car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクア2019年フルモデルチェンジ、TNGA-Bプラットフォームを導入

トヨタ次期アクアがヤリスと並行して開発中

トヨタ・アクアが2019年にフルモデルチェンジを受けて二代目モデルに切り替わる。

(写真は現行アクア)
アクア 特別仕様車

トヨタではコンパクトカー向け新世代プラットフォームのTNGA-Bの開発が進められている。TNGA-Bは、2019年中盤のデビューが予想されるヴィッツ後継モデルから導入がスタートされ、これは日本仕様も欧州と同じヤリスの車名に統一される。

次期ヤリスに搭載されるエンジンは1.0L、1.3L、1.5Lの3タイプが用意され、いずれも新開発型で3気筒を採用する。TNGA-Bプラットフォームの大きな特徴となる。

TNGA-Bハイブリッドはリチウムイオンバッテリー採用

そしてアクアもヤリスとほぼ同ペースで開発されており、発表時期も同じく2019年中盤が予想される。1.5Lハイブリッドもコンベンショナルエンジン同様に3気筒化されるのかは不明なところであるが、これもTNGA-B世代の新開発型となり、バッテリータイプはリチウムイオン式が採用される。バッテリー容積は小さくなり、これは後席居住性の向上に充てられる。

(現行型THSⅡ 1.5L)
1.5L THSⅡ

このところパナソニックを始めとするバッテリーサプライヤーが、リチウムイオンバッテリーの生産増強を発表している。プリウスも2018年末に全車リチウムイオン式となる見込みで、ニッケル水素バッテリーは過去の技術となりつつある。

新開発1.5Lハイブリッドは、プリウスのハイブリッド技術がベースになるということで、4WDモデルも用意される。

#1 匿名さん2018/10/23(Tue)17:17:22ID:NjZThhMzmM
この画像のボディーカラーは結構好きだな
#2 匿名さん2018/10/23(Tue)18:02:06ID:UyZTZhZDDM
#1
画像のボディカラーは「ダークブルーマイカ(8S6)」。
アクアの場合、特別仕様車「S“Style Black”」の専用色。

4~5年前までは多数のトヨタ車に採用されていたが、
現在は、アクア以外では現行クラウン、MIRAI、ヴィッツに残るのみ。

名前(任意)
コメント

車名

アクア

アクア

代表グレード

クロスオーバー グラム

発売日

2018年9月

2018年4月

型式

DAA-NHP10H

DAA-NHP10

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4060

4050

全幅(mm)

1715

1695

全高(mm)

1500

1455

ホイールベース(mm)

2550

2550

トレッド 前(mm)/後(mm)

1465/1460

1470/1460

室内長(mm)

2015

2015

室内幅(mm)

1395

1395

室内高(mm)

1175

1175

車両重量(kg)

1100

1060

エンジン型式

1NZ-FXE

1NZ-FXE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.7

75.0×84.7

最高出力

74ps(54kW)/4800rpm

74ps(54kW)/4800rpm

最大トルク

11.3kg・m(111N・m)/3600〜4400rpm

11.3kg・m(111N・m)/3600〜4400rpm

圧縮比

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

34.4

38.0

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/60R16

185/60R15

タイヤサイズ(リア)

185/60R16

185/60R15

最小回転半径(m)

5.4

4.8

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,123,280円

1,785,240円

車名

アクア

アクア

代表グレード

Sスタイルブラック

発売日

2018年4月

2018年4月

型式

DAA-NHP10

DAA-NHP10

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4050

4050

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1455

1455

ホイールベース(mm)

2550

2550

トレッド 前(mm)/後(mm)

1470/1460

1470/1460

室内長(mm)

2015

2015

室内幅(mm)

1395

1395

室内高(mm)

1175

1175

車両重量(kg)

1090

1090

エンジン型式

1NZ-FXE

1NZ-FXE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

75.0×84.7

75.0×84.7

最高出力

74ps(54kW)/4800rpm

74ps(54kW)/4800rpm

最大トルク

11.3kg・m(111N・m)/3600〜4400rpm

11.3kg・m(111N・m)/3600〜4400rpm

圧縮比

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

34.4

34.4

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/60R15

185/60R15

タイヤサイズ(リア)

185/60R15

185/60R15

最小回転半径(m)

4.8

4.8

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,886,760円

1,979,640円

過去記事(2018/06/17)

次期アクア開発中、TNGA-Bプラットフォーム、1.8L化の可能性

アクアとヤリス、次期型も共通プラットフォーム

トヨタ・アクアのフルモデルチェンジが2019年終盤から2020年にかけて実施されることが予想される。

(写真は現行アクア)
アクア

現行アクアは2011年12月に発売された車種。トヨタのハイブリッド専用車としてエントリーモデルの役割を果たし、これまで販売台数としても多くの実績を残してきた。販売期間約8年を終えてのフルモデルチェンジは、TNGA-Bプラットフォームの採用により基本性能の向上が期待される。

アクア リアコンビネーションランプ

TNGA-Bプラットフォームは、ヴィッツ後継の次期ヤリスでも導入され、こちらが先にデビューを果たす。アクアもやや遅れるもののほぼ同時進行で開発が進められており、予想されるフルモデルチェンジ発表の時期は2019年終盤。秋の東京モーターショー2019では、新型アクアの車体が見れるかもしれない。

(写真は現行GR SPORT AQUA)
GR SPORT アクア GR SPORT アクア リアコンビネーションランプ

アクア次期型は大型化され1.8Lハイブリッドを搭載か

現行型のアクアおよびヴィッツについても共通プラットフォームが採用されてきた。これらのモデルの差異は、エンジンラインナップや内外装デザインの範囲に留まっていた印象がある。

次世代型は両モデルともTNGA-Bの採用となり、やはり共通プラットフォーム。ただし、アクアのボディサイズは前後方向に延長されて、居住性は向上する見込み。一方で、全幅1.7未満の5ナンバーサイズは守られ、日本市場で売りやすい仕様となる。

搭載されるハイブリッドパワートレインは、次期ヤリスハイブリッドは現行と排気量が同じ1.5L THSⅡとなるだろうが、次期アクアではプリウスから流用される1.8L THSⅡをベースに開発されたものが検討されている。

過去記事(2018/04/06)

トヨタ アクアが実質値下げで商品力強化、セーフティセンスが進化

アクアが一部改良、エクステリアおよびインテリアは変わらず

トヨタはアクアの一部改良を実施し、2018年4月3日から販売を開始した。

(写真は新型アクア 特別仕様車 S“Style Black”)
アクア 特別仕様車

アクアは昨年2017年に後期型へのマイナーチェンジが行われたばかり。今回の一部改良では安全運転支援システムが進化する。

従来型の「セーフティセンスC」は、単に「セーフティセンス」と名称が変わり、歩行者認識機能が追加される。性能アップながらも、セーフティセンス自体の価格は実質的には1万円程度の値下げとなる。新型セーフティセンスはGグレード以上とCrossoverに標準装備されるほか、下位グレードにもオプション設定装備可能。

安全運転支援システムではこのほかに、駐車場でのアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故の防止および被害軽減を目的としたインテリジェントクリアランスソナーが2万8080円でオプション設定が可能となる。

インテリジェントクリアランスソナー

車両価格は、Lグレードが178万5240円、Sグレードが188万6760円、S“Style Black”が197万9640円、Gグレードが205万2000円、Crossoverが205万2000円、G“GR SPORT”が232万2000円など。

アクアはモデル末期ながらも販売が好調、旧式THSⅡもまだまだ使える

アクアは発売から6年が経過したモデル末期車種である。しかしながら2017年度の国内販売台数は12万8899台を記録し、車名別販売ランキングでも3位と好調である。2位には同じBセグメントコンパクトカーの日産・ノートが13万1119台となっているが、これはハイブリッド仕様のe-POWERとコンベンショナルエンジン仕様との合算である。

(写真はヴィッツハイブリッド)
ヴィッツハイブリッド

さらにトヨタは、ヴィッツにハイブリッド仕様を2017年1月に追加しており、これも昨年度は8万6214台の販売実績となった。アクアもヴィッツハイブリッドも旧式のTHSⅡであるが、性能面、販売面でまだまだクラスをリードする存在である。

過去記事(2017/06/06)

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

アクアがマイナーモデルチェンジで延命、フルモデルチェンジはまだ先

アクアが二度目のマイナーモデルチェンジを受けて延命される計画となっている。後期型アクアは2017年6月19日に発売される見込みだ。

(写真は現行アクア X-URBAN)
アクア Xアーバン

初期型発売から約6年のタイミングでのマイナーモデルチェンジは、エクステリアのリフレッシュ、燃費性能の向上、Crossoverグレード新設がポイントとなる。

アクア 2015年

後期型アクアのエントリー価格は178万5240円、JC08モード燃費38.0km/Lに向上

トヨタのラインアップでは、アクアより一回り大きいプリウスが並行ギア採用の最新型THSⅡを採用するなど、革新が進められているが、アクアは基本部分を変えないまま販売が続けられる。アクアはモデル末期ながらも、同セグメントのライバルモデルと比較しても性能的にまだまだ戦える状況である。ただし、名目上の燃費性能については、現状は日産・ノート e-POWERの37.2km/Lがトップとなっている。この部分は後期型アクアでは改良が入り38.0km/Lに向上され、再びアクアが同クラス燃費性能でトップとなる見込みだ。

(写真は日産・ノート e-POWER)
日産 ノート e-POWER

アクアの車両価格は見直され、エントリーモデルのLが178万5240円と約2万円の値上がり。普及グレードのSは188万6760円とほぼ現状維持、上級のGが206万2800円と装備充実に伴う約5万円の値上がりとなる。

(写真は現行アクア)
アクア

そして、X-URBANが廃止され、これを後継するCrossoverが新設される見込み。価格は206万2800円と、現行のX-URBANよりも割高感が和らぐ。C-HR人気によって本格化したクロスオーバーSUVブームの後押しもあり、販売台数が伸びることが予想される。

過去記事(2017/05/25)

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

トヨタ後期型アクアはフェイスリフト実施、X-クロスオーバー発売

アクアのマイナーモデルチェンジが2017年6月19日に予定されている。

(写真は現行アクア)
アクア

2011年12月に発売されたアクアは販売期間3年のタイミングでマイナーモデルチェンジを受けており、ここで中期型に移行している。販売台数の多さを考慮すれば、フルモデルチェンジが期待される時期にあるが、今回のマイナーモデルチェンジで後期型に移行し、さらに販売が継続される。

アクア 2015年

後期型アクアは内外装のリフレッシュを受けるのはもちろんのことであるが、アクア X-クロスオーバーと名付けられた新グレードの追加も注目である。これは現行型X-URBANの後継に相当するモデルとなるが、クロスオーバーSUVのテイストがさらに強められ、全幅はわずかに1.7mを超え3ナンバー仕様となる。

(写真はC-HR)
トヨタC-HR日本仕様

昨今のトヨタではC-HRの販売が好調となっている。このクロスオーバーSUV人気に肖り、一回り小さいアクアで派生グレードが強化されれば、こちらもよく売れそう。

新型アクアはハイブリッドシステム改良でJC08モード燃費38.0km/L、クラストップ

新型アクアのパワートレインは、ハイブリッドシステムのブラッシュアップが盛り込まれ、JC08モード燃費は現行37.0km/Lから新型38.0km/Lへ向上する。これにより、日産・ノート e-POWERの37.2km/Lを上回り、燃費性能クラストップの座を名実ともに奪還する。なお、主なグレードは34.4km/Lとなる見込み。現行X-URBANの33.8km/Lは、新型X-クロスオーバーに切り替わり35.0km/Lとなる。

過去記事(2017/04/25)

アクアがマイナーモデルチェンジでJC08モード燃費38.0km/Lに向上、6月予定

トヨタ・アクア後期型は燃費性能改善でクラストップに返り咲く

トヨタのコンパクトハイブリッドカー、アクアが2017年6月にマイナーモデルチェンジを受ける計画となっている。

(写真は現行アクア)
アクア

アクアのマイナーモデルチェンジについて、前回レポートでは5月とお伝えしたが、現在は6月実施の日程で進められている。パワートレイン改良による燃費性能アップが盛り込まれる見込みだ。

アクア 2015年

アクアは2011年デビューの初期型、2014年発売の中期型、そして次のマイナーモデルチェンジで後期型へ移行することになる。2017年にフルモデルチェンジという噂もあったがその実現は難しい展開になってきた。せめて秋の東京モーターショーでコンセプトモデルを見たいところであるが、今のところそういった情報はない。

アクアは正常進化でノートe-POWERの名目上燃費クラストップを超える

アクアはBセグメントクラスのハイブリッドカーの中で圧倒的な人気を誇ってきた。しかし、2016年秋に日産がノート e-POWERを発売してからは、アクアの販売台数がやや落ちてきた印象だ。2017年3月の車名別販売台数では、アクアが1万7798台に対し、ノートが2万4383台となっている。ノートの台数にはガソリンエンジンモデルも含まれるが、以前のようにアクアが一人勝ちの状況ではなくなっている。

(写真は現行ノート e-POWER)
日産 ノート e-POWER

ノート e-POWERはエアコンレスの燃費特化モデルが設定されており、現在JC08モード燃費37.2km/Lで名目上のクラストップを謳う。アクアはマイナーモデルチェンジにより、JC08モード燃費は現行37.0km/Lから38.0km/Lまで改善される見込みで、クラストップに返り咲くことになる。

過去記事(2017/04/06)

トヨタ・アクア、2017年5月の改良でフェイスリフトが盛り込まれる可能性も

アクア、マイナーモデルチェンジでエクステリアを変更しモデルサイクル延長か

トヨタのハイブリッドコンパクトカー、アクアが2017年5月に改良を受ける見込みとなっている。

(写真は現行アクア)
アクア

アクアは2011年にBセグメントクラスのハイブリッド専用車として登場したモデルで、2014年にはフェイスリフトが盛り込まれるマイナーモデルチェンジを受けている。その後、2017年に入ってからは同じBセグメントカーのヴィッツにハイブリッド仕様が追加発売され、以降はアクアの存在感が少し薄れた印象である。それでもアクアは販売台数の面ではヴィッツに抜かされることはなく、モデル末期となった現在も月販1万台規模の水準を維持している。

アクア 2015年

ヴィッツハイブリッドが追加発売された、アクアの販売減少は一過性と考える

そんな大人気のアクアであるが、かつては月販2万台を超える月もあったほどで、この頃を思えばリフレッシュによる販売台数の伸びしろはまだまだありそうだ。今回の改良がどの程度の内容になるのかまだ公表されていないが、フェイスリフトが盛り込まれるという噂もあり、マイナーモデルチェンジに相当するような変化となれば2018年とされていたフルモデルチェンジ時期は先延ばしになる可能性もあるだろう。

(写真はヴィッツハイブリッド)
ヴィッツハイブリッド ヴィッツハイブリッド エンジン

一方でヴィッツハイブリッドは2017年2月の販売台数で4790台という結果であった。欧州で販売されてきたヤリスハイブリッドでの実績があるため開発費用がほとんどかかっていないことを考えれば、トヨタにとっても存在意義のあるモデルとして成立しているのではないだろうか。それにしてもBセグメントハイブリッドカーを2車種ラインアップできるのはトヨタならではといったところだ。

