car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクア

アクアの燃費が37.0km/Lに向上、東京モーターショーの派生コンセプトカーも注目

投稿日:2013/12/01 更新日:

アクア派生コンセプトカーを紹介、東京モーターショー画像

アクアの生産会社であるトヨタ自動車東日本は、2013年12月1日まで開催中の東京モーターショーで、アクアの派生コンセプトモデルとして4車種を出品している。

AQUA AIR

まずは写真のアクアエアから。

アクアエア 東京モーターショー トヨタ アクアエア 

アクアエアは、ルーフを取っ払ったオープンカーである。コンパクトサイズながら大人が何とか乗れそうなリアシートを含め4座を装備しているところが特徴となる。フロント周りの専用デザインはもちろんのこと、2ドアクーペ化されていることから、ボンネットフードを除く全ての外板パネルが専用設計となっている。

東京モーターショー アクアエア

続いて、クロスオーバーSUV風に仕立てあげられたアクアクロス。
アクアクロス

積載性を高めるルーフレールが採用される他、樹脂フェンダーの装備や最低地上高が上げられることで悪路にも対応する。市販車アクアから流用されるパーツも多そうで、市販化が期待できるモデルではなかろうか。

アクアクロス 東京モーターショー2013 AQUA CROSS

そして、このPremiアクアもトヨタファンなら手に入れたくなるデザインと感じた。
プレミアクア

Premiアクアのフロントグリルはクラウンアスリートの変形バージョン。これにSAIのような切れ長ヘッドライトが組み合わさる。エコカーらしく小動物フェイスの市販車アクアであるが、Premiアクアでは高級イメージを感じることができた。

最後に、市販化に至ったG’sアクアも出品された。
G'sアクア

アクアがマイナーモデルチェンジでJC08モード燃費37.0km/Lに

一方で、アクアのJC08モード燃費が37.0km/Lに向上し、2013年12月2日より販売されることになった。ホンダのフィットハイブリッドが36.4km/Lで首位であったJC08モード燃費であるが、これによりアクアがナンバーワンの座を奪還することになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント