アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

待望の新型アクアに欠点はあるか?

アクアは、2012年1月に一般発売されるトヨタの新型ハイブリッド。
コンパクトサイズのハイブリッドとしてはトヨタ初となり、待望しているユーザーも多い。
ライバル車は、2010年に発売されたフィットハイブリッドが挙げられる。
アクアの方が1年以上も後出しなだけに、スペック上はアクアの圧勝と言ったところだが、既に試乗をしたトヨタ内部の話によれば、いくらか弱点も見えてきているようだ。
アクア

アクア インパネ

アクアは車体サイズの割に室内が狭い

アクアは全高を下げたデザインが取り入れられ、CD値0.28とコンパクトカーとしては空力特性が良い部類に入る。
ただし、元々コンパクトカーは車体が小さく燃費が良いだけに、究極の燃費性能を追求したデザインよりも、パッケージングを重視した全高の高いモデルが好まれてきた。
全高に関してのみ言えば、アクアの1445mmより、フィットハイブリッドの1525mmの方が多くのユーザーから好まれるし、使ってからの満足度も高いはずだ。
アクアとフィットハイブリッドの全高の差は、室内空間の違いに大きく表れている。
2列目シートを比較すれば、アクアは頭上空間に余裕がなく、男性では窮屈に感じるぐらいなのに対し、フィットハイブリッドのヘッドクリアランスは余裕そのもの。
ドランクルーム容量は、アクアがわずかにフィットを上回っているが、そのために全長がフィットハイブリッドに対して9.5cmも大きくなってしまった。
アクア後席

アクア トランクルーム

また、ハイブリッドシステムのサイズにも大きな違いがある。
小型車用に開発されたホンダのIMAハイブリッドは、フィットの車体へジャストサイズで搭載できた。
これに対し、アクアは、プリウスのような中型車用に開発されたトヨタのTHSⅡハイブリッドを搭載した。
小さなアクアへTHSⅡを搭載したのは大変な工夫があったと想像するが、その皺寄せは、3995mmという大きな全長の割に室内が狭いという、アクア最大の欠点として表面化しているのは否めないだろう。

アクアのガソリンエンジン出力はひかえめ

アクアに搭載されるTHSⅡは、アトキンソンサイクルエンジンが採用されており、燃費はいいのだがパワーが出ない。
そのため、ガソリンエンジン単体での出力では、アクアの1496ccよりも、フィットハイブリッドの1339ccの方がパワフルという逆転現象が起こってしまっている。
ガソリンエンジンとモーターの最高出力の合計で考えると、アクアが74ps+61psで135ps、フィットハイブリッドが88ps+14psで102psと、アクアの方が数値的には圧倒しているのだが、発進加速はフィットハイブリッドの方が力強く感じるという。
それも、トヨタ内部でアクアを試乗した人間の話だから信憑性は高い。
0-100km/hタイムは、アクアが10.6秒、フィットハイブリッドは10.7秒と、微妙にアクアの方が優れるものの、単なる合計最高出力の違いを考えれば、もっとタイムに差が出てもいいぐらいだ。
ガソリンエンジン単体での出力が大きいフィットハイブリッドの方が、フィーリング的に元気な加速に感じ、アクセルを踏み込んだときの気持ちの良さもワンランク上ではないかと想像する。

関連するレポート

[ 2011/11/22 ]
#1 匿名さん2016/11/13(Sun)09:31:18
先日、アクア車両でブレーキが効かず2名の方を跳ねる痛ましい事故が発生したニュースを見ましたが、丁度一年程前だったか私が仕事現場前で起きた単独事故も、アクア車両でブレーキが効かずにコンクリート壁に激突し、エアーバックが開いてケガはなかったのが幸いでしたが、運転手の方はブレーキが効かなかったと何度も繰り返し叫んでいたのを記憶しております。私もアクアを買いたいと思っている一人ですが、この様な事象はあるのでしょうか?
可能性は、無いとも言い切れないのか?心配だけでは済まされないですね!今回の事故もお二人の方が亡くなられておりますが、双方が辛い思いをします。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.