car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フリードのフルモデルチェンジは2016年春、ホンダ新開発1.0L VTEC TURBO搭載

ホンダ・フリードが2016年春にフルモデルチェンジ、トヨタ・シエンタに対抗

ホンダではフリードのフルモデルチェンジ計画が進められている。その発売時期は2016年春頃になる見込みとなった。

(写真は現行フリード)
フリード ハイブリッド 2013

当初、フリードのフルモデルチェンジ発表は2015年の東京モーターショーになるとされていた。しかし、ホンダでは新型パワートレインであるSport Hybrid i-DCDについてのリコール問題が相次ぎ、新型車の開発が遅れている。

ホンダ フリードHV ホンダ2013モデル フリード ハイブリッド

フリードシリーズについては、フルモデルチェンジを果たした新型はもちろん現行モデルすら東京モーターショーに出展されることは無かった。しかし、これは見方を変えれば、現行モデルのプロモーションが終了し、フルモデルチェンジが迫っているという意味に捉えることもできる。

一方ライバルのトヨタでは、シエンタが2015年7月にフルモデルチェンジしたばかり、今回の東京モーターショーでは早くも派生モデルが提案されるなど存在感を示した。

(写真はトヨタ・シエンタ クロスコンセプト)
シエンタクロスコンセプト

次期フリードのパワートレインはSport Hybrid i-DCDとVTEC-TURBO 1.0Lの2タイプ

次期フリードに搭載されるパワートレインは、Sport Hybrid i-DCDとVTEC-TURBO 1.0Lの2本立てとなる。

(写真はSport Hybrid i-DCD)
スポーツハイブリッドi-DCD

Sport Hybrid i-DCDはフィットハイブリッドおよびヴェゼルハイブリッドでも採用された直4 1.5Lガソリンエンジンをベースにした1モーター2クラッチ式のハイブリッドシステムである。リコール問題も収束したようで、リチウムイオンバッテリーと7速DCDの採用により優れた燃費性能が特徴となる。

(写真はVTEC TURBO 1.0L)
1.0L VTEC TURBO

VTEC-TURBO 1.0Lは直3 1.0Lのダウンサイジングターボガソリンエンジンで、ハイブリッドと並ぶもう一つの環境対策ガソリンエンジンとして開発されたものである。車両価格が安くなることがハイブリッドに対する最大のメリットということで期待が高まる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント