car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フリードはフルモデルチェンジでダウンサイジング過給、ホンダに直3 1Lターボ有

フリードがフルモデルチェンジで直3 1.0L ターボの設定

日本の自動車メーカーがハイブリッド技術の開発に投資をしてきた間、欧州車メーカーはダウンサイジング過給による燃費向上技術に磨きをかけてきた。今後も日本車のハイブリッドエンジンの比率は高まると考えるが、ダウンサイジング過給エンジンもシェアを伸ばしそうである。

ホンダもまた、これまでハイブリッド技術で先行してきたメーカーの一つではあるが、現在ダウンサイジング過給による低燃費エンジンの開発を進めているようだ。その搭載車種として2015年頃にフルモデルチェンジの計画がある次期フリードが想定されており、そのエンジン仕様は直3 1.0L ターボということになりそうである。

写真は現行フリード。このボディサイズを1.0Lエンジンで動かすというから楽しみだ。
フリード
ホンダ フリード

次期フリードでホンダのダウンサイジングターボエンジンの普及が一気に進む

フリードは話題になることが少ない車種であるが、昨年2012年の販売台数は10万台を超えており、ハイブリッドを除く登録車では、フィットに次ぐ人気車種となっている。フリードから実用化が始まるホンダの1.0Lターボエンジンはかなりの台数が出る車種へ搭載されることになり、普及とコストダウンが一気に進むことが期待される。
また、次期フリードもコンパクトな箱型ミニバンとして3列シートの7人乗り仕様が設定されるだろう。これを1.0Lエンジンで引っ張るというのだから、その燃費性能は期待できるものになりそうだ。

昨年2012年に発売された日産の新型ノートは、日本車として初めてダウンサイジング過給による低燃費エンジンの市販化を実現しており、日本車にもそのトレンドが来ようとしている。将来的にはダウンサイジング過給+ハイブリッドという流れになるだろうが、まずは低価格車向けのダウンサイジング過給による燃費向上技術が日産やホンダを含めた日本の各自動車メーカーで実用化されることになるだろう。

#1 mune82562016/05/25(Wed)16:52:39
新型フリードと今のフリードの内装の広さどちらが広いのでしょうか。
#2 フリード大好き2016/07/28(Thu)12:16:44
フルモデルチェンジは9月頃に予定されていますが、1.0Lターボエンジンはいつ出るのですか。わかりましたら教えてください。

名前(任意)
コメント