car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フリードのフルモデルチェンジ2016年9月中旬予定、5人乗りフリードプラス設定

ホンダ・フリードがフルモデルチェンジ、エクステリアはシンプル

ホンダのコンパクトミニバン、フリードのフルモデルチェンジが2016年9月中旬に実施される。発売日まであと少しといった時期ではあるが、既にエクステリア画像が公開されている。

(写真は新型フリード)
フリード

新型フリードのフロントエクステリアはフィットの流れを汲むシンプルなスタイルとなった。ヘッドライトとグリルが一本の曲線で繋がる顔付きは、現行のホンダ車に共通する特徴であり、もはや無味無臭の存在にも感じる。

フリード フルモデルチェンジ

一方でライバルのトヨタ・シエンタはファニーで特徴的なエクステリアが導入されている。ターゲットを小さな子供がいるファミリー層に絞り込んだこの外観は、そこから外れた客層にとっては逆に仇となる。そういったライバル車の状況を考えると、新型フリードの無味無臭さは、シエンタが拾えていなかった客層を獲得することになり、販売の面でアドバンテージとなるはずだ。

(写真はトヨタ・シエンタ)
シエンタ

新型フリードはハイブリッド車が主力、フリードプラスとして5人乗り仕様もラインアップ

新型フリードに搭載されるパワートレインは、1.5Lの直噴NAガソリン、1.5LのSport HYBRID i-DCDの2タイプが用意され、なかでも高付加価値のハイブリッド車を中心とした販売計画が立てられている。

スポーツハイブリッドi-DCD

Sport HYBRID i-DCDはフィットやヴェゼルで搭載実績があるが、今回フリードへの導入にあたり改良が盛り込まれる見込み。シエンタのJC08モード燃費27.2km/Lを上回るスペックに仕上げられることが期待される。

また、ラゲッジスペースを大きくとった5人乗り2列シート車としてフリードプラスも用意され、従来型のフリードスパイクを後継するモデルとなる。

#1 匿名さん2016/07/30(Sat)08:36:43
初期不良が、出続けないといいねぇ
#2 匿名さん2016/07/30(Sat)21:27:53
中国の大好きな銀メッキは安っぽく見えるから、控えめにして欲しい

名前(任意)
コメント