car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期ロードスターを基にマツダが生産するアルファロメオ新型スパイダー

新型ロードスターをベースにアルファロメオ・スパイダーが開発される

マツダは2012年5月23日、フィアットと2シーターオープンカー生産の業務提携について協議していると発表した。対象となる車種は、フィアットがアルファロメオ ブランドで発売を計画しているオープンカーである。提携が成立すれば、次期スパイダーとなるであろう車種をマツダが生産することになる。

この次期アルファロメオ・スパイダーの開発は、マツダの次期MX-5(ロードスター)がベースとなって行われる。恐らくシャシーなど基本構造は共通パーツに近いものになるだろう。しかし、単なるOEM車ということでないようだ。それぞれが別エンジンの搭載になることや、スタイリングが異なることについても言及しており、完全な別車種として明確に差別化されることになる。

次期スパイダーの生産はマツダの本社工場で2015年に開始する計画だ。日本製ということで賛否両論あるだろうが、アルファロメオ車の信頼性が高くなるというのなら期待をしたい。

まずは、新型ロードスターの発売が開始される

写真は、現行MX-5(日本名マツダ・ロードスター)
MX-5 マツダ・ロードスター
新型スパイダーのベースとなる次期マツダ・ロードスターは、2013年秋から2014年初頭頃の発売と考えられている。2013年の東京モーターショーでは、フルモデルチェンジしたマツダ・ロードスターを見ることができそうだ。
次期モデルもFRライトウェイトオープンというコンセプトは変わらず、ボディの超軽量化が期待されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント