car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクア

トヨタ・アクアが2014年12月マイナーチェンジ、SUVモデルも追加される見込み

投稿日:2014/09/26 更新日:

アクアが今冬のマイナーモデルチェンジでインテリア質感アップ

トヨタのハイブリッドコンパクトカー、アクアが2014年12月にマイナーモデルチェンジを受ける見通しとなった。

(写真は現行トヨタ・アクア)
アクア 2013

現行アクアは2011年12月に発売されたモデル。今年の冬で発売から3年が経過しようとしているが、今もなお人気は続いており、登録車の車種別販売ランキングではホンダのフィットと首位を争う状況となっている。

(写真はホンダ・フィットハイブリッド)
フィット ハイブリッド

そんななか行われる今冬のマイナーチェンジでは、インテリアの向上に期待する声が大きい。アクアはトヨタのハイブリッドカーとしては最小クラスの車種となるわけだが、そのハイブリッドシステムにコストが掛けられているためか200万円前後クラスのクルマとしては、所々がチープと批評されることが多かった。マイナーモデルチェンジ後の後期型ではインテリアに使われる樹脂パーツの素材変更による質感向上が盛り込まれる予定となっている。

(写真はマツダ新型デミオ)
デミオディーゼル

また、今秋デビューのマツダ・デミオも新開発ディーゼルが採用されるため、アクアの直接的なライバルとなってくる。新型デミオの内外装クオリティについては既に高い評判を得ており、アクアもこれに対抗する構えだ。

アクア後期型のパワートレインはキャリーオーバー、SUV調モデルも追加ラインアップ

今回のアクアの改変はマイナーモデルチェンジとしながらもパワートレインは現行タイプがキャリーオーバーされる可能性が高い。ライバルのフィットハイブリッドのJC08モード燃費は36.4km/L、対するアクアは37.0km/Lで既にクラストップの性能を誇っている。

(写真はコンセプトカーのアクアクロス)
アクアクロス

この他、2013年の東京モーターショーで公開されたアクアのSUVモデルが、派生車として追加ラインアップされる計画。こちらは、サスペンション変更による数センチの車高アップと、SUV調のアクセサリーパーツが装備された、所謂なんちゃってSUV程度のモデルと考えられる。駆動方式もFFのみになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント