アクア2019年フルモデルチェンジ、TNGA-Bプラットフォームを導入

トヨタ
このページの情報は古いです
アクアの最新ニュースはこちらです
 NEW  新型【アクア】おすすめグレード、消費税込み車両本体価格198万円~259.8万円

トヨタ次期アクアがヤリスと並行して開発中

トヨタ・アクアが2019年にフルモデルチェンジを受けて二代目モデルに切り替わる。

(写真は現行アクア)
アクア 特別仕様車

トヨタではコンパクトカー向け新世代プラットフォームのTNGA-Bの開発が進められている。TNGA-Bは、2019年中盤のデビューが予想されるヴィッツ後継モデルから導入がスタートされ、これは日本仕様も欧州と同じヤリスの車名に統一される。

次期ヤリスに搭載されるエンジンは1.0L、1.3L、1.5Lの3タイプが用意され、いずれも新開発型で3気筒を採用する。TNGA-Bプラットフォームの大きな特徴となる。

TNGA-Bハイブリッドはリチウムイオンバッテリー採用

そしてアクアもヤリスとほぼ同ペースで開発されており、発表時期も同じく2019年中盤が予想される。1.5Lハイブリッドもコンベンショナルエンジン同様に3気筒化されるのかは不明なところであるが、これもTNGA-B世代の新開発型となり、バッテリータイプはリチウムイオン式が採用される。バッテリー容積は小さくなり、これは後席居住性の向上に充てられる。

(現行型THSⅡ 1.5L)
1.5L THSⅡ

このところパナソニックを始めとするバッテリーサプライヤーが、リチウムイオンバッテリーの生産増強を発表している。プリウスも2018年末に全車リチウムイオン式となる見込みで、ニッケル水素バッテリーは過去の技術となりつつある。

新開発1.5Lハイブリッドは、プリウスのハイブリッド技術がベースになるということで、4WDモデルも用意される。

このページの情報は古いです
アクアの最新ニュースはこちらです
 NEW  新型【アクア】おすすめグレード、消費税込み車両本体価格198万円~259.8万円
タイトルとURLをコピーしました