car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・ロードスターRFが12月22日発売、リトラクタブルファストバック画像

ロードスターRF 電動リトラクタブルハードトップを装備

マツダからロードスターRF(リトラクタブルファストバック)が2016年12月22日に発売される予定となっている。

(写真は新型ロードスターRF)
ロードスターRF

通常版ロードスターは手動開閉可能なソフトトップが装備されているが、今回追加発売されるロードスターRFは電動式のハードトップが装備されたモデルとなる。

ロードスターRF フロントグリル ロードスターRF バック

ロードスターRFは、太いCピラーがオープン状態で残されるファストバックスタイルが採用される。ルーフ全体が折り畳まれるソフトトップモデルとは、ルーフ素材の違い以上に外観上の差として感じられる。

ロードスターRF オープン ロードスターRF リアコンビネーションランプ

風の感じ方はサンルーフをオープンにした状況を想像するかもしれない。実際は、バックウィンドウが収納されているため、風の通りはどちらかと言えば通常のソフトトップ車に近くなりそうだ。

ロードスターRF アンテナ ロードスターRF トランク

クリア樹脂製の風防を両席ヘッドレスト間に取り付けることで、風の通りをコントロールすることができる。

ロードスターRFインテリア

ロードスターRFはSKYACTIV-G 2.0が搭載される、上級のRSも用意される

ロードスターRFのエンジンはSKYACTIV-G 2.0が採用される。ソフトトップ車の日本仕様は1.5Lであり、今後2.0Lエンジンがソフトトップ車へ導入される予定は無いとしている。ただし、米国仕様は2.0Lモデルが存在する。

ロードスターRF スカイアクティブG

さらに走りに拘った仕様としてロードスターRF RSが設定される。

(写真はロードスターRF RS)

ロードスターRF RS ロードスターRF RSリアコンビネーションランプ

ロードスターRF RSでは、ブレンボ製キャリパー、ビルシュタインサスペンション、専用レカロシートが主だった装備となる。

ロードスターRF ブレンボ ロードスターRF RS レカロシート

ロードスターRFのトランスミッションは6AT/6MTいずれも用意されるが、RSは6MTのみが用意される。

#1 匿名さん2018/04/01(Sun)23:46:05ID:IwMzg2NjDY
ロードスターだけは、絶対に他のマツダ車とはこのまま一線を画して欲しい。
#2 匿名さん2018/05/02(Wed)21:22:40ID:I1ZjdhYzTY
RFいいじゃん

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/11/12)

マツダ・ロードスターRF リトラクタブルハードトップモデルが12月22日発売

ロードスターRF、電動ハードトップ搭載モデルが追加発売

マツダは2016年3月のニューヨーク国際オートショーでロードスターRF(リトラクタブルファストバック)をワールドプレミアしていた。その日本発売が2016年12月22日に決まった。

(写真は新型ロードスターRF)
ロードスターRF

マツダのロードスターシリーズは昨年2015年に10年ぶりとフルモデルチェンジを受けて4代目モデルに切り替わっている。早くもその派生モデルが追加されラインアップが強化される。

マツダ ロードスターRF ロードスターRF リトラクタブルファストバック

通常版ロードスターでは手動開閉が可能なソフトトップを装備するが、今回新発売されるロードスターRFでは電動開閉式のハードトップが装備されるのが大きな違いとなる。

マツダ ロードスターRF トランク

開閉部分も通常版とRFでは異なる。通常版ではルーフ先端からバックウィンドウまで全てが開く。RFではオープンとなるのはA-Bピラー間に限られ、B-Cピラーは残されたままとなる。残されたB-Cピラー部分は後方にかけてなだらかに傾斜していくファストバックスタイルとなっている。

MX-5 ロードスター RF オープン MX-5 ロードスター RF クローズド

ロードスターRFはスカイアクティブ-G 2.0を搭載、上級グレードのRSも用意される

やはり、電動ハードトップ装備ということで、通常版よりもプレミアムなイメージで販売されることになる。搭載されるパワートレインについても、通常版のSKYACTIV-G 1.5(最高出力131ps/最大トルク15.3kgfm)に対し、RFではSKYACTIV-G 2.0(最高出力158ps/最大トルク20.4kgfm)が採用される。なお、北米仕様では通常版ロードスターでもSKYACTIV-G 2.0を搭載していたから、このユニットを持ってくれば容易にハイパフォーマンスエンジン搭載車が出来上がるというわけだ。

roadster RF RS シート ロードスターRF RS ブレンボキャリパー

さらに上級装備となるロードスターRF RSも設定され、これには専用シート、ブレンボ製ブレーキなどが採用される。

過去記事(2016/08/03)

マツダ・ロードスターRF SKYACTIV-G 2.0搭載で2016年10月に日本発売の予定

ロードスター リトラクタブルファストバックが10月に日本発売、電動ハードトップ版

マツダ・ロードスターRF(リトラクタブルファストバック)が2016年10月に日本発売されるスケジュールとなっている。

(写真はロードスターRF、ニューヨーク国際オートショー2016)
MX-5 ロードスター RF ワールドプレミア

2015年にフルモデルチェンジしたマツダ・ロードスターにハードトップルーフを装備するモデルが存在することはかなり前から噂されていた。2016年3月のニューヨーク国際オートショーでは、リトラクタブルファストバックという形でその完成車体が披露された。

MX-5 ロードスター RF オープン MX-5 ロードスター RF クローズド

ロードスターRFと名付けられたこのモデルの日本発売は、2016年10月に実施される予定となっている。

MX-5 ロードスター RF フロントグリル MX-5 ロードスター RF タルガトップ

ロードスターRFに備わるルーフのハードトップは約12秒で電動開閉が可能となる。バックウィンドウも収納されることから、通常ロードスターのオープン時と風の感じ方に大きな差はないだろう。

ロードスターRF日本仕様は2.0L NA ガソリンエンジン搭載、6MTと6ATがラインアップ

ロードスターRFの日本仕様に搭載されるエンジンはSKYACTIV-G 2.0で最高出力155hp(157ps)となる見込み。通常ロードスターはSKYACTIV-G 1.5で最高出力131psであったからボアアップによるパフォーマンスアップは大きい。また、電動ハードトップによる重量増は80kg程度となる。

MX-5 ロードスター RF MX-5 ロードスター RF トランク

トランスミッションは6MTと6ATの両方が設定される。ロードスターの高出力エンジン版と考えあくまでスポーツ走行を楽しみたいなら6MTモデルを、プレミアムオープンカーと考えるなら6ATモデルを選択するとニーズに合うだろう。

過去記事(2016/07/05)

マツダ・ロードスターRF リトラクタブルファストバック、2016年秋に日本発売

ロードスターRFの準備が順調、2016年秋の発売が現実的に

マツダは2016年春のニューヨーク国際オートショーでロードスターRF(リトラクタブルファストバック)を発表していた。その後、2016年秋に日本発売されるスケジュールで準備が進められている。

(写真はMX-5 RF 北米仕様、ニューヨーク国際オートショー2016)
MX-5 ロードスター RF ワールドプレミア

ロードスターRFは、2015年にフルモデルチェンジした現行ロードスターをベースに開発される。通常ロードスターは手動開閉によるソフトトップによるルーフが装備されているが、このロードスターRFは電動開閉が可能なハードトップが与えられたモデルとなる。

MX-5 ロードスター RF オープン

サイトからのアングルでは、タルガトップ風にルーフ上面がオープンになりリアピラーとリアクウォーターガラスが残されたままであることがわかる。
MX-5 ロードスター RF クローズド MX-5 ロードスター RF

リアウインドウも上下に開閉できるようになっており、風の感じ方は通常のソフトトップ車に近くなるだろう。

ロードスター派生モデル、アバルト124スパイダーが先に日本発売か

ロードスターRFは、通常ロードスターの派生モデル的な位置づけとなるが、ルーフ周辺を除くエクステリアデザインは通常ロードスターと変わりない。

(写真はフィアット124スパイダー)
フィアット124スパイダー

この他にマツダでは、ロードスターがベースの派生モデルとして、フィアット124スパイダーを生産し、北米に向けた輸出を開始している。

(写真はアバルト124スパイダー)
アバルト124スパイダー

フィアット版124スパイダーが日本発売される予定は今のところ無い。ただし、上級スポーツブランドのアバルトから124スパイダーが2016年9月にも日本発売される見込みとなっており、こちらも楽しみである。

過去記事(2016/04/09)

ロードスターRF リトラクタブルファストバックは2016年秋に日本発売

マツダ ロードスター RF(リトラクタブルファストバック)は2.0Lスカイアクティブ搭載

2016年3月にマツダは、MX-5 RFとして日本名でロードスター リトラクタブルファストバックなるモデルをニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアさせた。

(写真はMX-5 RF)
MX-5 ロードスター RF オープン

MX-5 RFの米国発売は2016年秋ということであったが、日本発売についても同時期に実施される見込みである。

ロードスターRFのオープン時はタルガトップ調デザイン、バックウィンドウは収納式で風は楽しめる

ロードスター リトラクタブル ファストバックは、クローズド時にはハードトップのファストバッククーペのボディスタイルが採用された。

MX-5 ロードスター RF クローズド MX-5 ロードスター RF

一方でオープン時にはリアクォーターが残され、サイドのアングルから見ればタルガトップボディに見える。ただし、バックウィンドウは収納されており、オープン走行時の風の楽しみは通常のソフトトップのロードスターと大きく変わらない仕組みとなっている。

MX-5 ロードスター RF フロントグリル MX-5 ロードスター RF タルガトップ

リトラクタブルファストバック採用による重量増は、アルミ製トップ採用の軽量化により最小限に留められ+37kgとなる。さらに日本仕様では2.0Lエンジンが採用されることから、エンジン部分でもボアアップによる重量増となる。この2.0Lエンジンは米国仕様のソフトトップのロードスターにも採用されており、これによると最高出力155hp、最大トルク148 lb-ftとなる。ちなみに欧州仕様のMX-5 RFでは、1.5Lと2.0Lの2タイプのエンジンがラインアップされる見込みだ。

MX-5 ロードスター RF ワールドプレミア MX-5 ロードスター RF トランク

この他、日本仕様では専用17インチタイヤと専用サスペンションチューンが盛り込まれる予定となっている。

過去記事(2016/03/23)

MX-5 RFがワールドプレミア、マツダ・ロードスターの電動ハードトップ版

マツダがロードスター RFをニューヨーク国際オートショーで発表

3月23日にニューヨーク国際オートショー2016のプレスデーがスタートした。そこでマツダは、ロードスターに電動ハードトップを装備したモデル、MX-5 RFをワールドプレミアさせた。

(写真はMX-5 RF、ニューヨーク国際オートショー2016)
mx-5-rf-rear mx-5-rf-side

ロードスター RFの日本発売は2016年秋頃が見込まれる、電動リトラクタブルハードトップ搭載

マツダ・ロードスター(海外名MX-5)は2015年に10年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたモデルであった。現在発売中の通常モデルは手動開閉可能なソフトトップを装備するが、電動リトラクタブルハードトップを採用したモデルが早くも披露された。

mx-5-rf-roof MX-5 ロードスター RF トランク

オープン状態ではバックウィンドウは残され、ルーフのトップのみが開けられたタルガトップ構造が採用された。風の巻き込みはソフトトップの通常モデルより穏やかとなるだろう。ルーフの開閉は10km/h以下の走行中も可能としている。

mx-5-rf-face mx-5-rf-back

搭載されるエンジンは直4ガソリンエンジンのSKYACTIV-Gで、排気量として1.5Lと2.0Lが用意される。国内仕様のロードスター通常モデルは1.5Lが採用されているが、電動リトラクタブルハードトップの装備により重量増となるためこちらは2.0Lが選ばれることが予想される。

mx-5-rf-close

新型ロードスターに電動リトラクタブルハードトップ仕様が発売されることは、通常モデルがデビューする以前からの噂であった。発売は2016年秋頃となる見込みで、日本市場への導入時期もこの頃となる見込みだ。

過去記事(2016/03/12)

マツダ・ロードスターの姉妹モデル、アバルト・124スパイダーが初公開

アバルト124スパイダーがジュネーブモーターショー2016でワールドプレミア

ジュネーブモーターショー2016が終盤を迎えた。日伊3ブランドから登場するオープンクーペの姉妹モデルも見どころの一つとなった。

(写真はアバルト124スパイダー)
アバルト124スパイダー アバルト124スパイダー インテリア

まずは、このジュネーブモーターショーでワールドプレミアとなったアバルト124スパイダーから。

アバルト 124 スパイダー リアコンビネーションランプ アバルト124スパイダー ジュネーブ

アバルト124スパイダーに搭載されるパワートレインは、直4 1.4Lマルチエアターボエンジンと6速MTの組み合わせとなる。最高出力170ps、最大トルク25.5kgm、最高速度230km/h、0-100km/h加速6.8秒というスペックを誇る。2016年9月の欧州発売に続き、日本でも2016年内に発売される見込みとなっている。

アバルト124スパイダー マルチエアターボ1.4L ABARTH 124 スパイダー

さらに、アバルトからはアバルト124ラリーも出展された。こちらは1.8L 直噴ターボ搭載で最高出力300psというスペック。

(写真はアバルト124ラリー)
アバルト124ラリー 2016 アバルト124ラリー

マツダ・ロードスター、フィアット・124スパイダーもジュネーブショーで出展

これらアバルトブランドのベースとなっているのが、フィアット124スパイダーであり、向かいのフィアットブースで出品された。

(写真はフィアット124スパイダー)
フィアット124スパイダー フィアット124スパイダー 2016

こちらも1.4Lマルチエアターボ搭載ながら北米仕様が最高出力160HP(162ps)、最大トルク184 lb-ft(25.4kgfm)。欧州仕様が140HP(142ps)、最大トルク240Nm(24.4kgm)と市場に合ったパフォーマンスが設定されている。

FIAT124SPIDER フィアット124スパイダー 2016ジュネーブ

そして、これらイタリア系ブランド車のベースモデルとなっているのが、マツダ・ロードスター(欧州名MX-5)である。

(写真はマツダ・MX-5)
マツダMX-5 ロードスター MX-5ロードスター リアコンビネーションランプ

MX-5はジュネーブモーターショーで最終選考されるヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2016で3位となった。

過去記事(2015/11/22)

フィアット新型124スパイダーがワールドプレミア、マツダロードスター姉妹車

フィアット124スパイダーがデビュー、マツダ・ロードスターがベースの姉妹モデル

米国で開催中のロサンゼルスオートショー2015で、フィアット124スパイダーが発表された。

(写真は新型フィアット124スパイダー)
フィアット124スパイダー

フィアット124スパイダーはフィアット製1.4Lターボエンジン搭載、完成車組み立ては広島工場

新型124スパイダーはマツダ・ロードスターをベースにした姉妹モデルとして、開発当初から話題となっていた。

FIAT 124 スパイダー LAオートショー フィアット124スパイダー インテリア

それぞれに専用のエクステリアが与えられていることは一目瞭然。切れ長のヘッドランプとKODOコンセプトの流れを汲むボディラインを持つロードスターに対し、新型124スパイダーでは大きく丸みのある三角形ヘッドランプと絞りが入れられたエンジンフードが目に付く。

フィアット 124 スパイダー オープン フィアット 124 スパイダー ルーフ

そのエンジンフード内に収められるのは、直4 1.4L(1368cc)のガソリンターボエンジンで、最高出力140hp(142ps)、最大トルク240Nm(24.5kgfm)といったパフォーマンス。ロードスターでは1.5LのスカイアクティブG(131ps/15.3kgfm)、あるいは北米仕様では2.0LのスカイアクティブG(157ps/20.5kgfm)が搭載されるが、新型124スパイダーはこれらよりも高トルクエンジンが搭載されることになる。

FIAT 124 SPIDER フィアット124スパイダー ワールドプレミア

この1.4Lターボエンジンはフィアットのイタリア テルモニ工場にて生産され、マツダの広島工場に供給される。124スパイダーの完成車組み立ては広島で行われることになる。

(写真はマツダ・ロードスター)
mazda roadster MX-5

124スパイダーのトランスミッションは6速MTが採用されるが、ギアレシオを見る限りロードスターの6速MTとは別物のようである。

マツダ ロードスターRSが10月1日発売、ビルシュタインダンパーほか装備

トヨタ 1.5L FRスポーツ コンセプトを東京モーターショーでワールドプレミア

マツダ・ロードスター リトラクタブルハードトップが発売予定、東京ショー出展

フィアット版ロードスターが2015年11月のLAショーでワールドプレミアか

ロードスターに電動リトラクタブルハードトップ仕様あり、2016年市販化なるか

トヨタが開発中の軽量FRスポーツカーは、1.5L NAエンジンの搭載が濃厚

マツダ・ロードスターがフルモデルチェンジ発売、車両価格は249万4800円から

マツダ・ロードスターが5月20日に正式発売の予定、既に先行予約の受注多数

マツダ新型ロードスターの先行予約が3月20日からスタート、Web受付

マツダMX-5ロードスター北米仕様は直噴2.0LのスカイアクティブG搭載

マツダ・ロードスターMX-5がパリモーターショーで公開、直4 1.5Lガソリン搭載

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

ロードスター、9月4日次期モデル発表は車体公開のみ、スペック発表無し

マツダ・ロードスター、フルモデルチェンジ発表は2014年9月4日

マツダ製アルファロメオ デュエット2015年発売計画、次期ロードスターがベース

マツダが次期ロードスターの軽量シャシーを発表、NYオートショー2014

次期ロードスターのスケージュルに遅れ、東京モーターショー2013の出展は無しか

マツダ次期ロードスターにジュリエッタの1.4Lターボエンジンの搭載を検討

マツダが次期ロードスターをベースにしたアルファロメオのオープンカーを生産

次期ロードスターの発売予測が延期、実質的な販売は2014年秋頃の見込み

マツダ・ロードスターがマイナーチェンジ、フェラーリ製エンジン搭載の可能性

次期ロードスターを基にマツダが生産するアルファロメオ新型スパイダー

次期ロードスターはスカイアクティブ搭載、価格250万円前後から

次期ND型ロードスターは軽量化ダウンサイジングされる

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先