次期ロードスターはスカイアクティブ搭載、価格250万円前後から

マツダ次期ロードスターは軽量化+新型スカイアクティブで燃費30%アップ

現行ロードスターは2005年にNC型としてデビューし、2012年で7年目を迎える。
次期モデルが待望される時期に来ているのだが、ここにきてようやく次期ロードスターの開発がマツダ社内で本格化したという情報が入ってきた。
新型ロードスタースターの発売日は早くても2013年、2014年頃になりそうだ。

(写真はフルモデルチェンジが待望される現行ロードスター)
マツダ・ロードスター

ロードスター後継、燃費性能がネックに

マツダの燃費向上策の柱となっているのが、低燃費エンジンのスカイアクティブG。
次期ロードスターには1.5LスカイアクティブGが、開発初期の段階では採用される予定であったが、パワー不足が理由で却下となった。
次に候補に上がったのが、スカイアクティブ・アクセラで採用されている2.0LのスカイアクティブG。
しかしこちらは、軽量のロードスターにはオーバースペックで、燃費目標が達成できなくなる問題が生じた。
結局のところ、1.8Lエンジンに落ち着いたのだが、現在マツダでは1.8LのスカイアクティブGは実用化されておらず、開発が遅れてしまったようである。
この1.8LのスカイアクティブGは、最高出力150ps、最大トルク18.5kgmとなる。

新型ロードスターは超軽量化ボディが採用される

新型ロードスターにも軽量化技術、スカイアクティブボディが導入される。
これによって、車体重量は現行モデル1110kgから新型では1000kg未満に。
マツダが2009年のフランクフルトモーターショーで公開したコンセプトモデルでは、1.8Lエンジンで995kgを実現していたから、現行モデルから110kg以上の軽量化は可能な数字ではある。
1.8LのスカイアクティブGとスカイアクティブボディによって、燃費は現行比で約30%向上。
主力トランスミッション搭載の6MTモデルは、JC08モード燃費で16.5km/Lを目標に開発されている。

また、軽量化にあたってはカーボンなどコストアップになる素材は使わないため、手に届きやすい車体価格になる。
次期ロードスターについて予想されている車体価格は、250万円から300万円のレンジになるとされており、現行モデルの価格帯が維持される。

関連するレポート

[ 2011/12/31 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.