新型【プリウスα】フルモデルチェンジいつ?2023年に後継車種の復活発売の可能性は【トヨタ最新情報デザイン予想】次期型アルファやっぱり出ない?

プリウス
プリウスα

プリウスα 2021年に販売終了

プリウスのフルモデルチェンジが2022年末~2023年2月頃の日程で実施される見込み。これをベースにした3列シート装備の派生ワゴン「プリウスα」の復活を待ち望む声も大きい。

新型【プリウス 開発車両リーク画像】フルモデルチェンジいつ?5代目は年末発表~2023年2月発売日、先行予約11月下予想、バイポーラ式電池採用か【トヨタ最新情報】現行型受注停止、納期半年程度、α出ない?2022年一部改良で値上げなし
2022/9/18更新【新型プリウスのリーク画像】【フルモデルチェンジ発表~発売、2022年末~2023年2月予想】PHVも同時デビューの可能性【先行予約2022年11月下旬予想】現行型のオーダーストップ、法規対応2022年9月にステルスで実施予定【これまでの歴史、発売周期は7年に延長】モデル中期の全固体電池導入に期待【プレミアム化】1.8Lハイブリッド2ZR-FXE型は第5世代に進化し継続【TNGA-Cキャリーオーバー】ワンモーションフォルム
新型【プリウスPHV】フルモデルチェンジいつ?2022年末~2023年序盤予想、トヨタ次期型最新情報
2022/9/4更新【プリウスPHVもフルモデルチェンジへ】2022年末~2023年序盤新型発売予想【通常プリウスと同時発表に】

プリウスα復活の可能性はあるのか、ハイブリッド3列シートワゴン車

プリウスの3代目モデルZVW30型には、派生モデルの3列シート車「プリウスα(アルファ)」が「ZVW40W、ZVW41W」として設定され、2011年5月より販売されていた。販売期間約10年のロングセラー商品となったが、2021年3月に販売終了となっていた。これを直接後継するモデルが設定されておらず、復活販売を待ち望む声が高まっている。

ちなみに、「ZVW40W」と「ZVW41W」の違いは座席数で、前者の40系が3列シート7人乗りであるのに対し、後者の41系は2列シート5人乗り仕様となっていた。

プリウスα

プリウスα

かつて、プリウスαのフルモデルチェンジについては、ZVW50型をベースにした二代目モデルが登場するというという予想もあったが、これは実現しなかった。結局は初代プリウスαのZVW40系が長きにわたって販売されることとなった。

トヨタ プリウスα

プリウスαは現在、トヨタのラインアップから姿を消している状況であるが、2022年末~2023年初頭にかけては、本家プリウスのフルモデルチェンジの実施が予想される。この次期プリウスをベースに開発される、新型プリウスαの登場が期待される段階となっているが、その実現は難しそう。

ウィッシュ

ウィッシュ

2000年代の初めにはトヨタ・ウィッシュ、ホンダ・ストリームなど3列シート装備のワゴン車がトレンドとなっていたが、昨今はこういったボディタイプの国内需要が縮小している。

カローラ クロス

カローラ クロス

またカローラクロス、カローラツーリングといったラゲッジスペースに余裕のあるクラスが近いハイブリッド車が別にラインアップされている。ハイブリッドワゴンという見方でも、プリウスαを復活させる余地は無さそうだ。

新型【プリウス 開発車両リーク画像】フルモデルチェンジいつ?5代目は年末発表~2023年2月発売日、先行予約11月下予想、バイポーラ式電池採用か【トヨタ最新情報】現行型受注停止、納期半年程度、α出ない?2022年一部改良で値上げなし
2022/9/18更新【新型プリウスのリーク画像】【フルモデルチェンジ発表~発売、2022年末~2023年2月予想】PHVも同時デビューの可能性【先行予約2022年11月下旬予想】現行型のオーダーストップ、法規対応2022年9月にステルスで実施予定【これまでの歴史、発売周期は7年に延長】モデル中期の全固体電池導入に期待【プレミアム化】1.8Lハイブリッド2ZR-FXE型は第5世代に進化し継続【TNGA-Cキャリーオーバー】ワンモーションフォルム
新型【プリウスPHV】フルモデルチェンジいつ?2022年末~2023年序盤予想、トヨタ次期型最新情報
2022/9/4更新【プリウスPHVもフルモデルチェンジへ】2022年末~2023年序盤新型発売予想【通常プリウスと同時発表に】
タイトルとURLをコピーしました