ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ホンダ・ステップワゴンの販売が不振、ハイブリッドモデルの追加発売が急がれる

現行ステップワゴンはダウンサイジングターボエンジンの1.5L VTEC-TURBOの搭載で2015に発売されたモデルであった。月間販売目標として5000台が設定されているが、達成が難しい状況が続いており、ホンダとしてもテコ入れが必要となっている。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴンスパーダ

そもそもステップワゴンの人気が伸び悩む原因の最たるものとして、ハイブリッドモデルが設定されていないということがあった。同クラスのミニバンのベンチマークとして考えられるのがトヨタ勢のノア/ヴォクシー/エスクァイアであるが、THSⅡハイブリッドモデルを設定したことが功を奏し、三姉妹モデル総計で月間1万5千台規模の販売台数を維持している。また日産のセレナもマイルドハイブリッドの他、自動運転技術のプロパロットを採用することで2016年秋のフルモデルチェンジ後は月間1万2千台規模の販売実績をあげている。

ステップワゴン スパーダ リアゲート ステップワゴン インテリア

そんななか、ステップワゴンはライバル勢に対し、残念ながら一人負け状態となっており、ハイブリッドモデルの追加発売が急がれるところとなっている。

ステップワゴン リアゲート ステップワゴン

ステップワゴンハイブリッドにはi-MMDハイブリッドの搭載を予想、燃費性能はクラストップに

ステップワゴン程度の車体重量サイズであれば、1.5Lのi-DCDハイブリッドあるいは2.0Lのi-MMDハイブリッドのいずれかの採用になることが予想される。現行モデルが1.5Lターボであることを考えるとi-DCDハイブリッドでも十分なパフォーマンスであることが予想できるが、やはり燃費性能に優れるのはi-MMDハイブリッドということになる。現在はi-MMDハイブリッドの採用が有力視される。

(写真はスポーツハイブリッド i-MMD搭載オデッセイ)
オデッセイハイブリッド i-MMD

i-MMDハイブリッドは既にオデッセイにおいて搭載実績があり、これでのJC08モード燃費は26.0km/Lとなっている。ボディサイズの小さいステップワゴンに同システムが搭載されることになれば、この数値よりは優れた燃費性能となるわけで、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの23.8km/Lを超え、クラストップの燃費性能となるだろう。

オデッセイハイブリッド

ただし、現行のノア/ヴォクシー/エスクァイアに搭載されるTHSⅡは旧式のものである。新型プリウスに採用された新式のTHSⅡに刷新されれば、i-MMDハイブリッドでも太刀打ちできないかもしれない。

ステップワゴンハイブリッドの登場時期は2017年秋頃が予想され、東京モーターショー2017にも出展されることになるだろう。

関連するレポート

[ 2016/12/05 ]
#1 匿名さん2016/12/06(Tue)12:10:21
あと一年も待てませんよ、遅すぎませんか
#2 匿名さん2016/12/06(Tue)12:35:30
ハイブリッドよりも、バックドアの選択肢増やした方が良い気が。
#3 匿名さん2016/12/07(Wed)02:07:09
デザインも変えとけ。ミニバンなんぞ見栄え、グリルでっかくすれば買う層は満足するだろ。
#4 匿名さん2016/12/07(Wed)02:11:03
デザインも変えとけ。ミニバンは見栄え、グリルさえでっかくしとけば買う層は満足するだろ。
#5 匿名2016/12/07(Wed)06:20:43
ハイブリッドじゃないんだよ~
デザインなんだよ~
#6 匿名2017/01/31(Tue)22:17:07
ワクワクゲートはオプションにしてほしい!!はっきり要らない。
デザインも残念、どの車にも言えるけど、リアガラスとテールランプが横並びであるデザインは残念過ぎると思う。現行ステップワゴンは前後共に残念!!
四代目ステップワゴン寄りに戻してほしい!!
#7 金子拓哉2017/02/10(Fri)06:23:17
ステップワゴンのカタチが、悪いセレナ、ノアのように、個性を良くして、CVT搭載したら、売れるのに、それが、解ってないです。CVT搭載してください。
#8 匿名さん2017/04/08(Sat)19:38:36
HV以前に迫力不足のフロント、やり過ぎサイド、アンバランスなリアのデザインをなんとかしないと難しいと思うので、残念ながら数年先のフルモデルチェンジを待つしか無いと思います…
#9 匿名さん2017/04/16(Sun)21:21:30
デザインが、悪すぎる。
遠く見たらフリードと区別がつかない。
まぁ~、今のホンダのデザインは格好悪い。
#10 匿名さん2017/04/24(Mon)22:59:15
とりあえず乗ってみろ

名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.