トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

トヨタ
このページの情報は古いです
アクアの最新ニュースはこちらです
 NEW  新型【アクア】おすすめグレード、消費税込み車両本体価格198万円~259.8万円

トヨタ後期型アクアはフェイスリフト実施、X-クロスオーバー発売

アクアのマイナーモデルチェンジが2017年6月19日に予定されている。

(写真は現行アクア)
アクア

2011年12月に発売されたアクアは販売期間3年のタイミングでマイナーモデルチェンジを受けており、ここで中期型に移行している。販売台数の多さを考慮すれば、フルモデルチェンジが期待される時期にあるが、今回のマイナーモデルチェンジで後期型に移行し、さらに販売が継続される。

アクア 2015年

後期型アクアは内外装のリフレッシュを受けるのはもちろんのことであるが、アクア X-クロスオーバーと名付けられた新グレードの追加も注目である。これは現行型X-URBANの後継に相当するモデルとなるが、クロスオーバーSUVのテイストがさらに強められ、全幅はわずかに1.7mを超え3ナンバー仕様となる。

(写真はC-HR)
トヨタC-HR日本仕様

昨今のトヨタではC-HRの販売が好調となっている。このクロスオーバーSUV人気に肖り、一回り小さいアクアで派生グレードが強化されれば、こちらもよく売れそう。

新型アクアはハイブリッドシステム改良でJC08モード燃費38.0km/L、クラストップ

新型アクアのパワートレインは、ハイブリッドシステムのブラッシュアップが盛り込まれ、JC08モード燃費は現行37.0km/Lから新型38.0km/Lへ向上する。これにより、日産・ノート e-POWERの37.2km/Lを上回り、燃費性能クラストップの座を名実ともに奪還する。なお、主なグレードは34.4km/Lとなる見込み。現行X-URBANの33.8km/Lは、新型X-クロスオーバーに切り替わり35.0km/Lとなる。

このページの情報は古いです
アクアの最新ニュースはこちらです
 NEW  新型【アクア】おすすめグレード、消費税込み車両本体価格198万円~259.8万円
タイトルとURLをコピーしました