car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

投稿日:2017/10/10 更新日:

後期型オデッセイはフロントグリルの押し出し感がアップ

ホンダ・オデッセイのマイナーモデルチェンジが11月中旬に実施される計画となっている。これに先駆けてエクステリアとインテリアの画像が公開された。

(写真は新型オデッセイ)
オデッセイ アブソルート ハイブリッド

現行の5代目オデッセイは2013年のフルモデルチェンジから4年が経過する。前回2015年の東京モーターショーでは、Sport Hybrid i-MMD搭載のハイブリッドモデルが発表され注目を集めた。今月に開催される東京モーターショー2017では、マイナーモデルチェンジを受けてフェイスリフトされた後期型オデッセイが出品される予定となっている。

後期型オデッセイのホンダセンシングは標準装備に、アブソルートがメインとなる

後期型オデッセイはフロントデザインを大幅に変えてくる。横桟のメッキバーは一本増やされて5本に。グリル下部のブラックアウトを含める形でメッキフレームによる縁取りがなされ、フロントグリルは視覚的に大きく見えるようになった。フォグランプは丸型から線形型の採用でシャープなイメージが強まる。

オデッセイ アブソルート ハイブリッド フロントグリル

内装では黒木目調インテリアの採用とシートデザインのリフレッシュが盛り込まれ、上質感が向上する。

オデッセイ アブソルート ハイブリッド インテリア

安全運転支援システムのHonda SENSINGは標準装備化される。さらにアダプティブ・クルーズ・コントロールには渋滞追従機能が追加され、前走車の停車に合わせて自車が停車するシステムが備わる。

(写真は従来型オデッセイ)
オデッセイハイブリッド ホンダ

上級のアブソルートを中心としたグレード編成が組まれる見込み。ただしこれは、実質的な値上げを引き起こす可能性がある。

#1 匿名さん2017/10/10(Tue)23:03:10
もともと商品性は高かったから、大幅には変えてこなかった印象。
フロントマスクは個人的には変化に気づかないレベル。
アルヴェルより小さめのサイズがやや受けが悪い理由か。
#2 匿名さん2017/10/10(Tue)23:38:18
オデッセイのハイブリッド運転したことあるけど、
大半が「モーター駆動」でびっくり。
加速が超良かったな。燃費もまあ、この形としては良さげ。
#3 匿名さん2017/10/11(Wed)14:09:23
車名の認知度は高いが、この現行型は見かけることがホントに少ない
#4 匿名さん2017/10/11(Wed)14:20:21
2016年1月~12月販売台数(Lクラスのみ・自工調べ)
トヨタヴェルファイア:48,630台
トヨタアルファード :37,410台
ホンダオデッセイ  :30,847台
トヨタエスティマ  :20,340台
日産エルグランド  :6,987台

オデッセイは月間2,500台売ってるからそこそこの売れ行き
見かけることが少ないかどうかは地域差によるんじゃないかな
#5 匿名さん2017/10/11(Wed)14:25:50
♯4
なるほどね。初代や2代目は月1万台レベルで売れてた時期があったから、その時に比べると少なくなったな。
#6 匿名さん2017/10/11(Wed)15:17:34
トヨタのウィッシュがホームページから削除されてた・・・
背が低いミニバンはオワコン
#7 匿名さん2017/10/11(Wed)15:36:16
ウィッシュ、2017年12月生産中止になる予定
最近のトヨタ車の中では現行ウィッシュはまともなデザインの車だったのに残念
#8 匿名さん2017/10/11(Wed)15:44:29
いや、それ知ってる。
2ヶ月前倒しで消えたことがちょっと意外だったという話。

少し前のすっきりした顔が好きだったのね。
#9 匿名さん2017/10/11(Wed)15:53:00
リアドアがヒンジ式のミニバンは絶滅寸前。
残るはジェイドのみだが、これも日本市場からは撤退かも

オデッセイは先代までのヒンジドア型のほうが人気があったのでは
#10 匿名さん2017/10/11(Wed)18:57:19
♯4
オデッセイよく見かける
#11 匿名さん2017/10/11(Wed)20:12:43
なんだ
ホンダ車だとコメ欄が盛り上がりに欠けるな

トヨタアンチとレクサスアンチが出没しないじゃないか
#12 匿名さん2017/10/11(Wed)20:13:59
あたりまえじゃん、メーカー違うんだから。
#13 匿名さん2017/10/11(Wed)20:19:50
いや、メーカー問わずアンチは出禁
#14 匿名さん2017/10/11(Wed)20:27:43
なんだよ
アンチって?
出禁って?

馬鹿だな
#15 匿名さん2017/10/11(Wed)20:33:18
オデッセイは後部(二列目)乗り込んだとき床面が水平(まっ平ら)ではなく斜めってるけど誰か理由知ってる人?なぜ斜めなのか?

それが嫌で購入対象から外した
#16 匿名さん2017/10/11(Wed)20:37:00
現行型かい?
セカンドシート下にバッテリー(ハイブリッド車用)のスペースがあるからでしょ。
#17 匿名さん2017/10/11(Wed)20:46:07
♯15、16
違います
HV用バッテリーは1列目シート床下

斜めは気にならなかった。2列目・3列目のアイポイント上げるためでしょう。
#18 匿名さん2017/10/11(Wed)21:02:19
♯14ちゃん

なんだよ
アンチって?
⇒こたえ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%81
出禁って?
⇒こたえ http://www.weblio.jp/content/%E5%87%BA%E7%A6%81
馬鹿だな
⇒いえ、違います
#19 匿名さん2017/10/11(Wed)21:08:53
♯19

クソワロタ!!!
祭りだね
#20 匿名さん2017/10/11(Wed)21:14:57
♯18へ

せっかくですが検索できません

#21 匿名さん2017/10/11(Wed)21:15:48
♯19
♯18の間違い、あれ、どっちだとにかく18宛、ごめん
#22 匿名さん2017/10/11(Wed)21:17:22
♯20
アドレスバーにコピペしたらみれたよ
byぐーぐるくろーむ
#23 匿名さん2017/10/11(Wed)21:18:04
♯18
グッジョブじゃんけ!!
#24 匿名さん2017/10/11(Wed)21:21:43
♯22
古いガラケーで見れないのよ

#25 匿名さん2017/10/11(Wed)21:24:12
♯24
「古いガラケー」じゃなくて、「新しいガラケー」で見てみなよ。
新しいの、まだ店頭で売ってんでしょ
#26 匿名さん2017/10/11(Wed)21:34:39
なんだよ、アンチ退散?
♯18 これはGJ
#27 匿名さん2017/10/11(Wed)21:37:22
そもそもアンチなんかいないだろ
#28 2017/10/11(Wed)21:42:37
DS 3 Cabrio
紫色 
最近これ
http://www.dsautomobiles.jp/ds-models/ds-3-cabrio/index.html

うな重につくキモスイが大好き
でも「キモい」コメントは大嫌い
#29 匿名さん2017/10/11(Wed)21:46:38
前回はオデッセイとエリシオンがフュージョン!してハイブリッドも追加なんて正常進化したからイメージアップに大成功したな!
今回は、マイナーチェンジで安全装備のホンダセンシングを追加した、ここまでは予想通りだな。
問題はこの次なんだ、ホンダはヒットの後に、他社にいいとこ取りされてしまうから、なんか応援したくなるな個人的に!
#30 匿名さん2017/10/11(Wed)21:52:34
♯27
<<<そもそもアンチなんかいないだろ

うん、「このサイトにトヨタアンチとレクサスアンチはいない」よね
その車種が好きだったりオーナーだったりするやつもいるんだからさ
理由もなく叩くのは、みんなヤなきもちになるよ

要は「伝え方」じゃないかな、と(ほかにいいかたあんだろってこと)
こっちも偉そうなこと言えない文章力だけど、さ
#31 匿名さん2017/10/11(Wed)21:54:25
ああ懐かしいエリシオンかっこよかったのに
たまに見かけるけど
いいなあって思う
#32 匿名さん2017/10/11(Wed)22:02:19
♯29
同意だわ 

でも、現行型って国内以外は中国や東南アジアだけの販売だろ?
そもそも「次期型」あると思うか?
あったとしてもアルヴェルみたいなオデッセイ応援できるか?

次は、中国市場意識した造りになるのは間違いない
#33 匿名さん2017/10/11(Wed)22:07:03
そもそも現行型はオデッセイというよりエリシオンだからな
既に無くなってるようなもん
#34 匿名さん2017/10/11(Wed)22:08:35
「スライドドア」のオデッセイは「オデッセイ」にあらず、ってことかい
#35 匿名さん2017/10/11(Wed)23:09:25
低床型ミニバンで失敗した過去があるオデッセイだからな、今更スポーツミニバンに再チャレンジしましたとは行かないだろ!
スポーツミニバンとして各メーカーとも追従して来たが、生き残ったのはストリームの後継機「ジェィド」だけになりそうだしな。
ミニバンも時代のニーズに合わせて変化する典型的なモデルだと思うよ。
#36 匿名さん2017/10/11(Wed)23:16:11
♯35へ

いや、同感、その考え。
次期モデルもあればいいけどな。
ジェイドは日本市場から撤退という情報あり。全然売れてないし。
「ホンダらしい」ミニバンを今後も作って欲しいけど。
「ホンダらしい」ってコトバが死語っぽくなってきた気が。
#37 匿名さん2017/10/11(Wed)23:26:25
リーマンショックが多少影響してるけど、
今のホンダはマジで「軽」と「ミニバン」ばっか。
「売れる市場で売れるクルマをつくる」という社是が極端すぎる。
F1参戦もヨワヨワ過ぎて、スポーツイメージがどんどんなくなっている。
恐らくシビックもそんなには売れない。
まあ、他社も似たり寄ったりだけど、なんか歯がゆい。

#38 匿名さん2017/10/11(Wed)23:36:07
♯37

売れる製品=市場ニーズが高い製品をつくるのはメーカーとして当然

でもホンダはちょっと販売方針が極端すぎなのははげどう

シビックに続いてCR-Vも国内市場復活だから、少しはホンダも気づいてくれたかね
グローバル販売2位・3位(シビック・CR-Vのこと)のクルマがお膝元で買えないなんて
おかしいと思ってたからまあ良かった

日本人のニーズってグローバルからすれば、「奇異」に見えてるだろうな
#39 匿名さん2017/10/12(Thu)15:16:43
「売れる市場で売れるクルマをつくる」こんな社是あるの?
#40 匿名さん2017/10/12(Thu)17:25:50
「地産地消」の政策のことじゃない?ググれば記事見つかる
但し、社是じゃない、あくまでも社の方針のひとつと思われ
#41 匿名さん2017/10/12(Thu)20:42:12
ホンダの販売店の対応(接客、アフターサービス)ってどうなの?
マツダ、三菱は最悪です!!!!!!!
#42 匿名さん2017/10/13(Fri)00:20:40
国産車買ったことないから知らない。ちなみに客としての態度に問題はないよね?お客様は神様です、という考え方は捨て去ったほうがいい。理不尽な要求はしてないことを祈るばかり。
#43 匿名さん2017/10/13(Fri)00:22:00
書き忘れ。マツダは最近値引きはしないよ。そこがヤなの?

名前(任意)
コメント

-ホンダ
-

関連記事

オデッセイ 上海2013

次期オデッセイはスライドドア&全高アップで居住性が大幅向上、9月発売予測

今秋発売の次期オデッセイにスライドドアが装備 次期オデッセイを予告するモデル、コンセプトMが2013年4月の上海モーターショーで公開された。 このコンセプトMを見ると、リアのドアハンドルが前方に付いて …

S2000

ホンダはS2000後継車の開発をスタートさせていた、2015年の発売予定

S2000の開発が再開、リーマン・ショックから復活 S2000は1999年から2009年まで販売されていたホンダのFRオープンスポーツカー。モデル末期には次期S2000へのモデルチェンジ計画も進められ …

ヴェゼル

新型ヴェゼルの82%がハイブリッド車、4WDは約3割、ホンダが受注台数を発表

ヴェゼルの初期受注が約6週間で33,000台、ホンダの新型クロスオーバーSUV ホンダの新型ヴェゼル(VEZEL)の発売後約6週間の初期受注が3万3千台と好調となっている。 ヴェゼルは東京モーターショ …

no image

フィットシャトル購入前のQ&A

フィットシャトルの長所と短所 震災の影響で遅れること3ヶ月。6月に発売されたばかりのフィットシャトルについてまとめてみた。 ハイブリッドエンジンを選ぶユーザーも多く話題性も高いが、実はノーマルガソリン …

シビックハッチバック UKファクトリ

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ホンダ・シビックが日本向けラインアップに復活、しかし高すぎる車両価格 今秋、ホンダはシビック シリーズを日本ラインアップに復活させる。セダン、ハッチバック、タイプRの3種類の日本仕様が発表された。発売 …

新着コメント

Tjクルーザー

トヨタ・Tjクルーザーのワールドプレミアが予定、積載力の高い小型SUV

GR HVスポーツコンセプト

トヨタ・GR HV SPORTS conceptが東京モーターショーでワールドプレミア予定

ダイハツ DN トレック

ダイハツ・DNトレックが東京モーターショー出品予定、ビーゴ後継コンセプト

次期フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

マークX

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

アリオン

トヨタのプレミオ&アリオンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

WRC YARIS

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

ヤリス GRMN フランクフルト2017

ヴィッツGRMN 2018年春発売へ、1.8L+スーパーチャージャー搭載で212hp

エレーヌ アウディ

アウディ・エレーヌ、レベル4自動運転スポーツEV、東京モーターショー出品予定

バモス

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

オデッセイ アブソルート ハイブリッド

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

クラウンコンセプト

クラウンコンセプト東京モーターショー出品確定、2018年夏発売予定

CX-8 インテリア

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

BMW8 コンセプト

BMW 8シリーズが約20年ぶりにフラグシップに復活、コンセプトモデル画像

デリカ D:5

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

T-Roc フランクフルトモーターショー2017

フォルクスワーゲン・T-Roc、新型BセグメントクロスオーバーSUVが欧州発売

C-HR hy-power コンセプト フランクフルト2017

C-HR Hy-Powerコンセプト、新開発ハイブリッドパワートレイン搭載を予告

ポルトフィーノ マフラー

フェラーリ新型ポルトフィーノ画像、3855cc V8ターボは600psに進化

NX300 リアコンビネーションランプ

レクサスNXがマイナーモデルチェンジで後期型に、フランクフルト画像

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド発売、約330万円より

CR-V ハイブリッド フロントグリル

ホンダ・CR-Vハイブリッド プロトタイプが欧州発表、日本発売の可能性はあるか

EV-STER

Nスポーツの市販プロトが東京モーターショーに出展される見込み、ビート後継車

ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

レクサスCT200h

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

北米仕様 インサイト

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

BMW i ヴィジョンダイナミクス フランクフルト2017

BMW i Vision Dynamics画像、次世代4シリーズEVあるいはi5シリーズを提案

BMW X7コンセプト

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

コンセプト Z4 フランクフルトモーターショー2017

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

ポロ GTI リアシート

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

aspark owl フランクフルトモーターショー2017

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー