car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フリードの初期受注が好調、2016年9月16日フルモデルチェンジ発売

ホンダ・フリードハイブリッドは年内納車が難しい、ガソリン車も12月以降

今月9月16日に発売されたばかりのフリードの受注が好調となっている。

(写真は新型フリード)
フリードハイブリッド

フリードは2008年の初代型発売から8年ぶりとなるフルモデルチェンジで2代目となる。1.5Lクラスのコンパクトミニバンながらも3列シートを装備するコンセプトは変わらず。普段使いしやすい小さなボディサイズで最大7人が乗車することができる。ほぼ同じコンセプトで販売されるトヨタ・シエンタは、2015年に先にフルモデルチェンジを果たしたばかり。ライバル関係にある両モデルがしのぎを削り合っている状況だ。

フリードハイブリッド ラゲッジルーム

フリードのライバル、シエンタの販売台数を今後は減らすことができるか

新型フリードは発売から間もなく販売台数としてのデータが無いが、発売前の予約受注の段階で相当なオーダー数を得ている。販売の主力となっているハイブリッドモデルについては、今からのオーダーでは2016年内の納車が難しくなりそう。ガソリン車も12月以降の納期となる見込みだ。当面は一万台規模の月間生産台数がそのまま販売台数としてカウントされる状況が続きそうだ。

(写真はトヨタ・シエンタ)
シエンタ

一方でシエンタはこれまで月販1万台前後を維持してきた。日本国内全体として見れば、フリードとシエンタを合わせて月間2万台を超える水準でコンパクトミニバンの需要があるとは考えにくく、新型フリードの登場でシエンタの販売台数はある程度下がることが予想される。

フリード、シエンタともにハイブリッドモデルを用意しており、JC08モード燃費はいずれも27.2km/Lと差がない。ただしフリードは4WDハイブリッドを用意しておりこれはアドバンテージなりそう。またガソリン車同士ではシエンタのほうが若干燃費が良くなっている。

#1 匿名さん2016/10/02(Sun)10:24:14
実物をみたら意外と変化がわかった。スタイルはシュッと締まった感じでさん3列目が少し広くなっとる。でも3列目を使う時…2列目は気を使うのは同じ。
#2 匿名さん2016/10/04(Tue)15:10:24
ホンダのデザインは写真と実物でかなり印象が違う……。
切れ長ライトだけじゃなく、普通車でもNoneみたいなヤツが見たいゾ。
#3 匿名さん2018/03/02(Fri)16:01:19
デザインは先代が数段上
#4 匿名さん2018/05/01(Tue)21:43:21ID:M3NTM3YzTM
#3
同意

名前(任意)
コメント

車名

フリード

フリード

代表グレード

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DBA-GB5

DBA-GB5

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

6名

6名

全長(mm)

4265

4265

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1710

1710

ホイールベース(mm)

2740

2740

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1485

1480/1485

室内長(mm)

3045

3045

室内幅(mm)

1455

1455

室内高(mm)

1285

1285

車両重量(kg)

1340

1350

エンジン型式

L15B

L15B

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×89.4

73.0×89.4

最高出力

131ps(96kW)/6600rpm

131ps(96kW)/6600rpm

最大トルク

15.8kg・m(155N・m)/4600rpm

15.8kg・m(155N・m)/4600rpm

圧縮比

11.5

11.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

19.0

19.0

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/65R15 88S

185/65R15 88S

タイヤサイズ(リア)

185/65R15 88S

185/65R15 88S

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,880,000円

1,980,000円

車名

フリード

フリード

代表グレード

G ホンダセンシング

モデューロX ホンダセンシング

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DBA-GB5

DBA-GB5

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

6名

6名

全長(mm)

4265

4290

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1710

1710

ホイールベース(mm)

2740

2740

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1485

1480/1485

室内長(mm)

3045

室内幅(mm)

1455

室内高(mm)

1285

車両重量(kg)

1350

1380

エンジン型式

L15B

L15B

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×89.4

73.0×89.4

最高出力

131ps(96kW)/6600rpm

131ps(96kW)/6600rpm

最大トルク

15.8kg・m(155N・m)/4600rpm

15.8kg・m(155N・m)/4600rpm

圧縮比

11.5

11.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

19.0

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/65R15 88S

185/65R15 88S

タイヤサイズ(リア)

185/65R15 88S

185/65R15 88S

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,100,000円

2,830,680円

過去記事(2016/08/26)

新型フリードは188万円から、先行オーダー好調で発売日以降は来年納車か?

新型フリードの実質的な販売が始まっている、既に予約多数

ホンダではフリードのフルモデルチェンジのスケジュールが、2016年9月15日発表、翌16日発売の日程で組まれている。

発売日前ではあるが、既にホンダでは先行予約を受け付けており、これが非常に好調となっている。新型フリードは月販1万台規模の計画で進められているが、発売日を過ぎてからのオーダーでは2016年内の納車が難しくなる可能性が出てきた。

(写真は新型フリード)
フリード フルモデルチェンジ

新型フリード、JC08モード燃費はハイブリッドで27.0km/Lの見込み

公式サイトでも新型フリードが紹介されており、エクステリアなどの概要を知ることができる。価格、燃費性能などについては発表日を待つことになるが、情報は出回っている。

フリード

まずJC08モード燃費については、ハイブリッドモデルが27.0km/L、NAガソリンモデルが19.0km/Lとなる見込みだ。ライバルのシエンタは、ハイブリッドが27.2km/L、NAガソリンが20.6km/Lであるから、新型フリードの燃費性能はシエンタより劣ることになる。

フリード7人乗り

車両価格は、6人乗りBグレードがエントリーモデルとなり、1.5L NA(FF)が188万円、1.5L NA(4WD)が209万6000円、ハイブリッド(FF)が225万6000円、ハイブリッド(4WD)が247万2000円となる見込み。

フリード 2列目キャプテンシート

充実装備のGグレードは、Bグレードから10万円高。GホンダセンシングはGグレードから12万円高。ハイブリッド最上級のEXは、Gホンダセンシングから16万円高にそれぞれ設定される見込みとなっている。

過去記事(2016/08/11)

ホンダ新型フリードの予約受付がスタートされる、月販1万台規模の見込み

フリードがフルモデルチェンジ、後出しでシエンタを超えれるか

ホンダはフリードのフルモデルチェンジについて、2016年9月15日正式発表、翌16日に発売というスケジュールで進めている。すでに予約受付が8月5日よりスタートされている。

(写真は新型フリード)
フリード

フリードのような小さなボディで3列シート7人乗りを実現したコンパクトミニバンが人気となっている。現在このカテゴリの車種では昨年2015年にフルモデルチェンジしたトヨタ・シエンタが最も売れており、月販1万台規模の水準となっている。ただしもう少し長い期間で見てみると、フリードも販売台数が多く、これを同クラスの本命モデルと考えるユーザーも多いはずだ。

フリード フルモデルチェンジ

フリードの生産台数は、今秋のフルモデルチェンジ以降は月産1万台規模に拡大される見込みとなっている。シエンタはいくらか販売台数を落とすことになるだろうから、フリードが再び同クラストップとなることが予想される。

新型フリードは少し大きくなる、パッケージングも改善され居住性は向上

新型フリードの全長は4265mmとなり、従来型から50mm延長される。

フリード7人乗り フリード 2列目キャプテンシート

3列シートを装備した通常フリードは、7人乗りの他に2列目をキャプテンシートとした6人乗りが設定される。また、これまでフリードスパイクとして販売されてきた2列シート5人乗り仕様は、フリード+(プラス)として新たな車名が与えられる。

パワートレインは、1.5L SPORT HYBRID i-DCD、1.5L 直噴 DOHC i-VTECの2タイプが用意される。過去には1.0L VTEC-TURBOがラインアップするという情報もあったが、販売初期モデルに導入される可能性は無くなった。

過去記事(2016/07/27)

フリードのフルモデルチェンジ2016年9月中旬予定、5人乗りフリードプラス設定

ホンダ・フリードがフルモデルチェンジ、エクステリアはシンプル

ホンダのコンパクトミニバン、フリードのフルモデルチェンジが2016年9月中旬に実施される。発売日まであと少しといった時期ではあるが、既にエクステリア画像が公開されている。

(写真は新型フリード)
フリード

新型フリードのフロントエクステリアはフィットの流れを汲むシンプルなスタイルとなった。ヘッドライトとグリルが一本の曲線で繋がる顔付きは、現行のホンダ車に共通する特徴であり、もはや無味無臭の存在にも感じる。

フリード フルモデルチェンジ

一方でライバルのトヨタ・シエンタはファニーで特徴的なエクステリアが導入されている。ターゲットを小さな子供がいるファミリー層に絞り込んだこの外観は、そこから外れた客層にとっては逆に仇となる。そういったライバル車の状況を考えると、新型フリードの無味無臭さは、シエンタが拾えていなかった客層を獲得することになり、販売の面でアドバンテージとなるはずだ。

(写真はトヨタ・シエンタ)
シエンタ

新型フリードはハイブリッド車が主力、フリードプラスとして5人乗り仕様もラインアップ

新型フリードに搭載されるパワートレインは、1.5Lの直噴NAガソリン、1.5LのSport HYBRID i-DCDの2タイプが用意され、なかでも高付加価値のハイブリッド車を中心とした販売計画が立てられている。

スポーツハイブリッドi-DCD

Sport HYBRID i-DCDはフィットやヴェゼルで搭載実績があるが、今回フリードへの導入にあたり改良が盛り込まれる見込み。シエンタのJC08モード燃費27.2km/Lを上回るスペックに仕上げられることが期待される。

また、ラゲッジスペースを大きくとった5人乗り2列シート車としてフリードプラスも用意され、従来型のフリードスパイクを後継するモデルとなる。

過去記事(2016/06/24)

新型フリードのティザー画像が公開される、ライバルのシエンタを牽制

次期フリードのエクステリアが明らかとなる、小型3列シートミニバン

今秋はホンダのコンパクトミニバンのフリードがフルモデルチェンジするということで楽しみにしているファンも多いはず。ホンダは2016年6月24日に新型フリードのティザー画像を公式サイトで公開し、そのエクステリアが明らかとなった。

(写真は新型フリード)
新型フリード

新型フリードのエクステリアは、ホンダの最新デザインルールが採用された印象である。顔付きはフィットに近い。

次期フリードは1.5Lハイブリッドエンジンを搭載、1.0Lターボは見送り

新型フリードの今後のスケジュールは、9月21日に正式発表され仕様と価格が公表される見込み。ここから逆算すれば、夏にも予約受付が開始され、実質的な販売がスタートすることが予想される。ただし、実際に工場での量産が始まり納車となる発売時期は11月頃とされており、これを考えると今回のティザー画像公開は少々フライング気味か。ライバルのトヨタ・シエンタに向けた牽制と考える。

(写真はトヨタ・シエンタ)
シエンタ

2015年にフルモデルチェンジしたシエンタは、月間9000台前後の水準で販売されており、現在も納車待ちの状況が続いている。中でも1.5L THSⅡを搭載するハイブリッドモデルが人気となっている。次期フリードもこれに対抗するため当初予定されていたVTEC-TURBO 1.0の搭載をキャンセルし、1.5LのSport Hybrid i-DCDが採用される見込みである。この他、低価格モデルとして1.5Lのガソリンモデルもラインアップされるだろう。

(写真は現行フリード)
フリード

現行フリードは2008年に発売されたモデルであった。販売期間8年半で2代目モデルに切り替わる。

過去記事(2016/05/30)

新型フリード9月21日発表予定、Sport Hybrid i-DCD改良で燃費性能向上

フリードがフルモデルチェンジ、改良版ハイブリッド搭載

ホンダのコンパクトミニバン、フリードのフルモデルチェンジ発表が2016年9月21日に計画されている。

(写真は現行フリード)
フリード

かつては多くのメーカーが参入した1.5Lクラスの3列シート車であるが、現在はこのフリードとトヨタ・シエンタの二強体制に落ち着いている。そんな中、昨年トヨタが先手を打ち、シエンタのフルモデルチェンジを仕掛けてきた。これ以降、新型シエンタの販売台数は月販1万台規模の水準を維持している。

(写真はトヨタ・シエンタ)
シエンタ

後出しフルモデルチェンジとなるフリードは、あらゆる性能面でシエンタのスペックを超える必要があり、その一つの指標となるのが燃費性能である。

(写真はヴェゼルハイブリッド)
新型ヴェゼル

現行シエンタハイブリッドのJC08モード燃費は27.2km/Lとなっているが、次期フリードハイブリッドはこの数値を上回る必要があるだろう。現行フリードが21.6km/Lであることを考えると大幅な改善が必要となるが、ホンダは既に新世代の1.5LハイブリッドシステムであるSport Hybrid i-DCDをフィットやヴェゼルにおいて実用化している。ただし、ヴェゼルハイブリッドのJC08モード燃費は27.0km/Lとなっており、重量増となるフリードではそのまま導入しただけではシエンタの燃費性能に追いつけない。ホンダはSport Hybrid i-DCDの大幅改良を盛り込むことになる。

また、フリードは4WDハイブリッドも設定され、2WDハイブリッドしか無いシエンタに対してアドバンテージとなる。

フリードターボの発売は見送られる、フリードスパイクは継続

この他に低価格な1.5L NAエンジンも用意される。ただし1.5L VTEC-TURBOについては、ひとまず発売初期モデルについてはラインアップされないようだ。モデル中期からの導入も期待されるが、実現されるかどうかは今後の生産体制や販売状況によって左右されるだろう。

(写真は現行フリードスパイク)
フリードスパイク

3列シート無しで余裕たっぷりのラゲッジスペースが与えられた、2列シート5人乗りのフリードスパイクも現行モデルから引き続き設定される。

過去記事(2016/04/17)

ホンダ・フリードのフルモデルチェンジは2016年9月計画、1.5Lハイブリッド

フリードが次期型へ、コンパクトミニバンの競争が激化

以前のレポートでは、フリードのフルモデルチェンジが2016年夏頃になるということであった。少し遅れはするものの計画は概ね順調と思われ、2016年9月にも新型フリードが発表される見込みとなっている。

(写真は現行フリード)
フリード ハイブリッド 2013

フリードシリーズは8年の販売期間を経て2代目モデルとなる。次期フリードは直3 1.0LターボエンジンのVTEC-TURBOが搭載されるという話もあったが、こちらは延期ということで、今秋の発売時には1.5L NAガソリンと1.5L Sport Hybrid i-DCDの2タイプのパワートレインがラインアップされる見込みだ。

ホンダ2013モデル フリード ハイブリッド ホンダ フリードHV

次期フリードはハイブリッドが主力、VTEC-TURBOの存在感薄れる

ホンダは1.0L、1.5L、2.0Lと3つのVTEC-TURBOエンジンを用意し、ダウンサイジングターボエンジンの分野では、日系メーカーの中でも先行していた。ただし、日本市場ではハイブリッドが人気となっていることから、ダウンサイジングターボ搭載モデルは販売台数を伸ばすことができずにいる。フリードターボの発売が先延ばしにされたのも、先に発売されたステップワゴンターボなどのモデルの販売不振と無関係ではないだろう。

(写真は1.0L VTEC-TURBO)
1.0L VTEC TURBO

さて、新型フリードのライバルはトヨタ・シエンタとなるが、こちらは2015年フルモデルチェンジ発売されたばかりで、発売後一ヶ月の初期受注が5万台弱となるなど販売が好調だ。ホンダは新型シエンタの発売に合わせて、現行フリードの月間販売目標を2500台に下げたが、それでも現行フリードは3000台レベルの販売を維持している。2.0Lクラス以上のミニバンがかつてのブームほど売れなくなった今、この1.5Lクラスのコンパクトミニバンが人気となっている傾向がある。

過去記事(2016/02/04)

フリードのフルモデルチェンジ2016年夏、1.5Lハイブリッドエンジン搭載

フリードが今夏フルモデルチェンジ、1.0Lターボは搭載ならず

ホンダのコンパクトミニバン、フリードのフルモデルチェンジが2016年の夏頃に実施される見込みとなった。

(写真は現行フリードハイブリッド)
フリード ハイブリッド 2013

現行フリードはトヨタ・シエンタの対抗として2008年に発売されたモデルであった。2010年には、月販1万台を超える月もあるほど販売は好調で、その後2011年にはハイブリッドモデルを追加している。モデル末期となった現在でも月販3000台前後でのセールスを維持しておりホンダの中でも人気車種の地位を確立している。

ホンダ フリード ホンダ フリードHV

次期フリードは1.5L NAガソリン、1.5Lハイブリッドの2タイプがラインアップ

そんなフリードの次期モデルは、コンパクトボディに3列シートを装備するコンセプトはそのままに正常進化を果たすことになる。特にパワートレインに注目が集まるが、1.5Lの通常NAガソリンエンジンと1.5LのSport Hybrid i-DCDの2タイプが採用されそうだ。ちなみにシエンタのJC08モード燃費は、NAガソリン車が20.6km/L、ハイブリッド車が27.2km/Lとなっているので、後出しのフリードをこれらを超える必要がある。

フリードハイブリッド ホンダ フリード ハイブリッド 2013

また、次期フリードからの搭載が計画されていた新開発1.0L VTEC-TURBOはキャンセルとなる。国内市場では依然ハイブリッド車のニーズが高く、価格も燃費性能も中途半端なダウンサイジングターボの人気はイマイチ。こういった背景を考えると、1.0L VTEC-TURBOの搭載延期は致し方ないのかもしれない。

(写真はシエンタ)
シエンタ

2015年にフルモデルチェンジしたばかりのシエンタは、月販1万台前後の水準で売れている。ここから次期フリードがどれだけ奪えるかも注目される。

フリードが2016年内にフルモデルチェンジ、ハイブリッドモデルが先行発売

フリードのフルモデルチェンジ予定は2016年4月、1.0Lターボと1.5L HV

フリードのフルモデルチェンジは2016年春、ホンダ新開発1.0L VTEC TURBO搭載

フリードのフルモデルチェンジは延期の可能性、2016年夏頃の発売予測

ホンダ次期フリードが東京モーターショーで発表、2015年11月の発売予測

次期フリード、フリードスパイクは1.5Lハイブリッドが主力、2015年秋頃発売

フリード2015年フルモデルチェンジ、3気筒1.0Lターボエンジンを搭載

フリード、フリードスパイクが後期モデルへ、2014年4月にマイナーモデルチェンジ

フリードはフルモデルチェンジでダウンサイジング過給、ホンダに直3 1Lターボ有

フリードハイブリッド、フリードスパイクハイブリッドが発売

フリード ハイブリッド、フリードスパイクハイブリッドの発売日が決まる

新型フリード ハイブリッドがまもなく登場

フリードハイブリッドは新型IMAを搭載

フリードハイブリッドの発売日が決まりつつある

ホンダ車、納期のまとめ/フィットハイブリッド,フリード,ステップワゴン他

フリード/フリードスパイク ハイブリッドの燃費と車体価格を予想

ミニバン(2.0Lクラス以下)実用燃費ランキング 1位~5位

ソリオ,フリード,ポルテ,ラウム/コンパクトスライドドア車の比較

フリードスパイク新型(ホンダGB3/GB4)の評価と口コミ

フリード初代ホンダGB3,GB4型の評判と実燃費

フィット、エアウェイブ搭載のホンダL15Aエンジンのトラブル、メンテナンス情報

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先