car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクアがマイナーチェンジで燃費ナンバーワンを奪還、東京モーターショー発表か

トヨタ・アクアがマイナーモデルチェンジ、燃費はフィットハイブリッドを超える

(写真は現行アクア)
アクア 2013

アクアはトヨタで最も小さなハイブリッドカーとして、そのデビュー以来長らくJC08モード燃費ナンバーワンの座を守り続けてきた。そして遂にその座を奪ったのが今年2013年9月に発表された新型フィットハイブリッドである。現時点でのJC08モード燃費のスペックは、アクアが35.4km/Lであるのに対し、フィットハイブリッドは36.4km/Lとなっている。

ハイブリッド技術で先行するトヨタがこのまま黙っているわけもなく、アクアのマイナーチェンジが予定されており、その新型アクアのJC08モード燃費は37km/Lを超えるともされている。アクアはJC08モード燃費ナンバーワンに返り咲くことになるわけだが、その正式な仕様は来月11月開催の東京モーターショーで判明することになるだろう。

アクア

G’sアクアも追加予定、市販モデルが東京モーターショーに出展の可能性

(写真はアクアGスポーツコンセプト、東京オートサロン2013)
G SPORT アクア

さらに、このアクアに関しては、カスタマイズモデルであるG’sの追加も予定されている。G’sは既にプリウスやヴィッツ、あるいはマークⅡなどでも市販化実績のあるシリーズで、これらは内外装や足回りを中心とした専用カスタマイズが行われてきた。G’sアクアもハイブリッドシステムやトランスミッションについては標準モデルのアクアと共通となるだろう。

アクア G SPORTS Concept

このG’sアクアの市販モデルも東京モーターショーへの出展が期待されている。既に今年1月の東京オートサロンでは、アクアGスポーツコンセプトが発表されていたが、その市販版ということになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント