car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フリードのフルモデルチェンジ2016年夏、1.5Lハイブリッドエンジン搭載

フリードが今夏フルモデルチェンジ、1.0Lターボは搭載ならず

ホンダのコンパクトミニバン、フリードのフルモデルチェンジが2016年の夏頃に実施される見込みとなった。

(写真は現行フリードハイブリッド)
フリード ハイブリッド 2013

現行フリードはトヨタ・シエンタの対抗として2008年に発売されたモデルであった。2010年には、月販1万台を超える月もあるほど販売は好調で、その後2011年にはハイブリッドモデルを追加している。モデル末期となった現在でも月販3000台前後でのセールスを維持しておりホンダの中でも人気車種の地位を確立している。

ホンダ フリード ホンダ フリードHV

次期フリードは1.5L NAガソリン、1.5Lハイブリッドの2タイプがラインアップ

そんなフリードの次期モデルは、コンパクトボディに3列シートを装備するコンセプトはそのままに正常進化を果たすことになる。特にパワートレインに注目が集まるが、1.5Lの通常NAガソリンエンジンと1.5LのSport Hybrid i-DCDの2タイプが採用されそうだ。ちなみにシエンタのJC08モード燃費は、NAガソリン車が20.6km/L、ハイブリッド車が27.2km/Lとなっているので、後出しのフリードをこれらを超える必要がある。

フリードハイブリッド ホンダ フリード ハイブリッド 2013

また、次期フリードからの搭載が計画されていた新開発1.0L VTEC-TURBOはキャンセルとなる。国内市場では依然ハイブリッド車のニーズが高く、価格も燃費性能も中途半端なダウンサイジングターボの人気はイマイチ。こういった背景を考えると、1.0L VTEC-TURBOの搭載延期は致し方ないのかもしれない。

(写真はシエンタ)
シエンタ

2015年にフルモデルチェンジしたばかりのシエンタは、月販1万台前後の水準で売れている。ここから次期フリードがどれだけ奪えるかも注目される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント