car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期フリード、フリードスパイクは1.5Lハイブリッドが主力、2015年秋頃発売

次期フリード シリーズは1.5L Sport Hybrid i-DCDを搭載

ホンダのコンパクトミニバン、フリードおよびフリードスパイクのフルモデルチェンジが2015年秋頃に計画されている。

(写真は現行フリード)
フリードハイブリッド ホンダ

次期モデルも燃費性能に優れたコンパクトミニバンというコンセプトは踏襲され、通常1.5Lエンジンモデルと1.5Lハイブリッドエンジンモデルがラインアップされる見込みとなっている。1.5Lハイブリッドの方は、2013年のフィットハイブリッドでデビューしたSport Hybrid i-DCDへと刷新されることになる。

(写真はSport Hybrid i-DCD)
フィット搭載 スポーツ ハイブリッド iDCD

このSport Hybrid i-DCDのパワートレインはこれまでにリコールを繰り返してきており、やや信頼性に欠ける感もある。次期フリードに搭載される段階では、熟成されたシステムになっていることが求められるだろう。

ホンダ2013モデル フリード ハイブリッド

次期フリード、1.0Lのターボエンジン搭載モデルは見送られそう

前回のレポートでは、次期フリードに直3 1.0LのVTEC-TURBOエンジンが搭載される可能性を書いたが、これは見送られそうである。ライバルを見ればトヨタのシエンタが同時期の2015年秋にフルモデルチェンジされる計画で、これにはアクアから流用される1.5LのTHSⅡハイブリッドシステムが搭載される見込み。次期フリードがこれに対抗するには、VTEC-TURBOよりもハイブリッドの方が有利と判断されたと考える。

(写真は1.0L VTEC-TURBO)
1.0L VTEC TURBO

現行フリードハイブリッドは2011年に発売され、クラス唯一のハイブリッドカーということもあり販売実績が良かった。そんなこともあってか次期フリードシリーズにおいては、VTEC-TURBOよりもハイブリッドモデルのラインアップが優先されることになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント