新型フリード ハイブリッドがまもなく登場

フリード/フリードスパイクにハイブリッドが追加

フリードとフリードスパイクのマイナーチェンジにおいて、ハイブリッドタイプが設定されることになった。
ハイブリッドエンジンはCR-Zと同タイプの1.5L+IMAとなる。
88psのガソリンエンジンに14psの電気モーターが組み合わさる。
10・15モード燃費は24.0km/L、JC08モード燃費は21.6km/L。フリード、フリードスパイク共にカタログ燃費は変わらない。プリウスαよりも全高が高く室内は広い。
プレミアム感で選ぶならプリウスα、実用性重視ならフリードハイブリッドの選択がお薦め。

ハイブリッド版でも優れたスペース効率を実現

燃料タンクは2列目シート下へ、IMAのリチウムイオンバッテリーは3列目シート下に収納される。
2列シート仕様のスパイクの魅力でもあった、反転フロアボードを使ったスロープモードとフルフラットモードの床面アレンジはハイブリッドモデルでも実現させている。
スロープモード時はやや床面が高くなるが、フルフラットモードでは従来モデルと変わらない床面高さになる。
非ハイブリッド車は6:4分割だったフロアボードはハイブリッド車では5:5になるという違いがある。
従来とほぼ変わりない使い勝手を実現させたのには、小型化させたリチウムイオン電池の採用が効いている。

ハイブリッド専用デザインは部分的に採用

フロントグリルはフィットハイブリッド風の質感に変更。
リアコンビネーションランプはクリア色の面積が増える。
ホイールキャップのデザインはより落ち着いた印象なものに変わる。
ハイブリッド専用カラーとしてエコで上質な印象のプレミアムブルーオパールメタリックを設定。
見た目には変わらないが、フロントガラスが遮音機能の高いものになり、室内は従来よりも静かになるということだ。

カーナビは標準化させてほしかった

シンプル装備のエントリーグレードと、充実装備のグレードの2タイプが設定される見込みだが、何れもカーナビは別途オプションとなる。
個人的にはカーナビを標準装備させたお得なモデルの設定が欲しかったところだ。

非ハイブリッドモデルもマイナーチェンジ

フリードスパイク
写真は現行フリードスパイク

従来より2列シートは、フリードのフレックスとフリードスパイクの2タイプ設定されていたが、このうちフレックスは廃止。
3列目シートはアームレスト付きの独立した2人がけに変更される。これは新型のハイブリッドモデルと共通。
このため乗車定員は一人減り、従来の7人/8人から6人/7人へと変更される。
非ハイブリッド車も燃費が向上し、10・15モードで16.4km/Lから17.0km/Lとなる。
坂道発進を補助するヒルアシストスタートと安全装置のVSAが全モデルに標準装備され、お買い得感が出た。

フリード/スパイクのマイナーチェンジおよびハイブリッドモデルの追加は10月初旬に予定されている。

関連するレポート

[ 2011/09/02 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.