car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エクストレイル年内フルモデルチェンジ、ハイブリッドエンジン搭載車は遅れる

新型エクストレイルは東京モーターショー2013で発表

2013年11月開催の東京モーターショー、日産ブースのメインとなりそうなのが、新型エクストレイルである。2012年のジュネーブモーターショーでは、次期エクストレイルの前身とも言われるハイクロスコンセプトが発表されていた。これによれば、新型エクストレイルのエクステリアデザインは、現行モデルのクロスカントリー調から大きく方向転換し、先進的なシティSUVへと進化することになる。スタイリングの方向性は、寧ろデュアリスに近くなるだろう。
(写真はハイクロスコンセプト)
次期エクストレイル ハイクロスコンセプト

新型エクストレイル、2013年内発売モデルにハイブリッドは無し

新型エクストレイルの一般発売は2013年12月になる見込み。ただし、この初期モデルのパワーユニットとしては、直4 2.5LのNAガソリンエンジンのみがラインアップする可能性が高い。ハイブリッドエンジン搭載車も計画されてはいるものの、まだ市販化には時間がかかりそうで、発売から1年後、あるいはもう少し先になるという話も。
しかしライバル車種を見てみると、マツダ・CX-5のクリーンディーゼルグレードが人気となっているほか、トヨタも次期ハリアーでハイブリッドエンジン搭載車をメイングレードに置いてくる見込み。このセグメントでの販売を優位に進めるには、なるべく早く環境対応パワーユニットの導入を実現する必要があるだろう。
(写真はCX-5)
cx-5 上海モーターショー2013

(写真は次期ハリアー)
新型ハリアー

日産は、2013年4月に開催されたニューヨーク国際オートショーで、スーパーチャージャー付き 直4 2.5L+1モーター2クラッチ方式による新開発のハイブリッドエンジンを発表していた。このハイブリッドエンジンは、北米向けパスファインダーとインフィニティQX60に搭載されたが、次期エクストレイル向けとしてはオーバースペック。エクストレイルに搭載されるハイブリッドエンジンとしては、直4 2.0L NA+1モーター2クラッチ式になると予測される。
(写真は日産2.5L スーパーチャージャー ハイブリッド)
直4 2.5L スーパーチャージャー ハイブリッド

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント