car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

オデッセイがマイナーモデルチェンジで後期型、東京モーターショー公開画像

フロントグリルを迫力あるデザインに変更、販売台数の回復に期待

ホンダのミニバン、オデッセイが2017年11月にマイナーモデルチェンジを受ける予定となっている。東京モーターショーでは一足早くオデッセイ後期型の姿を見ることができた。

(写真はオデッセイ 後期型 アブソルート)
オデッセイアブソルート後期型

後期型オデッセイはフロントグリルのデザイン変更により印象を大きく変えてきている。横桟のメッキバーが1本増やされ4本となり、グリルフレームサイドにもメッキ装飾が入れられた。

オデッセイ アブソルート フロントグリル

近年のホンダのデザインはフロントグリルの主張が弱く、特にミニバンユーザーからのウケが良くないことが多かった。後期型では、このあたりが改良され、迫力のある顔付きとなった。

フォグランプはラウンド型からスクウェア型に変更された。

オデッセイ アブソルート バックドア オデッセイ アブソルート リアコンビネーションランプ

リア周りはバッジエンブレムの位置変更に留まった。

オデッセイ アブソルート リアシート オデッセイ アブソルート ドア内張り

2列目シートのヘッドレストが大型のしっかりしたものに変更されている。新しく設定されたファブリックの柄も適度に主張がありセンス良く感じた。ドア内張りにも共通ファブリックが貼られておりインテリアデザインに統一感がある。

オデッセイ アブソルート パーキングボタン

ハンドル右下にパーキングボタンが新設される。

オデッセイ アブソルート ナビ

ナビは9インチサイズにグレードアップされている。

オデッセイ アブソルート インテリア

ハイブリッド車のホンダセンシングにはクルーズコントロールが搭載される。

後期型オデッセイの予約受付はスタートしている、正式発売は2017年11月に行われる見通し

後期型オデッセイの予約受付は既に始まっている。

オデッセイ アブソルート 後期型 東京モーターショー2017

FF車7人乗り仕様の車両価格は、ガソリン車のGグレードが306万6400円、アブソルートが332万5400円、アブソルートEXが354万円。ハイブリッド車はベースグレードが383万6400円、アブソルートが393万6400円、アブソルートEXが415万円となる。
前期モデルと比較して数万円の値上がりとなる。

#1 匿名さん2017/11/04(Sat)10:30:42
そんなに変わってないじゃん。
#2 匿名さん2017/11/04(Sat)17:58:35
インテリアの変更がもう少し欲しかった。
ソフトパッド貼りとか。
#3 匿名さん2017/11/04(Sat)19:15:14
とにかくメッキを貼れば許されると言う風潮
世の中そんなにギラギラしたいのか???
#4 匿名さん2017/11/04(Sat)20:07:13
♯3
少なくともドイツ・フランス・イタリア・イギリスでは
流行ってないよね
海外の人の印象聞きたいわ
#5 匿名さん2017/11/05(Sun)00:23:58
ナビ周辺のスイッチ類をもっと整理して欲しいな。ジョイスティックで小型ディスプレイとリンクさせるとか、方法が有るだろ。
ガチャガチャしてると、おもちゃ感が!

#6 匿名さん2017/11/05(Sun)09:58:21
押しを強くするにも自信がないのか中途半端に思う
ベンツもジャガー等もあれだけ強烈な顔にしてるのに

あと、普遍的な形のミニバンで、外装で必要なのはサイドの面のクオリティだと思う
自分で所有しても、街中で見掛けても、おおっと思える曲面処理に価値はある
そこは歴代モデルどれもライバルに全く敵ってない、というか勝負の土台に居ない
#7 匿名さん2017/11/05(Sun)15:28:34
ベンツとジャガーの顔は強烈かな?
輸入車アレルギー?
#8 匿名さん2017/11/05(Sun)18:05:40
♯6
そんなことはないと思う。
ミニバンアンチから批判されてない。
クルマとして認知されている証拠。
#9 匿名さん2017/11/06(Mon)08:59:44
日本のミニバンを見慣れると、値段の高いベンツのミニバンでも商用バンにしか見えなくなる不思議w
#10 匿名さん2017/11/06(Mon)09:22:14
♯9
メルセデス・ベンツVクラスは、本国および欧州市場では「Vito」のネーミングで商用バンとして販売。こっちが主力。
だから、その感覚は正しいのです。
日本で言えばハイエースやNV350キャラバンみたいな車種
#11 匿名さん2017/11/06(Mon)22:30:33
前の型のオデッセイが好きだったなぁ…

#12 匿名さん2017/11/06(Mon)23:04:20
先代は、背が低くてカッコ良かったね
スライドドアじゃないと売れないんだとさ
#13 匿名さん2017/11/15(Wed)12:44:11
#8
自分はミニバン=貨物って認識でクルマとしては見てないよ。
何と言っても運転マナー&オーナーの質の悪さは群を抜いてるし。
オデッセイはミニバンの中でも断トツに運転マナーが酷い。
Lサイズミニバンならア●ファードが断トツかな。

街中でオデッセイ見ただけで警戒する位、自分は嫌いです(苦笑)

#12
スライドドアでとにかく沢山人と荷物が積める車じゃないと売れないからね・・・時代の流れだよね。
まあ、貨物だからしょうがいないか(笑)
#14 匿名さん2017/11/15(Wed)12:47:17
♯13
同志!
#15 匿名さん2017/11/15(Wed)12:53:23
ミニバンはカッコ悪い・重い・燃費悪い・走らないし走れない等、良いところがないが、多人数乗車を必要とする人がやむなく購入しなければならないクルマ
その存在自体に否定はしないけど、乗ってる奴のマナーが悪すぎる!
これさえ無ければな
一時期ニュースで毎日報道された危険運転の動画はすべてミニバンユーザーだった!

横風フラフラ状態で、高速の追い越し車線を低速で走るのは邪魔!
#16 匿名さん2017/11/15(Wed)13:05:40
全くその通りですね
今後ミニバン買う際は、
・「私はアオリ等の危険運転は致しません」との誓約書提出義務
・自動車税の増税
を適用していただきたいです
#17 匿名さん2017/11/15(Wed)13:18:36
♯16
増税ワロタ
以前、アメリカで燃費の悪いクルマにガスガズラー税(ガソリンガブ飲み税)が制定された時期があった
一種の「迷惑税」
それと同じだな
#18 匿名さん2017/11/17(Fri)13:14:28
ホンダのミニバンは品のあるデザインだからOK!

#19 匿名さん2018/03/03(Sat)06:53:55
アルヴェル路線でガチンコだと勝てないから、HONDAらしさをもっと出す。

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/10/10)

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

後期型オデッセイはフロントグリルの押し出し感がアップ

ホンダ・オデッセイのマイナーモデルチェンジが11月中旬に実施される計画となっている。これに先駆けてエクステリアとインテリアの画像が公開された。

(写真は新型オデッセイ)
オデッセイ アブソルート ハイブリッド

現行の5代目オデッセイは2013年のフルモデルチェンジから4年が経過する。前回2015年の東京モーターショーでは、Sport Hybrid i-MMD搭載のハイブリッドモデルが発表され注目を集めた。今月に開催される東京モーターショー2017では、マイナーモデルチェンジを受けてフェイスリフトされた後期型オデッセイが出品される予定となっている。

後期型オデッセイのホンダセンシングは標準装備に、アブソルートがメインとなる

後期型オデッセイはフロントデザインを大幅に変えてくる。横桟のメッキバーは一本増やされて5本に。グリル下部のブラックアウトを含める形でメッキフレームによる縁取りがなされ、フロントグリルは視覚的に大きく見えるようになった。フォグランプは丸型から線形型の採用でシャープなイメージが強まる。

オデッセイ アブソルート ハイブリッド フロントグリル

内装では黒木目調インテリアの採用とシートデザインのリフレッシュが盛り込まれ、上質感が向上する。

オデッセイ アブソルート ハイブリッド インテリア

安全運転支援システムのHonda SENSINGは標準装備化される。さらにアダプティブ・クルーズ・コントロールには渋滞追従機能が追加され、前走車の停車に合わせて自車が停車するシステムが備わる。

(写真は従来型オデッセイ)
オデッセイハイブリッド ホンダ

上級のアブソルートを中心としたグレード編成が組まれる見込み。ただしこれは、実質的な値上げを引き起こす可能性がある。

過去記事(2017/08/26)

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

後期型オデッセイ、新エクステリアで2017年11月の発売が見込まれる

ホンダは今秋の東京モーターショー開催に向けて、国内向けラインアップのリフレッシュを行う。これにはオデッセイも含まれる見込み。ビッグマイナーチェンジ相当の新エクステリアが与えられ、オデッセイは後期型へ移行することになる。

(写真は現行オデッセイ)
オデッセイ

オデッセイ後期型、パワートレインに変更なし、新型ステップワゴンスパーダのデザインルール採用か

現行オデッセイは2013年発売の5代目モデルである。本モデルからはエリシオンとの車種統合により、全高を高くし、居住性が大きく向上している。2016年には、Sport Hybrid i-MMDの採用によるハイブリッドモデルを追加ラインアップしており、年間3万台を超える販売台数を達成した。

今回は販売4年を過ぎるタイミングということで、エクステリアの大幅改良を含めたビッグマイナーモデルチェンジとなる。

オデッセイハイブリッド i-MMD

アコードから採用がスタートしたSport Hybrid i-MMDは、オデッセイに採用されるタイミングで第二世代型に進化している。この部分は今回の改良には含まれずキャリーオーバーとなり、JC08モード燃費は従来型同様の最高26.0km/Lのままである。Sport Hybrid i-MMDは9月に発売されるステップワゴン スパーダ ハイブリッドにも搭載される見通しとなっている。

(写真は新型ステップワゴン スパーダ ハイブリッド)
ステップワゴン スパーダ フロントグリル

新型ステップワゴン スパーダ ハイブリッドのエクステリアが先行公開されているが、オデッセイの新エクステリアもこれと同じデザインルールが使われることが予想される。新型オデッセイは、10月の東京モーターショー2017での一般公開、11月の発売が見込まれる。

過去記事(2016/03/31)

オデッセイハイブリッドの販売が好調、2.0L i-MMDハイブリッド搭載

オデッセイハイブリッドが2月に発売、オーダー数が大幅増

ホンダ・オデッセイにハイブリッドモデルが2016年2月に追加発売されたが、発売一ヶ月後の初期受注が9000台に達していることが判明した。ここでもハイブリッド人気を裏付ける状況が鮮明となった。

(写真はオデッセイハイブリッド)
オデッセイハイブリッド

日本市場ではハイブリッドモデルを用意しなければ人気モデルとならない

現行オデッセイは2013年にフルモデルチェンジ発売された5代目モデルであった。デビュー時にエンジンラインナップされたのは直4 2.4Lの1タイプのみ。ハイブリッドが追加で出る出ると言われながら数年が経過してしまい、月間販売台数は1000台前後に低迷していた。

オデッセイハイブリッド i-MMD ホンダ オデッセイ ハイブリッド 東京モーターショー2015

そんななか発売されたのがオデッセイハイブリッドである。2016年2月の販売台数は3410台となり、受注の勢いを考えるとこの人気ぶりはしばらく続きそうである。

(写真はトヨタ・エスティマ)
エスティマハイブリッド

というのもオデッセイの直接的な対抗モデルであるトヨタ・エスティマが、デビューから10年が経過する非常に古いモデルで販売台数が伸びる状況ではない。エスティマは6月6日にマイナーモデルチェンジが予定されておりエクステリアの手直しも施されるが、販売終盤に向けたグレードラインナップの再編というのが実質的なところだろう。

(写真はステップワゴン)
ステップワゴンスパーダ

一方で、オデッセイより一つ下のホンダのミニバン、ステップワゴンについては販売が苦戦している。ステップワゴンは1.5LのVTEC-TURBOのみのエンジンラインナップでハイブリッドは無し。今後ハイブリッドモデルが追加発売される予定ではあるが、それまではオデッセイ同様に売れ行きが厳しくなりそうである。

過去記事(2016/02/24)

オデッセイハイブリッドの初期受注が好調、Sport Hybrid i-MMDを搭載

オデッセイハイブリッドが10日間で5800台の受注を獲得

ホンダは2016年2月5日にオデッセイにハイブリッドエンジン搭載モデルを追加発売した。その初期受注が好調となっている。

(写真はオデッセイハイブリッド、東京モーターショー2015)
オデッセイハイブリッド

2013年から販売される現行型の5代目オデッセイであるが、当初のパワートレインラインアップが2.4Lガソリンエンジン車に限られたこともあり、販売台数が伸び悩んでいた。今回ようやくオデッセイにハイブリッドエンジン搭載モデルが追加されたが、発売からわずか10日間で5800台の受注を獲得したことが発表された。

オデッセイハイブリッド インテリア オデッセイハイブリッド リアシート

オデッセイハイブリッドは小型化されたSport Hybrid i-MMDを採用

オデッセイハイブリッドに搭載されるシステムは、2.0LのSport Hybrid i-MMDとなる。このシステムはアコードハイブリッドにおいて先行導入されていたが、その後、採用モデルを拡大させることができていなかった。今回のオデッセイハイブリッドでは、さらにコンパクト化されたSport Hybrid i-MMDが導入され、オデッセイの広大なキャビンおよび荷室への影響が最小限に抑えられている。

オデッセイハイブリッド IPU オデッセイハイブリッド i-MMD

駆動用リチウムイオンバッテリーとその制御システムからなるIPUは、海外仕様向けに設定されていた助手席下のスペアタイヤスペースに設置されている。

ホンダ オデッセイ ハイブリッド 東京モーターショー2015

オデッセイハイブリッドの受注は今後は落ち着きをみせることになるだろう。それでもトヨタ・エスティマを主とする同クラスのハイブリッドミニバンの中では、オデッセイが優位な状況がしばらく続きそうだ。

過去記事(2016/02/07)

オデッセイハイブリッド発売、改良版i-MMDハイブリッドは最高出力アップ

ホンダがオデッセイハイブリッドを発売、車両価格は356万円から

ホンダ・オデッセイにハイブリッドモデルが追加され、2016年2月5日に発売日を迎えた。

(写真はオデッセイハイブリッド)
オデッセイハイブリッド

オデッセイハイブリッドに搭載されるパワートレインは2.0LのSPORT HYBRID i-MMDとなる。i-MMDハイブリッドはアコードハイブリッドとして市販車搭載実績があるが、このオデッセイでは大幅な改良が施されており、約23%の小型軽量化が果たされた。

スポーツハイブリッド i-MMD

オデッセイハイブリッドでi-MMDハイブリッドは進化、パフォーマンス向上で26.0km/L達成

オデッセイハイブリッドのJC08モード燃費は24.4~26.0km/Lとなる。ガソリンエンジン単体のパフォーマンスは、最高出力145ps、最大トルク17.8kgfm。モーター単体では184ps、32.1kgfmとなった。一方でアコードハイブリッドでは、エンジンが143psと16.8kgfm、モーターが169psと31.3kgfmということであったからパフォーマンスも向上されていることがわかる。

(小型化され助手席下に設置されるIPU)
オデッセイハイブリッド IPU

アコードプラグインとしてi-MMDハイブリッドが米国発売されてから3年が経過するタイミングでもあり、それなりの進化を遂げていることがわかる。

オデッセイハイブリッド リアシート オデッセイハイブリッド インテリア

オデッセイハイブリッドの車両価格は356万円からに設定された。ボディがより小さいアコードハイブリッドが375万4286円という価格設定であるから、パワートレイン部分のコストダウンも進化の一つとして見ることができるだろう。

ホンダ オデッセイハイブリッド ホンダ オデッセイ ハイブリッド 東京モーターショー2015

また、通常の2.4Lガソリンエンジンモデルも一部改良となり、大型アームレスト、プラズマクラスターエアコンの他、安全運転支援システムのHonda SENSINGが装備拡充される。

過去記事(2016/01/25)

オデッセイハイブリッド2016年2月5日発売、356万円からで予約受付中

オデッセイハイブリッドが間もなく発売、予約受付は始まっている

ホンダ初のハイブリッドミニバンとなるオデッセイハイブリッドが2016年2月4日に正式発表、翌5日に発売のスケジュールとなっている。

(写真はオデッセイハイブリッド、東京モーターショー2015)
オデッセイハイブリッド i-MMD

オデッセイハイブリッドは既に昨年秋の東京モーターショー2015で参考出品があった。

オデッセイハイブリッド ホンダ オデッセイハイブリッド

現行オデッセイにハイブリッドモデルが追加されることは、2013年のフルモデルチェンジ時から噂されていたが、ようやく発売日を迎えることになる。搭載されるパワートレインはアコードと同タイプの直4 2.0LユニットをメインとするSport Hybrid i-MMDとなる。

オデッセイハイブリッドは356万円、Sport Hybrid i-MMDパワートレインのコストダウンに成功か

オデッセイハイブリッドの車両価格は、エントリーモデルのHYBRIDが356万円、HYBRID アブソルートが371万円、売れ筋となっている上級モデルのHYBRID アブソルートEXは378万円に設定された。

オデッセイハイブリッド インテリア オデッセイハイブリッド リアシート

ちなみにアコードハイブリッドの車両価格は375万4286円からの設定であった。車体の大きいオデッセイハイブリッドの方が安い価格が設定されており、リチウムイオンバッテリーを採用するSport Hybrid i-MMDのパワートレイン単価が下がっていることが想定される。

オデッセイハイブリッド IPU オデッセイハイブリッド 三列目シート

オデッセイハイブリッドではパワーコントロールユニットを助手席下に設置するなど、アコードハイブリッドのシステムからいくらかの仕様変更が盛り込まれている。

オデッセイハイブリッド ホンダ

オデッセイハイブリッドの駆動方式はFFのみとなる。JC08モード燃費は26.0km/Lを達成する。

過去記事(2016/01/16)

オデッセイハイブリッドの車両価格は356万円から、アブソルートは371万円から

オデッセイハイブリッドが予約受付中、まもなく2月上旬に正式発売

オデッセイハイブリッドの発売日が2016年2月上旬に迫った。既にティザーサイトがオープンしており、搭載されるシステムは2.0L Sport Hybrid i-MMDで、JC08モード燃費26.0km/Lとなることが公式に発表されている。

(写真はオデッセイハイブリッド)
オデッセイハイブリッド

オデッセイハイブリッドの完成車体については、2015年10月より開催された東京モーターショーにて発表済みであった。

ホンダ オデッセイ ハイブリッド 東京モーターショー2015 ホンダ オデッセイハイブリッド

エクステリアデザインは現行オデッセイとほぼ変わらず。リアハッチゲートと両フロントフェンダーに取り付けられた「HYBRID」のエンブレムが外観上で見分けるポイントとなる。

オデッセイハイブリッド i-MMD

オデッセイハイブリッドは356万円から、2.0L Sport Hybrid i-MMD搭載

ディーラーではオデッセイハイブリッドの予約受付が既に始まっている。車両価格の情報も出回り始めており、オデッセイ HYBRIDが356万円から、オデッセイ HYBRID アブソルートが371万円からの税込価格で正式発表される見込みとなる。

オデッセイハイブリッド ホンダ オデッセイハイブリッド リアシート

2.4LガソリンモデルのGグレードが276万円からであったから、その差は80万円となる。詳細な装備の違いがわからず単純には比較できないが、ハイブリッド分の差額はやや大きい。ちなみにGグレードのJC08モード燃費は13.8km/Lであるから、ハイブリッドモデルは燃料費を半分近く削減できることが期待される。

(写真は現行エスティマ)
エスティマハイブリッド

ライバルとなるのはトヨタ・エスティマハイブリッドとなり、E-Four、JC08モード燃費18.0km/Lで391万8437円から。さすがに古いモデルなので新型のオデッセイハイブリッドが圧倒的有利ということになる。

オデッセイハイブリッドのJC08モード燃費は26.0km/L、2月上旬発売予告

オデッセイハイブリッドの発売は2016年2月、スポーツハイブリッドi-MMD搭載

オデッセイハイブリッドが東京モーターショーに出展、2016年春の発売予定

オデッセイハイブリッド更に延期で2016年春の発売、東京モーターショー出展

オデッセイハイブリッドが2016年初頭の発売に延期、SPORT HYBRID i-MMD搭載

オデッセイハイブリッドが2015年内の発売に向けて準備中、2.0L HV搭載

オデッセイハイブリッド市販計画に遅れ、東京モーターショーで市販プロト発表か

ホンダ・オデッセイが一部改良、安全運転支援システムのセンシングを採用

オデッセイ ハイブリッドの追加発売は2015年夏秋に延期、2.0Lハイブリッド搭載

オデッセイ ハイブリッド2014年度内発売見込み、SPORT HYBRID i-MMD

ホンダ新型オデッセイの受注が順調、東京モーターショー出展画像

オデッセイが今秋フルモデルチェンジに向けて準備中、公式ティザーサイト開設

オデッセイが10月フルモデルチェンジ、2.4Lエンジン搭載でハイブリッドは見送り

新型オデッセイ発売日は10月の見込み、ハイブリッドは2014年以降か

次期オデッセイはスライドドア&全高アップで居住性が大幅向上、9月発売予測

次期オデッセイ&エリシオン統合車種、ホンダの新型ミニバンコンセプトが発表

オデッセイのフルモデルチェンジは2013年内、ハイブリッドエンジン搭載モデル有り

オデッセイ ハイブリッドをホンダが開発、エリシオンと統合し居住性が大幅改善

オデッセイがマイナーチェンジ、その後は絶版車へ?

ミニバン2.3L~クラスの実用燃費ランキング

オデッセイ新型RB3,RB4(4代目)ホンダの評判と実燃費

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先