car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エクストレイル2019年内フルモデルチェンジ、e-POWER搭載

日産・エクストレイル2019年末FMCで電動化

日産のクロスオーバーSUV、エクストレイルのフルモデルチェンジが2019年終盤にも実施されることが予想される。2013年発売の現行T32型3代目エクストレイルは、約6年のモデルサイクルで次期型4代目へと切り替わる。

(写真はX Motion コンセプト)
クロスモーション

日産は今年2018年1月のデトロイトショーで、X motionと名付けられたコンセプトカーを発表していた。中型クロスオーバーSUVのボディスタイルに3列シートが備わり、そのモデル名も次期エクストレイルを連想させるものであった。

クロスモーション リアコンビネーションランプ クロスモーション 次期エクストレイル

次期エクストレイルのパワートレインはシリーズ式ハイブリッドのe-POWER

次期エクストレイルのパワートレインは、e-POWERを搭載したモデルが主力グレードとなりそう。小型車のノートからスタートしたe-POWERは、EM57モーターの高出力版が登場したことでセレナへの搭載が可能となった。この高出力版であれば、エクストレイルのボディサイズでも十分に対応できそうである。4WD化については、ノートでe-POWER 4WDの実績があり、この技術は次期エクストレイルでも応用されるはず。

クロスモーション シート Xモーション インテリア

前回レポートでは、可変圧縮比エンジンのVC-T採用の可能性について書いたが、現状ではインフィニティQX50への搭載に留まっている。日本市場向けの新型スカイラインクロスオーバーの発売も果たしておらず、まだVC-Tがエクストレイルに搭載されるタイミングではないだろう。

(写真は現行エクストレイル)
X-TRAIL

次期エクストレイルは、早ければ2019年秋に開催される東京モーターショーで、市販プロトタイプが参考出品されるかもしれない。

#1 匿名さん2018/08/27(Mon)17:04:23ID:c0ZmMzNTTM
レクサスNXにそっくりですね。
#2 匿名さん2018/08/28(Tue)21:46:52ID:MyY2I1NG2M
エンジンの排気量は、⒈5Lに上げてくるのかな?
#3 匿名さん2018/08/29(Wed)17:21:06ID:hmZmU3NTWY
これ時期ジュークじゃない?
#4 匿名さん2018/08/29(Wed)19:42:19ID:YzMTExMTWM
いや、違う
次期ジュークだと思う
#5 匿名さん2018/09/09(Sun)02:27:32ID:U2YWU5ODGN
エクストイレル
#6 匿名さん2018/09/15(Sat)08:43:34ID:JkNGYzZm2Z
日産のキャッチフレーズ「自動運転」で、日産離れしてしまった。
永遠に日産車は、購入することはない。
#7 匿名さん2018/09/15(Sat)15:49:01ID:Y5ZGU2ZTTZ
大坂なおみも日産
スポンサーです
#8 匿名さん2018/09/15(Sat)20:49:16ID:k2YmJjZWmZ
エクストレイルはモデルチェンジの度に全く別の車になってしまうな。
交差する道を迷走するかのように!

名前(任意)
コメント

車名

エクストレイル

エクストレイル

代表グレード

20Xi

20X エクストリーマーX

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DBA-T32

DBA-NT32

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4690

4715

全幅(mm)

1820

1820

全高(mm)

1740

1740

ホイールベース(mm)

2705

2705

トレッド 前(mm)/後(mm)

1575/1575

1575/1575

室内長(mm)

2005

2005

室内幅(mm)

1535

1535

室内高(mm)

1270

1270

車両重量(kg)

1490

1550

エンジン型式

MR20DD

MR20DD

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1997

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

84.0×90.1

84.0×90.1

最高出力

147ps(108kW)/6000rpm

147ps(108kW)/6000rpm

最大トルク

21.1kg・m(207N・m)/4400rpm

21.1kg・m(207N・m)/4400rpm

圧縮比

11.2

11.2

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.4

15.6

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/60R18

225/60R18

タイヤサイズ(リア)

225/60R18

225/60R18

最小回転半径(m)

5.6

5.6

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

2,803,680円

2,982,960円

車名

エクストレイル

エクストレイル

代表グレード

20Xi ハイブリッド

モード プレミア

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DAA-HT32

DBA-T32

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4690

4705

全幅(mm)

1820

1830

全高(mm)

1730

1745

ホイールベース(mm)

2705

2705

トレッド 前(mm)/後(mm)

1575/1575

1575/1575

室内長(mm)

2005

2005

室内幅(mm)

1535

1535

室内高(mm)

1270

1270

車両重量(kg)

1580

1510

エンジン型式

MR20DD

MR20DD

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1997

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

84.0×90.1

84.0×90.1

最高出力

147ps(108kW)/6000rpm

147ps(108kW)/6000rpm

最大トルク

21.1kg・m(207N・m)/4400rpm

21.1kg・m(207N・m)/4400rpm

圧縮比

11.2

11.2

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

20.8

16.4

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/65R17

225/55R19

タイヤサイズ(リア)

225/65R17

225/55R19

最小回転半径(m)

5.6

5.6

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

3,071,520円

3,093,120円

過去記事(2018/01/16)

次期エクストレイルを予告か、Xモーションを北米国際オートショーで発表

エクストレイル後継コンセプト、クロスモーションがデトロイト発表

日産は、2018年1月14日より開催される北米国際オートショーでコンセプトカーのXmotion(クロスモーション)を発表した。

(写真はXmotion)
クロスモーション

Xmotionは、2020年以降の日産のデザインの方向性を指し示すモデルとしている。クロスオーバーSUVのボディタイプから察するに、具体的にはエクストレイルあるいはローグの次期型を予告するコンセプトカーと考える。

クロスモーション リアコンビネーションランプ クロスモーション 次期エクストレイル

次期エクストレイルは近未来シティSUVに進化、VC-Tエンジンの搭載も期待される

日産のトレードマークである逆台形のVモーショングリルは巨大化することで、フロントデザイン全体に溶け込んでしまった。ボディ全体の第一印象は直線と平面からなるシンプルなスタイルである。その反面ディテールでは曲面を使い、都会的かつ未来的なクロスオーバーSUVに仕上げられている。

クロスモーション シート Xモーション インテリア

インテリアでは、木材と日本の伝統的な格子柄が多用される。オリンピックイヤーでもある2020年は世界的にも日本が注目される時期にもあり、和のテイストを積極的に組み入れるのも日系ブランドのトレンドとなるだろう。

クロスモーション 木材 クロスモーション エクストレイル

座席は4+2タイプの3列シートが採用される。

(写真はVC-Tエンジン)
VC-Tエンジン マルチリンク

また、次期エクストレイルでは可変圧縮比エンジンのVC-Tの導入が期待される。世界初となる量産可変圧縮比エンジンは、既にインフィニティQX50(スカイラインクロスオーバー)への搭載が確定しており、今後の採用モデルの拡大が予想される。VC-Tエンジンは負荷状況に応じて最適な圧縮比を8~14の間でシームレスに変化できる2.0Lのガソリンターボエンジンで、最高出力268ps、最大トルク38.7kgmのパフォーマンスとなる。

過去記事(2017/06/09)

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産の後期型エクストレイルが自動運転技術採用、マイナーモデルチェンジ

日産は2017年6月8日にエクストレイルのマイナーモデルチェンジを発表した。

(写真は新型エクストレイル)
エクストレイル マイナーモデルチェンジ

現行型エクストレイルは、2013年12月にフルモデルチェンジを受けた3代目モデルである。デビューから三年半が経過するタイミングでマイナーモデルチェンジが施され、後期型エクストレイルの販売が始まった。

後期型エクストレイルは、新世代Vモーショングリルでフロントデザインを一新

後期型エクストレイルは、新型Vモーショングリルが採用されたのが目立った特徴となる。前期型はフロントグリルのブラックアウト部分が小さくエコイメージが強調されていた。後期型ではブラックアウト部分がV型メッキガーニッシュの下方にも拡大され、よりクロスオーバーSUVらしい力強いイメージに仕上げられた。このような特徴をもつ新型Vモーショングリルは、今後発表される日産の他の車種にも適用されていくことが予想される。

エクストレイル

ヘッドランプ形状もリニューアルされており、眼つきにも変化が見られる。

エクストレイル プロパイロット

そして、新型エクストレイルで最も注目されているのが自動運転技術プロパイロットの採用である。昨年2016年よりセレナで先行導入された技術がエクストレイルにも導入され、高速道路における単車線走行の自動運転が可能となる。

X-TRAIL

新型エクストレイルの車両価格は、20Sグレードの219万7800円、ハイブリッドは20S HYBRIDグレードの258万9840円がボトムラインとなる。プロパイロットは約14万円高でメーカーオプション設定扱いとなる。実質24万円程度と考えられていたセレナのプロパイロットからコストダウンが進んでおり、今後の採用モデル拡大が期待される。

過去記事(2017/04/27)

エクストレイルが後期型へマイナーモデルチェンジ、プロパイロット搭載

日産・エクストレイル後期モデル、2017年6月に発売見込み

エクストレイルのマイナーモデルチェンジが2017年6月にスケジュールされている。自動運転技術のプロパイロット搭載モデルが設定される予定だ。

(写真は現行エクストレイル)
エクストレイル

後期型エクストレイルのポイントは、プロパイロットと新型Vモーショングリル、フットトランクオープナー

現行エクストレイルは、2013年にデビューした3代目モデル。販売期間3年半で後期型へ向けたマイナーモデルチェンジが実施される。

後期型エクストレイルで最も注目される新機能となるのが、自動運転技術のプロパイロットである。高速道路の単一車線における自動運転を実現するプロパイロットは、昨年2016年からミニバンのセレナに装備されており、既に好評となっている。海外向けにもキャシュカイやインフィニティ・Q50での採用が発表されており普及が拡大しつつある。日本向けラインアップではエクストレイルが二車種目のプロパイロット採用モデルということになる。

(写真はセレナ プロパイロット)
セレナ highway STAR

後期型エクストレイルでプロパイロットが装備可能となるグレードは、20X と 20X HYBRID となる。さらにこれらのグレードにはフットトランクオープナーが標準装備される。

(写真は北米ローグ)
ローグ

後期型エクストレイルはエクステリアも一新される。フロントのVモーショングリルは大型化し、Vラインメッキの下部にブラックアウト部分が加わる。姉妹モデルの北米ローグはこのマイナーモデルチェンジを既に受けており、これに準じたデザインとなる。

(写真は新型マイクラ)
新型マーチ マイクラ

他にキャシュカイや新型マイクラでも同様の新型Vモーショングリルが採用されている。この新型Vモーショングリルは日産車全般に採用されていくことが予想される。

過去記事(2016/03/07)

エクストレイル プレミアム コンセプトがジュネーブで発表、日産ブース画像

日産は2タイプのプレミアムコンセプトを発表、クロスオーバーSUV

日産は、ジュネーブモーターショー2016でエクストレイル プレミアムコンセプト、キャシュカイ プレミアムコンセプトの2つのクロスオーバーSUVを発表した。

(写真はエクストレイル プレミアムコンセプト)
エクストレイル プレミアムコンセプト ジュネーブモーターショー2016

エクストレイルおよびキャシュカイの両プレミアムコンセプトは現行型をベースに主にゴールドカラーの装飾を加えたモデルとなる。

エクストレイル プレミアムコンセプト エクストレイル プレミアムコンセプト リアコンビネーションランプ

エクストレイルは日本市場でもおなじみのモデルで現行型から3列シートモデルあるいはハイブリッドモデルをラインアップすることで、存在感を示してきた。

エクストレイル premium concept geneva2016 エクストレイル プレミアムコンセプト サイドシル

一方でキャシュカイの方はというと2014年に2代目へフルモデルチェンジを果たしたにもかかわらず、日本市場に導入されていない。先代型はデュアリスの車名で日本でも販売されたがカタログ落ちとなっている。

(写真はキャシュカイ プレミアムコンセプト)
キャシュカイ プレミアムコンセプト

これらのうち日本発売があるとすれば、エクストレイル プレミアムコンセプトということになるが、発売時期については言及されていない。

エクストレイル、キャシュカイの特別仕様車の他にIDSコンセプトを出品、今年の日産は内容が薄い

今回のジュネーブショーの日産は、これら2モデルと東京モーターショーで初公開された自動運転車のIDSコンセプトがメインとなった。昨年の同ショーでは、日産は次期マーチとされるSWAYコンセプトの出展があったがこちらの続編は見ることができなかった。

(写真はIDSコンセプト)
IDSコンセプト ジュネーブ

日産は欧州市場において日系メーカーの中では比較的存在感のあるポジションにあるが、今回のジュネーブでは、これといったワールドプレミアモデルが無く残念である。

過去記事(2015/04/08)

エクストレイルハイブリッドが5/13発売、価格は(2WD)280万4760円、新HV搭載

エクストレイルに2.0Lハイブリッドモデルが追加、1モーター2クラッチ式

日産はエクストレイルハイブリッドを正式発表した。

(写真はエクストレイルハイブリッド)
エクストレイルハイブリッド

現行T32型エクストレイルは2013年12月に発売したモデル。エンジンは2.0Lガソリンのみのラインアップとなっているが、上級パワートレインとしてハイブリッドモデルが後追いで発売されることがフルモデルチェンジ当初から確定的であった。そのハイブリッドモデルの発売日が2015年5月13日になることが公式に発表された。

エクストレイルHV

エクストレイルハイブリッドに搭載される新開発システムは、MR20DD型の2.0Lガソリンエンジンがメインユニットとなる。これは現行の2.0Lガソリン車に搭載されるものがベースとなっているが、ハイブリッド向けにオルタネーターの撤去、電動エアコンコンプレッサーおよび低フリクションオイルシールを採用することで、エンジンユニット単体での効率は向上している。

日産 エクストレイル ハイブリッド

ハイブリッドの基本技術は、日産がこれまでフーガ、シーマ、スカイラインなどの上級車種で採用してきた1モーター2クラッチ式を採用。駆動用バッテリーとしては小型のリチウムイオン電池が搭載される。

エクストレイルハイブリッドは2WDが280万4760円~、4WDが301万1040円~

エクストレイルハイブリッドの燃費性能は2WD車がJC08モードで20.6km/L、4WD車が同20.0km/Lとなる。ハイブリッドモデルは全車エコカー減税100%対象の免税を達成した。

日産 エクストレイル ハイブリッド 発売 エクストレイル ハイブリッド リアコンビネーションランプ

車両価格は2WD車が280万4760円から、4WD車が301万1040円からと少し割高に感じるが、ハイブリッドモデルは全車エマージェンシーブレーキ パッケージが設定されており、自動ブレーキシステムが標準装備されることになる。

現行型エクストレイルは3列シートモデルが設定されたこともポイントであったが、これはガソリン車のみとなった。今回の新たに加わったハイブリッド車は5人乗りモデルのみとなる。

過去記事(2015/03/24)

エクストレイルハイブリッドが4月発表予定、新開発2.0Lハイブリッド搭載

エクストレイルハイブリッドが遂に5月発売見込み、直4 NA 2.0LガソリンHV

エクストレイルハイブリッドの開発が2014年度内の発売を目標に進められていたが、これは延期ということであった。そして新たな日程として、4月7日の正式発表、5月の発売開始が計画されている。

(写真は現行エクストレイル)
エクストレイル 大阪モーターショー

直4 2.0Lのガソリンエンジンユニットを搭載する現行エクストレイルにグレード追加される形でハイブリッドモデルが加わる。ハイブリッドモデルを示すバッジエンブレムが取り付けられるが、基本的にはガソリンモデルとほぼ同じエクステリアデザインとなる見込み。

エクストレイル エクストレイル 2013 フランクフルト

搭載されるハイブリッドシステムは新開発のもので、直4 2.0L NAガソリンエンジンをメインユニットとする1モーター2クラッチ型となる。これは、北米モデルのパスファインダーハイブリッドおよびインフィニティQX60に搭載されてきた、直4 2.5L スーパーチャージャー付きハイブリッドユニットをベースにしたダウンサイジング版と考えられる。

(写真は直4 2.5L スーパーチャージャー付きハイブリッドシステム)
直4 2.5L スーパーチャージャー ハイブリッド

エクストレイルハイブリッドのJC08モード燃費は20km/L以上、ハリアーHVを超えられず

新型エクストレイルハイブリッドはFFモデルと4WDモデルの両方がラインアップされる。燃費性能の優れるFFモデルは、JC08モードで20km/Lを超えるとされるが、おそらくライバルのトヨタ・ハリアーハイブリッドの同21.8km/Lを超えることは難しいだろう。しかもハリアーの全ハイブリッドモデルは電気式ながらも4WDモデルを採用している。

また、現行エクストレイルには3列シートモデルが存在するが、ハイブリッドモデルは2列シート5人乗り仕様のみとなる見込みだ。

(写真は現行エクストレイルに搭載される直4 2.0LガソリンエンジンMR20DDと新型エクストロニックCVT)
MR20DD+CVT

エクストレイルハイブリッドの価格は未定だが、車体価格と燃料費のコストパフォーマンスでハイブリッド車がガソリン車を超えるのは難しそう。ハイブリッド車のシステムトータル最高出力は188psになる見込みであるから、これが147psのガソリン車に対するアドバンテージとなるだろう。

過去記事(2015/02/24)

エクストレイルハイブリッドの2014年度内発表は難しい、2015年度へ延期の可能性

エクストレイルハイブリッドは2015年度に入ってから正式発表される

日産が2013年に発売したエクストレイルにハイブリッドモデルが追加されるという話があった。これは2015年3月内にも正式発表され詳細が公開されるとされていたが、その実現は難しく延期となったようだ。

(写真は現行エクストレイル)
エクストレイル 大阪モーターショー

エクストレイルハイブリッドの新たな発表発売時期は未定となっており、正式発表は2015年度に持ち越されることになる。遅くとも2015年10月に開催される東京モーターショーの時期には、日産のラインアップに加わっていることが予想される。

エクストレイル ラゲッジルーム エクストレイル リアシート

エクストレイルT31ディーゼルの生産は終了、新開発2.0Lハイブリッドは次期セレナにも搭載予定

新型T32エクストレイルにディーゼルエンジンモデルが設定されなかったため、フルモデルチェンジ以降も旧型T31エクストレイルはディーゼルモデルに限り生産が継続されていた。これも今月2015年2月を以って終了している。

ディーゼルユニットに代わる上級パワートレインを望むユーザーのためにも早く2.0Lハイブリッドモデルを市販化させて欲しいものである。

エクストレイル エクストレイル 東京モーターショー

この日産が開発をすすめる2.0Lハイブリッドシステムは1モーター2クラッチ式でリチウムイオンバッテリーを採用した高性能な仕様となる見込み。日産は上級車向けにV6 3.5Lハイブリッド、さらに海外の大型SUV車種向けに2.5Lスーパーチャージャーハイブリッドを持っているが、これらに次いで実用化される高性能ハイブリッドシステムとなる。

新型エクストレイル 東京モーターショー2013 新型エクストレイル 内装

まずは現行エクストレイルに搭載されることになるが、この他にセレナにも採用されていくことが確定的となっている。これは現行セレナではなく、フルモデルチェンジを迎えた次期モデルから搭載が始まると考えられ、セレナハイブリッドの発売次期は2016年以降になりそうだ。

日産エクストレイル ハイブリッド2015年5月の発売計画、新開発2.0L 4WD HV

エクストレイルにブラック エクストリーマーXを追加、T31型ディーゼル値下げ

エクストレイル ハイブリッドは2014年度内に発売か、1モーター2クラッチ式

エクストレイル ハイブリッドの追加投入は2015年春以降に延期、2.0Lハイブリッド

エクストレイルの販売が好調、新設定の3列シート車がミニバン需要の受け皿に

エクストレイル ハイブリッドは2014年11月発表目標で開発中、新型初期受注好調

新型エクストレイルの価格、2列シート2,249,100円、3列シート2,319,450円から

エクストレイルのフルモデルチェンジ、2.0L直噴ガソリンモデルを12月11日に発表

新型キャシュカイ欧州発表、日本版デュアリスは無し、エクストレイルと統合

エクストレイルがフルモデルチェンジ、ニューモデルは2013年12月発売か

新型エクストレイルがフランクフルトでワールドプレミア、3列シート有り

次期デュアリスがフランクフルトモーターショー2013で発表、日産の新型SUV

エクストレイル年内フルモデルチェンジ、ハイブリッドエンジン搭載車は遅れる

エクストレイルが大幅値下げで199万800円、フルモデルチェンジは近いのか?

次期エクストレイルかデュアリスか?日産の新型SUVが東京モーターショー公開予測

エクストレイルに低価格ディーゼルグレードの投入を検討中、20GT-S追加か

エクストレイル2013年秋にフルモデルチェンジ、ハイブリッドも開発中

エクストレイル新型二代目(日産T31/NT31/TNT31/DNT31)の口コミ評価

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先