car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ステップワゴンのフルモデルチェンジ発表は2015年4月23日、1.5L VTEC TURBO

ホンダ・ステップワゴンが4月にFMC、ボディサイズは5ナンバー維持で少し拡大

ホンダの3列シートミニバン、ステップワゴンがフルモデルチェンジすることになった。発表が2015年4月23日、翌24日発売のスケジュールで進められている。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴン スパーダ

新型ステップワゴンのボディサイズは全長4735mm×全幅1695mm×全高1840mmとなり5ナンバーサイズが維持されることになる。ホイールベースは2890mm。現行モデルとの比較では、全長+45mm、全幅変わらず、全高+25mm、ホイールベース+35mmとなり、全体としては少しだけ大きくなる。

ステップワゴン スパーダ リアコンビネーションランプ

新型ステップワゴンは1.5Lダウンサイジングターボエンジン搭載で燃費性能向上

新型ステップワゴンで特に注目されているのが搭載されるパワーユニットである。

新開発の1.5L VTEC-TURBOが初採用される見込みとなっており、その最高出力は150ps、最大トルクは20.7kgmとなる。排気量を1.5Lにダウンサイジングしながらも過給器の装備で、現行ステップワゴンの2.0L NAエンジン並の出力が実現された。

JC08モード燃費についてはこれから発表を待つことになるが、排気量が小さくなったこともあり、現行モデルの15.0km/Lからの大幅な向上が期待される。

VTEC TURBO

そして、車両価格は228万8000円がエントリー価格になる見込み。現行モデルのエントリー価格の225万514円と比較すればわずかな値上がりとなるが、燃費性能が向上するほか税制面でも有利な1.5Lターボが搭載されることを考えると、コストパフォーマンスは良くなることになるだろう。

使い勝手の面ではリアゲートに、わくわくゲートと名付けられた新機構が採用される。従来型同様の縦開きに加え、ちょっとした荷物の出し入れで使いやすい横開き機能が備わる。

さらに、ハイブリッドエンジン搭載モデルも計画されているが、こちらは2016年以降に後追いで発売されることになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント