ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ホンダ・ステップワゴンの販売が不振、ハイブリッドモデルの追加発売が急がれる

現行ステップワゴンはダウンサイジングターボエンジンの1.5L VTEC-TURBOの搭載で2015に発売されたモデルであった。月間販売目標として5000台が設定されているが、達成が難しい状況が続いており、ホンダとしてもテコ入れが必要となっている。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴンスパーダ

そもそもステップワゴンの人気が伸び悩む原因の最たるものとして、ハイブリッドモデルが設定されていないということがあった。同クラスのミニバンのベンチマークとして考えられるのがトヨタ勢のノア/ヴォクシー/エスクァイアであるが、THSⅡハイブリッドモデルを設定したことが功を奏し、三姉妹モデル総計で月間1万5千台規模の販売台数を維持している。また日産のセレナもマイルドハイブリッドの他、自動運転技術のプロパロットを採用することで2016年秋のフルモデルチェンジ後は月間1万2千台規模の販売実績をあげている。

ステップワゴン スパーダ リアゲート ステップワゴン インテリア

そんななか、ステップワゴンはライバル勢に対し、残念ながら一人負け状態となっており、ハイブリッドモデルの追加発売が急がれるところとなっている。

ステップワゴン リアゲート ステップワゴン

ステップワゴンハイブリッドにはi-MMDハイブリッドの搭載を予想、燃費性能はクラストップに

ステップワゴン程度の車体重量サイズであれば、1.5Lのi-DCDハイブリッドあるいは2.0Lのi-MMDハイブリッドのいずれかの採用になることが予想される。現行モデルが1.5Lターボであることを考えるとi-DCDハイブリッドでも十分なパフォーマンスであることが予想できるが、やはり燃費性能に優れるのはi-MMDハイブリッドということになる。現在はi-MMDハイブリッドの採用が有力視される。

(写真はスポーツハイブリッド i-MMD搭載オデッセイ)
オデッセイハイブリッド i-MMD

i-MMDハイブリッドは既にオデッセイにおいて搭載実績があり、これでのJC08モード燃費は26.0km/Lとなっている。ボディサイズの小さいステップワゴンに同システムが搭載されることになれば、この数値よりは優れた燃費性能となるわけで、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの23.8km/Lを超え、クラストップの燃費性能となるだろう。

オデッセイハイブリッド

ただし、現行のノア/ヴォクシー/エスクァイアに搭載されるTHSⅡは旧式のものである。新型プリウスに採用された新式のTHSⅡに刷新されれば、i-MMDハイブリッドでも太刀打ちできないかもしれない。

ステップワゴンハイブリッドの登場時期は2017年秋頃が予想され、東京モーターショー2017にも出展されることになるだろう。

関連するレポート

[ 2016/12/05 ]
#1 匿名さん2016/12/06(Tue)12:10:21
あと一年も待てませんよ、遅すぎませんか
#2 匿名さん2016/12/06(Tue)12:35:30
ハイブリッドよりも、バックドアの選択肢増やした方が良い気が。
#3 匿名さん2016/12/07(Wed)02:07:09
デザインも変えとけ。ミニバンなんぞ見栄え、グリルでっかくすれば買う層は満足するだろ。
#4 匿名さん2016/12/07(Wed)02:11:03
デザインも変えとけ。ミニバンは見栄え、グリルさえでっかくしとけば買う層は満足するだろ。
#5 匿名2016/12/07(Wed)06:20:43
ハイブリッドじゃないんだよ~
デザインなんだよ~
#6 匿名2017/01/31(Tue)22:17:07
ワクワクゲートはオプションにしてほしい!!はっきり要らない。
デザインも残念、どの車にも言えるけど、リアガラスとテールランプが横並びであるデザインは残念過ぎると思う。現行ステップワゴンは前後共に残念!!
四代目ステップワゴン寄りに戻してほしい!!
#7 金子拓哉2017/02/10(Fri)06:23:17
ステップワゴンのカタチが、悪いセレナ、ノアのように、個性を良くして、CVT搭載したら、売れるのに、それが、解ってないです。CVT搭載してください。
#8 匿名さん2017/04/08(Sat)19:38:36
HV以前に迫力不足のフロント、やり過ぎサイド、アンバランスなリアのデザインをなんとかしないと難しいと思うので、残念ながら数年先のフルモデルチェンジを待つしか無いと思います…
#9 匿名さん2017/04/16(Sun)21:21:30
デザインが、悪すぎる。
遠く見たらフリードと区別がつかない。
まぁ~、今のホンダのデザインは格好悪い。
#10 匿名さん2017/04/24(Mon)22:59:15
とりあえず乗ってみろ

名前(任意)
コメント
コメント投稿

アクアがマイナーモデルチェンジでJC08モード燃費38.0km/Lに向上、6月予定

エクストレイルが後期型へマイナーモデルチェンジ、プロパイロット搭載

トヨタが次世代ハイブリッドSUV、C-HRコンセプトの進化版を発表予定

ホンダ新型CR-Vハイブリッドが上海で発表、Sport Hybrid i-MMDを搭載

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

トヨタ・C-HRの販売が好調、長引く納期、2017年生産モデル残りわずか

ホンダ・N-BOXのフルモデルチェンジは少し遅れる、現行型販売は好調

フォレスターは2017年秋 東京モーターショーでのフルモデルチェンジ予想

ホンダ・ステップワゴン、マイナーチェンジ&ハイブリッド追加は9月の予測

スバルXVハイブリッドは2017年フルモデルチェンジ、トヨタTHSⅢを搭載

次期ステップワゴンに2.0Lハイブリッド有り、リチウムイオンバッテリー採用

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

レクサスRX450hLが2017年夏に発売予定、リアオーバーハング延長3列シート車

プリウスが100万台記念特別仕様車に新色追加

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

トヨタがFT-4Xコンセプトを発表、次世代コンパクトクロスオーバーSUV

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ予定

マツダ新型CX-6が2017年秋に発売される見込み、プレマシー後継3列シート

ダイハツからミラ、ミライース後継の新型軽自動車が5月9日に発売

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

トヨタ・アクア、2017年5月の改良でフェイスリフトが盛り込まれる可能性も

マツダ新型CX-5の受注が好調、先代型からの乗り換えユーザーが多い

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

シビックタイプR、ゴルフGTIクラブスポーツSのニュルブルクタイムを更新か

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

i(アイ)三菱HA1W型の評価と口コミ

BMW 4シリーズがマイナーモデルチェンジ、ジュネーブモーターショー画像

ヴィッツにターボ仕様が追加予定

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

セレナS-ハイブリッドの受注が好調、発売初月で12000台を超えた

CX-5(マツダ)が12月にデビュー、スカイアクティブ仕様

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.