過去記事(2014/12/10)

トヨタ・アクアがマイチェンで後期型へ、燃費性能は変わらず、X-URBAN追加

アクアが後期型へマイナーモデルチェンジ、クロスオーバーSUV調のX-アーバンを追加

トヨタはコンパクトハイブリッドカーのアクアを2014年12月8日にマイナーモデルチェンジさせた。アクアは後期モデルへ移行することになる。

アクア後期モデル

フロントデザインはボトム半分が変更されており、大きなヘキサゴングリルとなる。後期型アクアはキーンルックが採用されることでオーリス顔になるのではとも予想されていたが、実際はこれよりもコンパクトカーらしく落ち着いた仕上がりとなった。

トヨタ アクア 後期 アクア インテリア

後期型アクアのグレード構成と消費税込み価格は、廉価エントリーモデルのLが176万1382円、普及モデルのSが188万7055円、上級モデルのGが195万3818円、Gブラックソフトレザーセレクションが203万6291円となる。

そして、クロスオーバーSUV調のエクステリアデザインで装飾されたX-URBANが204万6109円で新たにラインアップされる。

(写真はX-URBAN)
アクアXアーバン アクア Xアーバン リアコンビネーションランプ

専用サスペンションの装備により、最低地上高は20mm上げられている。ただし、2WD(FF)のみの設定であることからも、特別に悪路に対応したモデルではなさそうだ。

アクア X-アーバン トヨタ アクア X-URBAN 2014

アクア後期型に燃費性能向上は盛り込まれず、JC08モード燃費37.0km/L

トヨタ最小のハイブリッドカーということで、その燃費性能に注目が集まりやすいアクアであるが、JC08モード燃費は37.0km/Lと前モデルからの性能アップは盛り込まれない。

ライバルのフィットハイブリッドが2013年にフルモデルチェンジデビューしたが、そのJC08モード燃費は36.4km/Lであった。アクアは性能アップさせなくともJC08モード燃費ナンバーワンというわけである。

(写真はライバルのフィットハイブリッド)
フィット ハイブリッド

スペック上の燃費性能はアクアが優れるが、フィットハイブリッドには4WDの設定がある。

アクアX-URBANが12月8日追加発売、マイナーモデルチェンジでエクステリア変更

トヨタ・アクアが2014年12月マイナーチェンジ、SUVモデルも追加される見込み

アクアの燃費が37.0km/Lに向上、東京モーターショーの派生コンセプトカーも注目

アクア派生のコンセプトモデル3車種が東京モーターショー2013に出展

アクアのJC08モード燃費が37.0km/Lに向上、11月マイナーチェンジで首位奪還

アクアがマイナーチェンジで燃費ナンバーワンを奪還、東京モーターショー発表か

アクアが1月マイナーモデルチェンジでJC08モード燃費ナンバーワンに返り咲く

G’s アクアが2013年秋の発売予測、ボディ補強とサスペンションチューン

アクアがマイナーモデルチェンジで燃費向上、リチウムイオンバッテリーを検討

トヨタが市販化濃厚の次世代ハイブリッドコンパクトカーFT-Bhを発表

トヨタ AQUAの価格、納期は?エコカー減税、補助金復活で予約殺到

アクア納期すでに8ヶ月待ち、トヨタが新型ハイブリッドを発表

アクアの価格は?トヨタ新型ハイブリッドが東京モーターショーに出展

アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

アクア、新型小型ハイブリッド(トヨタ)の燃費性能とトランクルーム

新型アクアは東北生産に、トヨタの新型コンパクトハイブリッド

新型アクアの燃費&ガソリン代をライバル車と比較

アクア(旧名プリウスC)の発売日と車体価格が決まる

プリウスCが2011年内発売!ヴィッツクラスのハイブリッド

プリウスCのリーク動画 燃費44.0km/L

プリウスCは2011/12予定のヴィッツ級ハイブリッド

国産ハイブリッドカー全一覧リスト

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先