フロントグリルを迫力あるデザインに変更、販売台数の回復に期待

ホンダのミニバン、オデッセイが2017年11月にマイナーモデルチェンジを受ける予定となっている。東京モーターショーでは一足早くオデッセイ後期型の姿を見ることができた。

(写真はオデッセイ 後期型 アブソルート)
オデッセイアブソルート後期型

後期型オデッセイはフロントグリルのデザイン変更により印象を大きく変えてきている。横桟のメッキバーが1本増やされ4本となり、グリルフレームサイドにもメッキ装飾が入れられた。

オデッセイ アブソルート フロントグリル

近年のホンダのデザインはフロントグリルの主張が弱く、特にミニバンユーザーからのウケが良くないことが多かった。後期型では、このあたりが改良され、迫力のある顔付きとなった。

フォグランプはラウンド型からスクウェア型に変更された。

オデッセイ アブソルート バックドア オデッセイ アブソルート リアコンビネーションランプ

リア周りはバッジエンブレムの位置変更に留まった。

オデッセイ アブソルート リアシート オデッセイ アブソルート ドア内張り

2列目シートのヘッドレストが大型のしっかりしたものに変更されている。新しく設定されたファブリックの柄も適度に主張がありセンス良く感じた。ドア内張りにも共通ファブリックが貼られておりインテリアデザインに統一感がある。

オデッセイ アブソルート パーキングボタン

ハンドル右下にパーキングボタンが新設される。

オデッセイ アブソルート ナビ

ナビは9インチサイズにグレードアップされている。

オデッセイ アブソルート インテリア

ハイブリッド車のホンダセンシングにはクルーズコントロールが搭載される。

後期型オデッセイの予約受付はスタートしている、正式発売は2017年11月に行われる見通し

後期型オデッセイの予約受付は既に始まっている。

オデッセイ アブソルート 後期型 東京モーターショー2017

FF車7人乗り仕様の車両価格は、ガソリン車のGグレードが306万6400円、アブソルートが332万5400円、アブソルートEXが354万円。ハイブリッド車はベースグレードが383万6400円、アブソルートが393万6400円、アブソルートEXが415万円となる。
前期モデルと比較して数万円の値上がりとなる。

#1 匿名さん2017/11/04(Sat)10:30:42
そんなに変わってないじゃん。
#2 匿名さん2017/11/04(Sat)17:58:35
インテリアの変更がもう少し欲しかった。
ソフトパッド貼りとか。
#3 匿名さん2017/11/04(Sat)19:15:14
とにかくメッキを貼れば許されると言う風潮
世の中そんなにギラギラしたいのか???
#4 匿名さん2017/11/04(Sat)20:07:13
♯3
少なくともドイツ・フランス・イタリア・イギリスでは
流行ってないよね
海外の人の印象聞きたいわ
#5 匿名さん2017/11/05(Sun)00:23:58
ナビ周辺のスイッチ類をもっと整理して欲しいな。ジョイスティックで小型ディスプレイとリンクさせるとか、方法が有るだろ。
ガチャガチャしてると、おもちゃ感が!

#6 匿名さん2017/11/05(Sun)09:58:21
押しを強くするにも自信がないのか中途半端に思う
ベンツもジャガー等もあれだけ強烈な顔にしてるのに

あと、普遍的な形のミニバンで、外装で必要なのはサイドの面のクオリティだと思う
自分で所有しても、街中で見掛けても、おおっと思える曲面処理に価値はある
そこは歴代モデルどれもライバルに全く敵ってない、というか勝負の土台に居ない
#7 匿名さん2017/11/05(Sun)15:28:34
ベンツとジャガーの顔は強烈かな?
輸入車アレルギー?
#8 匿名さん2017/11/05(Sun)18:05:40
♯6
そんなことはないと思う。
ミニバンアンチから批判されてない。
クルマとして認知されている証拠。
#9 匿名さん2017/11/06(Mon)08:59:44
日本のミニバンを見慣れると、値段の高いベンツのミニバンでも商用バンにしか見えなくなる不思議w
#10 匿名さん2017/11/06(Mon)09:22:14
♯9
メルセデス・ベンツVクラスは、本国および欧州市場では「Vito」のネーミングで商用バンとして販売。こっちが主力。
だから、その感覚は正しいのです。
日本で言えばハイエースやNV350キャラバンみたいな車種
#11 匿名さん2017/11/06(Mon)22:30:33
前の型のオデッセイが好きだったなぁ…

#12 匿名さん2017/11/06(Mon)23:04:20
先代は、背が低くてカッコ良かったね
スライドドアじゃないと売れないんだとさ
#13 匿名さん2017/11/15(Wed)12:44:11
#8
自分はミニバン=貨物って認識でクルマとしては見てないよ。
何と言っても運転マナー&オーナーの質の悪さは群を抜いてるし。
オデッセイはミニバンの中でも断トツに運転マナーが酷い。
Lサイズミニバンならア●ファードが断トツかな。

街中でオデッセイ見ただけで警戒する位、自分は嫌いです(苦笑)

#12
スライドドアでとにかく沢山人と荷物が積める車じゃないと売れないからね・・・時代の流れだよね。
まあ、貨物だからしょうがいないか(笑)
#14 匿名さん2017/11/15(Wed)12:47:17
♯13
同志!
#15 匿名さん2017/11/15(Wed)12:53:23
ミニバンはカッコ悪い・重い・燃費悪い・走らないし走れない等、良いところがないが、多人数乗車を必要とする人がやむなく購入しなければならないクルマ
その存在自体に否定はしないけど、乗ってる奴のマナーが悪すぎる!
これさえ無ければな
一時期ニュースで毎日報道された危険運転の動画はすべてミニバンユーザーだった!

横風フラフラ状態で、高速の追い越し車線を低速で走るのは邪魔!
#16 匿名さん2017/11/15(Wed)13:05:40
全くその通りですね
今後ミニバン買う際は、
・「私はアオリ等の危険運転は致しません」との誓約書提出義務
・自動車税の増税
を適用していただきたいです
#17 匿名さん2017/11/15(Wed)13:18:36
♯16
増税ワロタ
以前、アメリカで燃費の悪いクルマにガスガズラー税(ガソリンガブ飲み税)が制定された時期があった
一種の「迷惑税」
それと同じだな
#18 匿名さん2017/11/17(Fri)13:14:28
ホンダのミニバンは品のあるデザインだからOK!

#19 匿名さん2018/03/03(Sat)06:53:55
アルヴェル路線でガチンコだと勝てないから、HONDAらしさをもっと出す。
#20 匿名さん2018/05/02(Wed)15:48:56ID:RiMzYxNTmN
今のオデッセイではアルヴェルと勝負にならない。
室内スペース、リアサスペンションでは完全に負け。
走りのアブソルートも乗り心地かた過ぎる。
#21 匿名さん2019/07/05(Fri)03:37:34ID:FmMjY5NmzM
もうエリシオン復活

名前(任意)
コメント

車名

オデッセイ

オデッセイ

代表グレード

G エアロ ホンダセンシング

アブソルート ホンダセンシング

発売日

2017年11月

2017年11月

型式

DBA-RC1

DBA-RC1

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

8名

8名

全長(mm)

4840

4840

全幅(mm)

1820

1820

全高(mm)

1695

1685

ホイールベース(mm)

2900

2900

トレッド 前(mm)/後(mm)

1560/1560

1560/1560

室内長(mm)

2935

2935

室内幅(mm)

1560

1560

室内高(mm)

1325

1325

車両重量(kg)

