ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

後期型ステップワゴンは2.0L Sport Hybrid i-MMDを追加採用、車両価格は高くなりそう

ホンダ・ステップワゴンが今秋のマイナーモデルチェンジで、ハイブリッドモデルを追加するということであった。同時に大幅フェイスリフトも実施され、現行のエコ顔からワル顔へとイメージを変える。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴン スパーダ

ステップワゴンは、トヨタ・ノア/ヴォクシー、日産・セレナといった2.0Lクラスミニバンとライバル関係にあるモデル。ただし、2015年フルモデルチェンジの5代目からは販売台数が伸び悩んでおり、他のライバル車に水をあけられている状況となっている。

ステップワゴン スパーダ リアコンビネーションランプ

この状況を打開するため、今回のマイナーモデルチェンジはかなり大掛かりなものが予定されている。パワートレインでは、現行の1.5Lターボに加え、アコードやオデッセイに先行導入されてきた2.0LのSport Hybrid i-MMDを搭載するモデルが追加ラインアップされる。これまでハイブリッドをウリに販売台数を伸ばしてきたノア/ヴォクシーのTHSⅡとの比較では、燃費性能はホンダのi-MMDの方が優れることが予想されるが、コストが高く価格で不利になる可能性がある。

(写真はオデッセイのSport Hybrid i-MMD)
オデッセイハイブリッド i-MMD

後期型ステップワゴンは不評だったエクステリアを大幅改良、大型メッキグリルで押し出し感アップ

エクステリアではフロントグリルの大幅拡大とメッキ加飾により、押し出し感の強いワル顔となる。好みにより賛否両論ありそうだが、ワル顔のワンボックス車が売れるのはトレンドでもあり、販売台数の増加が期待できそう。

後期型ステップワゴンは2017年10月の発売が見込まれてる。同時期に開催される東京モーターショーにも出品され、販売促進にも力が入れられるだろう。

関連するレポート

[ 2017/06/26 ]
#1 a2017/06/27(Tue)19:09:30
顔はNBOX風がいいかも、リアゲートの冷蔵庫ドアはOPにすべき
#2 匿名サン2017/06/27(Tue)22:02:38
メーカーは やたらと燃費ばかりに力を入れているけど 買い手が決める第一印象はデザイン(スタイル)なんだけど…

それに今、
話題になってる自動運転技術なんて 本当に消費者は求めてると思ってるの?
#3 匿名さん2017/06/27(Tue)22:37:52
>>2 自動運転はめちゃめちゃ求められてるだろー
燃費だって求められてる
僅差ならカッコイイ方を選ぶけど
#4 あっち2017/06/27(Tue)23:00:12
旧型RK-5からの乗り替え候補に出来ませんでした。
どうしてもデザインが好きになれない。
すれ違うまで、フィットに見えちゃう❗
#5 匿名さん2017/06/27(Tue)23:52:40
i-MMDシステムはまだ高価なシステム、トヨタの車とどこまでコストで張り合えるか…だな。THSⅡだっていつまでも同じではないだろうしな。
思い切ってハイブリッドターボぐらいの大技してほしいな。
#6 匿名さん2017/06/28(Wed)06:01:15
自動運転求めずに今車買った方、5年後には渋滞中に必死に運転してるのが恥ずかしくなってるはずですよ!
#7 匿名さん2017/06/28(Wed)07:27:06
リアのデザインが問題だよ。
#8 匿名さん2017/06/28(Wed)07:52:44
自動運転求めて今買った方は、5年後更に進んだ自動運転とくらべて恥ずかしくなるのでは・・・・
今の自動運転はまだ中途半端すぎて自動運転だけでは購買意欲がわかない。
#9 匿名さん2017/06/28(Wed)09:18:04
自動運転なんて今は要らないと思う。
5年後に必要だと感じたらその時代の自動運転搭載車に買い換えれば良いだけ

#10 匿名さん2017/06/28(Wed)11:08:50
人柱データ取りしないと、開発のペースが上がらない
#11 匿名さん2017/06/28(Wed)20:02:31
人の動きはソフトウェアでは予測不能だ。
高速道路なら自動運転は可能だろう…
スマホを車にセットして高速道路全体に通信網をつけ
前後100台で距離を測って渋滞とさらば。
何年後だよ〜
#12 匿名さん2017/06/30(Fri)17:44:48
なぜ威圧感のある方が売れるのかね?トレンド?
デザインが好きで買ったんだけど。
気に入ってるけどね。
車幅狭いから狭い所ですれ違いも気にならないし、わくわくゲートかなり便利に使ってるし、センシングも便利だなぁと思うし、欲を言えば燃費がもう少し良ければなお良しって感じだけどね。
#13 匿名さん2017/06/30(Fri)20:28:12
同じ金出すなら、威圧感あるほうが高く見えるってのはありそう
#14 匿名さん2017/07/01(Sat)14:20:39
少なくとも今のデザインはスマート過ぎて軽と見間違ってしまう。
#15 匿名さん2017/07/01(Sat)21:30:43
最近のホンダはダメだな。
国内シェアは薄利のエヌボックス頼り。
せっかく掴んだミニバン利権丸投げして何考えてんのか。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.