧感あるほうが高く見えるってのはありそう
#14 匿名さん2017/07/01(Sat)14:20:39
少なくとも今のデザインはスマート過ぎて軽と見間違ってしまう。
#15 匿名さん2017/07/01(Sat)21:30:43
最近のホンダはダメだな。
国内シェアは薄利のエヌボックス頼り。
せっかく掴んだミニバン利権丸投げして何考えてんのか。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.