car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ新型オデッセイの受注が順調、東京モーターショー出展画像

新型オデッセイが東京モーターショーに出展、居住性が向上した新型ミニバン

写真は東京モーターショーに出展された新型オデッセイ。今月11月1日に発売されたばかりとあって注目度も高い。

新型オデッセイ

先代モデルと比較して、ミニバンらしい堂々たる存在感を強めた新型オデッセイだが、その所以はボディサイズにある。新型オデッセイのボディサイズは全長4830mm×全幅1800mm×全高1695mm。写真の上級グレードのアブソルートは全長4830mm×全幅1820mm×全高1685mmとなった。全長および全幅方向は、先代モデルとほぼ変わらない寸法が与えられたが、全高については15cm程度もアップしている。

ホンダ新型オデッセイ 東京モーターショー

全高1550mm以内という都市部の駐車場事情に対応した設計コンセプトが、先代オデッセイの特徴の一つでもあったわけだが、それでは販売台数を伸ばすことができなかった。その反省から新型ではコンセプトを一新。従来からのファンをある意味切り捨ててしまうことになってしまうが、新型オデッセイは全高が上げられミニバンらしい居住性の高さが与えられた。

新型オデッセイ 2013 新型オデッセイ リアビュー

先代型オデッセイの室内は必要十分といったような中途半端な評価が与えられることが多かったが、新型オデッセイはミニバンの王道とも言うべき圧倒的な室内空間がある。さらに後席両側スライドドアも装備された。

新型オデッセイ 2列目シート 新型オデッセイ インパネ

ホンダ・オデッセイはライバルのエスティマを超えることができるか

(写真はトヨタ・エスティマ)
エスティマ

新型オデッセイはボディサイズの大型化によりトヨタ・エスティマと直接的なライバル関係となった。そのエスティマはモデル末期ということで販売台数が落ち目となっている。さらに消費税増税前の需要増も重なり、新型オデッセイの躍進が期待できる市場環境が整っている。
実際に販売台数も好調のようで、発売日から約2週間の初動で6000台の予約を受注したという。最近は軽自動車やコンパクトカーといった低価格車ばかりが目立つホンダラインアップの中で、期待の新型車となっている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント