car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ステップワゴンにハイブリッド版が投入

ステップワゴンハイブリッドが開発中

ホンダにはインサイド、CR-Zといったハイブリッド専用車もあるが、従来の車種にハイブリッドグレードを追加する形で、ハイブリッド車のラインアップを揃えてきている。
そんな中、フィット、フィットシャトル、フリードと来て、次はステップワゴンでハイブリッドが登場する可能性が高まってきた。
これまでのホンダIMAハイブリッドシステムは、小排気量エンジンに最適なシステムであり、1.3Lまたは1.5Lエンジンに電気モーターを組み合わせる形が取られてきた。
ステップワゴンは車体の大きい2.0L級車種なので、従来のIMAハイブリッドの使い回しというわけにはいかなくなる。
2.0Lエンジンのような中排気量エンジン向けのハイブリッドは、ホンダとしては製品化されていないが、プロトタイプとしては開発が進んでいる。
例えば、ホンダの上級セダンであるインスパイア ハイブリッドがそうで、既に関係者の間では試乗できるレベルにまで完成されている。
しかも、電気だけでの走行が可能なプラグインハイブリッド(PHV)というから、これまでのIMAハイブリッドとは全く違うタイプのシステムになる。

従来のIMAハイブリッドは、あくまでもガソリンエンジンが主役。電気モーターは補助的利用に限られていた。
従来型IMAハイブリッドのボアアップ版の1.8Lまたは2.0LのIMAもあり得るが、プロト版インスパイアPHVのシステムを新型ステップワゴンに流用する案も有力。
ただしステップワゴンの車格からすれば、PHVはコストが高すぎる。
プロト版インスパイアPHVよりもバッテリー容量を削減し、プラグイン機能が省略化された通常のハイブリッド版での登場が妥当ではないかと考える。

ステップワゴン
(現行ステップワゴン G・スマートスタイルエディション)

ハイブリッドを出さなければ売れない

ハイブリッドと従来の非ハイブリッドの両タイプがラインアップされるホンダ車だが、ハイブリッドの売れ行きが好調。
発売されたばかりのフィットシャトルについては、8割以上のユーザーがハイブリッド仕様を選択している。
コストパフォーマンスが重視されるフィットですら、4割以上のユーザーがハイブリッドを選ぶ状況だ。
ハイブリッドでなければ売れないという状態になっており、ホンダの主力車種の一つステップワゴンがハイブリッド化すれば、また人気車種になるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント