car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

ステップワゴンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアとハイブリッド搭載

ステップワゴンのマイナーモデルチェンジが2017年秋に実施されることが、公式サイトでも明らかとなっている。9月21日発表、9月22日発売のスケジュールが予定されている。

(新型ステップワゴン スパーダのティザー画像)
新型ステップワゴン スパーダ

現行型ステップワゴン発売から約2年半の販売期間を経てのマイナーモデルチェンジはフェイスリフトが実施される予定で、なかでも注目されているのが上級のスパーダである。新エクステリアのティザー画像が発表されるなど、マイナーモデルチェンジとしては力の入ったプロモーションが行われており、前期型で不振であった販売台数の回復が期待される。

ステップワゴン スパーダ 新デザイン

スパーダの新エクステリア、オーソドックスなミニバンデザインを採用

新型ステップワゴン スパーダのフロントデザインは、コの字型LEDポジションマークと多連LEDヘッドランプにより、従来型から眼つきを大きく変える。新たなシングルフレームグリルらしきものも確認でき、日産・セレナあるいはトヨタ・ノアで使われてきたオーソドックスなミニバンデザインとなりそう。これに近いフロントデザインはS660やアコードといったホンダの他モデルでも採用してきたから、魂を売ったというわけでもないのだろう。

(写真はアコード北米仕様)
アコード 北米仕様 ホンダ

そして、パワートレインは新たに2.0L ハイブリッドのSPORT HYBRID i-MMDが加わる。ステップワゴンのハイブリッドモデルがようやく実現されることになるが、これはスパーダのみに限られる。車両価格の設定によっては、通常ステップワゴンは廉価モデルのイメージを強め、販売のメインは新デザインでハイブリッドもあるスパーダとなる可能性がある。

この他、Honda SENSINGの機能追加も盛り込まれる予定となっている。

#1 匿名さん2017/07/31(Mon)11:16:31
まだアクが弱そうに見えるのは俺だけ?
#2 匿名さん2017/07/31(Mon)19:56:46
弱いかもしれんね。安売りしてバラまかないと、次期型は無くなるか終了するぞ。
#3 匿名さん2017/07/31(Mon)21:53:37
これヘッドライトの上にグリルの延長が乗っかってんの?
よく分からんな。
#4 匿名さん2017/08/01(Tue)01:30:27
まだ全体像が解らないな。9.22発売の割に情報が小出しなのは何故?
#5 匿名さん2017/08/01(Tue)10:10:53
ハイブリッドをスパーダ限定にする意味がわからない
#6 匿名さん2017/08/01(Tue)16:39:31
これで販売台数伸びるといいね。
#7 匿名さん2017/08/02(Wed)02:27:19
新NBOXカスタムと同じ顔
#8 匿名さん2017/08/02(Wed)03:02:03
この顔、生理的に無理かも。
#9 匿名さん2017/08/04(Fri)21:39:50
ブランド統一デザインの呪縛やめたほうがいい、ああいうのはシェア少ない海外メーカでしか成り立たないだろ

名前(任意)
コメント