1750

1760

エンジン型式

K24W

K24W

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

2356

2356

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

87.0×99.1

87.0×99.1

最高出力

175ps(129kW)/6200rpm

190ps(140kW)/6400rpm

最大トルク

23.0kg・m(225N・m)/4000rpm

24.2kg・m(237N・m)/4000rpm

圧縮比

10.1

11.1

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

55

55

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.6

14.0

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/55R17 94V

215/55R17 94V

タイヤサイズ(リア)

215/55R17 94V

215/55R17 94V

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,980,000円

3,240,000円

車名

オデッセイ

オデッセイ

代表グレード

アブソルート EXホンダセンシング

発売日

2017年11月

2016年2月

型式

DBA-RC1

DBA-RC1

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

7名

8名

全長(mm)

4840

4830

全幅(mm)

1820

1800

全高(mm)

1685

1695

ホイールベース(mm)

2900

2900

トレッド 前(mm)/後(mm)

1560/1560

1560/1560

室内長(mm)

2935

2935

室内幅(mm)

1560

1625

室内高(mm)

1325

1325

車両重量(kg)

1810

1720

エンジン型式

K24W

K24W

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

2356

2356

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

87.0×99.1

87.0×99.1

最高出力

190ps(140kW)/6400rpm

175ps(129kW)/6200rpm

最大トルク

24.2kg・m(237N・m)/4000rpm

23.0kg・m(225N・m)/4000rpm

圧縮比

11.1

10.1

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

55

55

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.6

13.8

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/55R17 94V

215/60R16 95H

タイヤサイズ(リア)

215/55R17 94V

215/60R16 95H

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

3,540,000円

2,760,000円

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

オデッセイハイブリッドの販売が好調、2.0L i-MMDハイブリッド搭載

オデッセイハイブリッドの初期受注が好調、Sport Hybrid i-MMDを搭載

オデッセイハイブリッド発売、改良版i-MMDハイブリッドは最高出力アップ

オデッセイハイブリッド2016年2月5日発売、356万円からで予約受付中

オデッセイハイブリッドの車両価格は356万円から、アブソルートは371万円から

オデッセイハイブリッドのJC08モード燃費は26.0km/L、2月上旬発売予告

オデッセイハイブリッドの発売は2016年2月、スポーツハイブリッドi-MMD搭載

オデッセイハイブリッドが東京モーターショーに出展、2016年春の発売予定

オデッセイハイブリッド更に延期で2016年春の発売、東京モーターショー出展

オデッセイハイブリッドが2016年初頭の発売に延期、SPORT HYBRID i-MMD搭載

オデッセイハイブリッドが2015年内の発売に向けて準備中、2.0L HV搭載

オデッセイハイブリッド市販計画に遅れ、東京モーターショーで市販プロト発表か

ホンダ・オデッセイが一部改良、安全運転支援システムのセンシングを採用

オデッセイ ハイブリッドの追加発売は2015年夏秋に延期、2.0Lハイブリッド搭載

オデッセイ ハイブリッド2014年度内発売見込み、SPORT HYBRID i-MMD

ホンダ新型オデッセイの受注が順調、東京モーターショー出展画像

オデッセイが今秋フルモデルチェンジに向けて準備中、公式ティザーサイト開設

オデッセイが10月フルモデルチェンジ、2.4Lエンジン搭載でハイブリッドは見送り

新型オデッセイ発売日は10月の見込み、ハイブリッドは2014年以降か

次期オデッセイはスライドドア&全高アップで居住性が大幅向上、9月発売予測

次期オデッセイ&エリシオン統合車種、ホンダの新型ミニバンコンセプトが発表

オデッセイのフルモデルチェンジは2013年内、ハイブリッドエンジン搭載モデル有り

オデッセイ ハイブリッドをホンダが開発、エリシオンと統合し居住性が大幅改善

オデッセイがマイナーチェンジ、その後は絶版車へ?

ミニバン2.3L~クラスの実用燃費ランキング

オデッセイ新型RB3,RB4(4代目)ホンダの評判と実燃費

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先